ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」

2022年9月24日
ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームの2023年のケビン・マグヌッセンのチームメイト候補リストのトップにいるようだ。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハが2023年に再契約するのは「50-50」だけだと語っている。また、23歳のシューマッハは、フェラーリのドライバー育成アカデミーのサポートも失ったようだ。

ルイス・ハミルトン 「2022年の不振が来年もF1を続ける決定的な要因になった」

2022年9月24日
ルイス・ハミルトン 「2022年の不振が来年もF1を続ける決定的な要因になった」
ルイス・ハミルトンは、2022年のF1シーズンにおけるメルセデス W13な期待外れのパフォーマンスが、来シーズンもレースを続ける理由の決定的な要因となっていることを明らかにした。

メルセデスF1チームは 2021年末に8回連続でコンストラクターズ チャンピオンシップを獲得したが、2022 年にはまだ表彰台の頂点に立つことができていない。

アレックス・パロウ、マクラーレンとのF1テストを完了「完璧なマシン」

2022年9月24日
アレックス・パロウ、マクラーレンとのF1テストを完了「完璧なマシン」
アレックス・パロウは、マクラーレンとのF1テストを終えて、インディカーからF1への飛躍を目指していることを明らかにし、初めて運転したF1マシンは“パーフェクト”だと表現した。

先週、アレックス・パロウは、仲間のインディカー レーサーであるパトリシオ・オワードと共に、マクラーレンF1チームのTesting of Previous Carsプログラムの一環としてバルセロナ・カタルーニャ・サーキットで開催された非公開テストで2021年仕様のMCL35M のハンドルを握った。

コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下

2022年9月24日
コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下
FIA(国際自動車連盟)は、コルトン・ハータにF1スーパーライセンスを発給しないことを正式に発表した。

レッドブルは、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を実現するために、インディカーのレースウィナーであるコルトン・ハータを2023年のアルファタウリF1チームの後任として起用することを検討。

ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催

2022年9月24日
ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催
ホンダは、2022年F1日本GP直前にレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが参加するファンミーティン「Hondaハート FORMULA 1 DREAM」をウエルカムプラザ青山で開催する。

ホンダは、3年ぶりの開催となる『2022 FIA F1世界選手権シリーズ HONDA 日本グランプリレース』をファンと一緒に盛り上げる企画をウエルカムプラザ青山で用意。

FIA、F1チームの承認を得ずに2023年F1カレンダーを強行発表との報道

2022年9月24日
FIA、F1チームの承認を得ずに2023年F1カレンダーを強行発表との報道
F1の全10チームは、火曜日の夜にFIA(国際自動車連盟)が2023年シーズンの24レースを発表したのを見て、驚いたと同時にショックを受けた。

Guardian の報道によると、F1チームは事前にカレンダーを知らされておらず、承認が必要なアメリカ - メキシコ - ブラジルのトリプルヘッダーについて相談されていなかったという。

アルピーヌF1チーム 「ピエール・ガスリーは我々にとって良い候補者」

2022年9月24日
アルピーヌF1チーム 「ピエール・ガスリーは我々にとって良い候補者」
アルピーヌは、レッドブル/アルファタウリからピエール・ガスリーを引き抜くことに関心があることを公式に認めた。

ピエール・ガスリーは、現在F1パドックで最も話題になっているドライバーの1人であり、2023年にエステバン・オコンとオール・フランスのラインナップを結成ためにアルピーヌF1チームに移籍すると大いに噂されている。

レッドブルF1代表 「ホンダと再タッグは興味深いが緊急ではない」

2022年9月23日
レッドブルF1代表 「ホンダと再タッグは興味深いが緊急ではない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダとの緊密な関係を再開するための交渉は「論理的で興味深い」なステップだが、「緊急ではない」と語る。

ホンダは、2021年末に正式にF1から撤退したが、2022年モデルの“レッドブル・パワートレインズ”ブランドのF1パワーユニットは、依然としてホンダのインフラで製造されている。

周冠宇 「2023年のアルファロメオF1残留はまだ決まっていない」

2022年9月23日
周冠宇 「2023年のアルファロメオF1残留はまだ決まっていない」
周冠宇は、2023年のアルファロメオF1への残留が決まっていないが、レースシートなしで取り残される心配はまだしていないと語る。

今年中国人初のF1ドライバーとしてデビューを果たした周冠宇のパフォーマンスにアルファロメオF1は「とても満足している」と語っているが、ザウバーが運営するF1チームは、周冠宇が2023年にバルテリ・ボッタスと一緒にいることをまだ確認していない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム