ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」

2024年3月2日
ジョージ・ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」 メルセデス
メルセデスのジョージ・ラッセルは、2024年F1第1戦F1バーレーンGPの予選で3位を獲得した後、1周のパフォーマンスでレースの展望を損なっていないことを願っている。

ラッセルは最終的に素晴らしい努力を見せて3位を獲得し、ルイス・ハミルトンはチームメイトにわずかコンマ2秒差だったにもかかわらず、さらに6つ後方で終了した。

2024年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年3月2日
2024年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第1戦バーレーンGP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、バーレーン・インターナショナル・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)という最もハードなコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

ハースF1代表 小松礼雄 「決勝のためにニコに新品を1セット残した」

2024年3月2日
ハースF1代表 小松礼雄 「決勝のためにニコに新品を1セット残した」 F1バーレーンGP予選
ハースF1のチーム代表を務める小松礼雄が、2024年F1第1戦バーレーンGPの予選を振り返った。

ニコ・ヒュルケンベルグはプラクティスではトップ10圏内をうろついていたが、他のドライバーがエンジン回転を上げても、ハースのドライバーは離されなかった。ヒュルケンベルグは2年連続でQ3進出を果たしたが、ユーズドタイヤでの走行だったため、10番手に留まった。

クリスチャン・ホーナーの騒動は「F1にとって損害」とFIA会長

2024年3月2日
クリスチャン・ホーナーの騒動は「F1にとって損害」とFIA会長
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーを巡る騒動はF1にとって「損害」であると考えている。

レッドブルGmbHは水曜日、女性従業員による告発に関する調査の結果、ホーナーの嫌疑が晴れたことを明らかにした。しかし、昨日、この問題に関連するとされる大量の情報が流出し、事態はエスカレートした。

2024年 F1バーレーンGP 予選:トップ10 F1ドライバーコメント

2024年3月2日
2024年 F1バーレーンGP 予選:トップ10 F1ドライバーコメント
2024年F1第1戦バーレーンGP初日の予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

3月1日(金)にバーレーン・インターナショナル・サーキットでバーレーングランプリの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が記念すべき2024年最初のポールシッターとなった。

2024年 F1バーレーンGP 予選:11番手以降 F1ドライバーコメント

2024年3月2日
2024年 F1バーレーンGP 予選:11番手以降 F1ドライバーコメント
2024年F1第1戦バーレーンGP初日の予選で11番手以降だったドライバーのコメント。

3月1日(金)にバーレーン・インターナショナル・サーキットでバーレーングランプリの予選が行われた。トラックエボリューションが大きく、タイムを計測するタイミングが重要となった。角田裕毅(RB)は、Q2終盤にトップ10圏内に浮上したが、最後に特にメルセデスの2台がタイムを更新したことで、わずか0.007秒差でQ3進出を逃した。

セルジオ・ペレス F1バーレーンGP予選「Q2でソフトを1セット失った」

2024年3月2日
セルジオ・ペレス F1バーレーンGP予選「Q2でソフトを1セット失った」 レッドブル・レーシング
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2024年F1第1戦バーレーンGPの予選を5番手で終えた。

チームメイトのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した一方で、ペレスは0.358秒差の5番手だったが、予選でのマシンは好調だったと振り返る。

ニコ・ヒュルケンベルグ F1バーレーンGP予選 「強みは失っていない」

2024年3月2日
ニコ・ヒュルケンベルグ F1バーレーンGP予選 「強みは失っていない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2024年F1第1戦バーレーンGPの予選で10番グリッドを獲得した。

昨年、最下位に沈んだハースF1チームは、予選では光る速さは見せていたものの、レースではタイヤデグラデーションに苦しんでポイントに繋げることができなかった。今年のマシンでは、その弱点に焦点を当てているため、一発の速さが犠牲になる可能性もあった。

【ハイライト動画】 2024年 F2バーレーン スプリントレース

2024年3月2日
【ハイライト動画】 2024年 F2バーレーン スプリントレース
2024年 FIA フォーミュラ2選手権 第1戦バーレーンGP スプリントレースのハイライト動画。

FIA F2の2024年シーズンがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕。金曜日に23周のスプリントレースが行われた。優勝はザウバーF1の育成ドライバーであるゼイン・マロニー(Rodin Motorsport)が初優勝。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム