ルイス・ハミルトン「メルセデスは過去ほどF1エンジン開発に成功しなかった」

2019年10月21日
ルイス・ハミルトン「メルセデスは過去ほどF1エンジン開発に成功しなかった」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスが2019年のF1エンジン開発を前年までほどう成功させることができなかったと認める。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以降、メルセデスのF1エンジンは勢力図を支配してきたが、過去12か月でフェラーリが達成した進歩によってF1エンジン面ではフェラーリがメルセデスを上回ったと考えられている。

ホンダF1 特集 | 鈴鹿サーキットでのF1日本GPを終えて

2019年10月21日
ホンダF1 特集
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が、ホームレースとなった鈴鹿サーキットでのF1日本GPを振り返った。

F1日本GPに向けて、レッドブル・ホンダは、ホンダの“スペック4”エンジンに最適化されたエクソンモービルの新燃料を搭載。チーム一丸となった“鈴鹿スペシャル”体制でレースに臨んだが、しかし、結果はアレクサンダー・アルボンの4位入賞が最高位。マックス・フェルスタッペンは1周目の接触が原因でリタイアした。

ルイス・ハミルトン 「アイルトン・セナとチームメイトになってみたかった」

2019年10月21日
ルイス・ハミルトン 「アイルトン・セナとチームメイトになってみたかった」
ルイス・ハミルトンは、アイルトン・セナのチームメイトとして同じマシンを走らせたかったと語る。

アイルトン・セナに憧れ、尊敬し続けるルイス・ハミルトンは、オリジナルのヘルメットは彼への敬意を示したイエローのデザインを採用していた。

「僕は80年代に育ったので、好きなパイロットはアイルトンだった。今日もまだ彼は僕の憧れだ」とルイス・ハミルトンは soymotor.com にコメント。

ダニエル・リカルド「ルノーが2020年にマシン哲学を変更することに期待」

2019年10月21日
ダニエル・リカルド「ルノーが2020年にマシン哲学を変更することに期待」
ダニエル・リカルドは、2020年にルノーが上位勢とのギャップを縮めるために異なるマシン哲学を採用するリスクを冒すことを期待している。

昨年、コンストラクターズ選手権を4位で終えたルノーは、今シーズン、3強チームとのギャップをさらに縮めることを目標としていた。しかし、マシンは一貫した信頼性と競争力を示すことができず、マクラーレンに34ポイント差のランキング5位に甘んじている。

エクソンモービル 「ホンダはF1エンジンへの自信を深めている」

2019年10月21日
エクソンモービル 「ホンダはF1エンジンへの自信を深めている」
レッドブルの燃料パートナーであるエクソンモービルは、ホンダF1は自分たちのF1エンジンにより自信を深めていると語る。

ホンダF1は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがオーストリアGPとドイツGPで優勝して2勝を挙げている。また、ドイツGPではトロロッソ・ホンダもダニール・クビアトが3位表彰台を獲得した。

ロマン・グロージャン、F1放送の中団バトルの露出不足に分割画面を提案

2019年10月21日
ロマン・グロージャン、F1放送の中団バトルの露出不足に分割画面を提案
ハースF1チームのF1ドライバーであり、GPDAのディレクターを務めるロマン・グロージャンは、F1テレビ中継での中団バトルの露出不足を解決するために分割画面での放送を提案している。

今年、中団は毎レースで非常に拮抗したバトルを展開しているが、テレビディレクターはレースの大部分でトップランナーを映し出しており、ミッドフィールドで行われている素晴らしいバトルが放送される割合は少ない。

レッドブル、鈴鹿での惨敗の原因はホンダのF1エンジンだけにあらず

2019年10月21日
レッドブル、鈴鹿での惨敗の原因はホンダのF1エンジンだけにあらず
レッドブル・ホンダは、F1日本GPでストレートスピードだけでなく、コーナーでもメルセデスとフェラーリに及ばなかったと Auto Motor und Sport は分析する。

ホンダのホームレースとなる鈴鹿サーキットにむけて、レッドブル・ホンダはフリッシュなスペック4エンジンに加えて、エクソンモービルの新燃料を投入して少なくとも表彰台に挑戦できることを期待していた。

アレクサンダー・アルボン 「ピレリのテストはRB15の習得に役立った」

2019年10月21日
アレクサンダー・アルボン 「ピレリのテストはRB15の習得に役立った」
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1日本GPに先立って参加したピレリの2020年タイヤのテストがRB15への自信を深めることに大いに役立ったと語る。

レッドブルは夏休み中にピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを昇格させることを決断。ピエール・ガスリーはシーズン前半戦でマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することに苦労していた。

マックス・フェルスタッペン、残り4戦は「現実的でいなければならない」

2019年10月21日
マックス・フェルスタッペン、残り4戦は「現実的でいなければならない」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが2019年の残りの4戦で勝利を挙げることは難しいと感じている。

今年、マックス・フェルスタッペンは、オーストリアGPとドイツGPで2勝を挙げたが、夏休み以降は勝利に絡むことができず、現在、シャルル・ルクレールと9ポイント差のドライバーズランキング4位につけている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム