「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバー

2021年6月17日
「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、自分にとってアイルトン・セナはまだ“特別”な存在だが、ホンダF1がそう言うのであれば、セナとマックス・フェルスタッペンの比較は真剣に受け止められるべきだと語る。

最近、ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、F1モナコGPでのレッドブルの勝利に続き、マックス・フェルスタッペンとアイルトン・セナの間には類似点があると語った。

メルセデスF1、ロマン・グロージャンのF1テストを渡航制限のため延期

2021年6月17日
メルセデスF1、ロマン・グロージャンのF1テストを渡航制限のため延期
メルセデスF1は、米国とフランス間の投稿制限のため、6月29日にポール・リカールで予定していたロマン・グロージャンのF1テストを延期することを決定した。

2020年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから生還したロマン・グロージャンがシーズン最後の2戦を欠場。不本意な形でF1キャリアを終えることになった。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず

2021年6月16日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍した場合、バルテリ・ボッタスがチームに復帰する可能性を除外していない。

バルテリ・ボッタスの将来は、今週末のF1ブランスGPで話題の中心になりそうだ。ますます権威ある情報筋が、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用するという決定はほぼ内定していると報じている。

【腹筋崩壊】 角田裕毅&ピエール・ガスリーの爆笑トーク

2021年6月16日
【腹筋崩壊】 角田裕毅&ピエール・ガスリーの爆笑トーク / アルファタウリ・ホンダF1 日本向け特別コンテンツ
アルファタウリ・ホンダF1が日本のファンに向けたピエール・ガスリーと角田裕毅による特別コンテンツ。

日本とフランス…お互いの国の文化や考えについての理解が深まるよう、スクーデリア・アルファタウリを背負うドライバーコンビにいくつかの質問を用意。

それぞれが相手に質問を投げかけていくが、思いもよらぬ答えが飛び出し、なぜか爆笑連発トークに!?

F1はロシア人ドライバーを金づるとしてか見ていない?

2021年6月16日
F1はロシア人ドライバーを金づるとしてか見ていない?
ロシア人ドライバーのヴィクトル・コザンコフは、ハースF1でのニキータ・マゼピンを例に挙げ、ロシア人はF1のようなヨーロッパのモータースポーツカテゴリーに参戦しても金づるとしか見られず、通常、チームの2番手に追いやられると語る。

シングルシーターでデビッド・クルサードやルーベンス・バリチェロと対戦した経験のあるヴィクトル・コザンコフは、物議を醸しているF1ルーキーのニキータ・マゼピンの激動のキャリア初期についてコメントするよう求められた。

ホンダF1 「フランスを皮切りに始まる3連戦はすべて大事な戦いになる」

2021年6月16日
ホンダF1 「フランスを皮切りに始まる3連戦はすべて大事な戦いになる」 / 2021年 F1フランスGP プレビュー
ホンダF1のテクニカルマネージャーを務める田辺豊治が、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPへの意気込みを語った。

ポールリカール・サーキットで行われる第7戦F1フランスGPは、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーにとってはホームGP。020年はコロナ禍の影響で開催がなく、2年前の2019年はマックス・フェルスタッペンが4位、ピエール・ガスリーが10位と苦戦した。

アラン・プロスト 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは驚きではない」

2021年6月16日
アラン・プロスト 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは驚きではない」
フェルナンド・アロンソは、今シーズン、アルパインでフォーミュラ1に復帰することを決意した後、まだ100%のパワーにアクセスしていないという事実についてオープンにしている。

しかし、チームの特別顧問であるアラン・プロストは、アロンソの復帰を1993年のウィリアムズF1との自分自身のF1復帰と比較しており、それは驚くことではないと語る。

F1技術解説:フランスGPから導入されるタイヤ空気圧の新チェック手順

2021年6月16日
F1技術解説:フランスGPから導入されるタイヤ空気圧の新チェック手順 / 2021年 F1世界選手権
FIA(国際自動車連盟)は、今週末のF1フランスGPからF1チームがあまりに低いタイヤ圧で走っていないことを確認するために走行後のタイヤに新たなチェック手順を導入する。

F1アゼルバイジャンGPでランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンが被った故障についてのピレリの調査により、タイヤの走行方法が事故を引き起こしたと結論付けられ、ピレリとFIAが新しいプロトコルに取り組んできた。

F1技術解説:フランスGPから実施されるリアウイングの柔軟性テスト

2021年6月16日
F1技術解説:フランスGPから実施されるリアウイングの柔軟性テスト / 2021年 F1世界選手権
FIA(国際自動車連盟)は、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPからリアウイングにより柔軟性テストを実施する。

毎年、オフトラックでの議論を支配する技術的な議論が起こり、今年は安定した規制にもかかわらず、違いはなかった。実際、マクラーレンのディフューザーからZフロアまで、いくつかのホットな話題があったが、見出しを支配したのはフレキシブなウイングに関するものだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム