マックス・フェルスタッペン 「フェラーリを追いかけている感覚がある」

2022年7月22日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「フェラーリを追いかけている感覚がある」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアグランプリでフェラーリに大敗を喫した後、チームはパッケージを最大限に活用できていなかったことを解明したと語った。

前戦F1オーストリアグランプリでは、レースの早い段階でシャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンをオーバーテイク。レッドブル・レーシングが早めのタイヤ交換で揺さぶりをかけたが、ロングスティントを走行してライバルを抑えた。

セバスチャン・ベッテル、マクラーレンF1移籍を否定「ただの噂」

2022年7月22日
セバスチャン・ベッテル、マクラーレンF1移籍を否定「ただの噂」
セバスチャン・ベッテルは、マクラーレンF1の将来のシート候補であるとの報道は「ただの噂」だと否定した。

2021年にアストンマーティンF1チームに加入したセバスチャン・ベッテルは、今シーズン末で契約が満了。将来について憶測が渦巻いている。

マックス・フェルスタッペン 「ユーリ・ビップスは2度目のチャンスに値する」

2022年7月22日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「ユーリ・ビップスは2度目のチャンスに値する」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1のプログラムから解雇されたユーリ・ビップスが2度目のチャンスに値すると信じており、彼は自分のしたことが間違っていたことを理解していると語った。

ユーリ・ビップスは、Twitchでライブストリーミング中に人種差別的な言葉を使用した後、レッドブルF1との契約を解除されたが、F2チームのハイテックGPでシートは維持している。

フェラーリF1、フランスGPでサインツのエンジンペナルティ消化を検討

2022年7月22日
フェラーリF1、フランスGPでサインツのエンジンペナルティ消化を検討
カルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリが、今週末のF1フランスグランプリで新品のF1パワーユニットを投入してグリッドペナルティを消化するかどうかをまだ検討していると語る。

カルロス・サインツJr.は、前戦F1オーストラリアGPで表彰台を目指しているときにエンジンがブロー。F1-75は炎上して大きなダメージを負い、今シーズンの11レースで4度目のDNFを記録した。

セバスチャン・ベッテル、100年前のアストンマーティンGPでデモ走行

2022年7月22日
セバスチャン・ベッテル、100年前のアストンマーティンGPでデモ走行 / F1フランスGP
セバスチャン・ベッテルは、今週末のF1フランスグランプリで、“グリーンピース”の愛称で親しまれる100年前のアストンマーティンGPをドライブした。

このアストンマーティンGPは、1922年7月15日にストラスブールで開催されたフランスグランプリで、ルイ・ズボロウスキーがドライブし、当初は「TT1」と呼ばれていたマシンだ。

アロンソ 「タイムリーに2023年F1マシンにリソースを移行する必要がある」

2022年7月22日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「タイムリーに2023年F1マシンにリソースを移行する必要がある」
フェルナンド・アロンソは、2022年F1マシンの開発をシーズン後半まで引き延ばすことで、2023年F1マシンを妥協するようなことがないようアルピーヌF1チームに警告した。

今年、アルピーヌF1チームはパフォーマンスを向上させ、ミッドフィールのライバルであるマクラーレンに挑戦し、F1コンストラクターズランキングでトップ4を狙える位置にいる。

アルファロメオF1、ロバート・クビサをフランスGPのFP1に起用

2022年7月22日
アルファロメオF1、ロバート・クビサをフランスGPのFP1に起用
アルファロメオF1は、2022年F1第12戦フランスグランプリのフリー走行1回目にバルテリ・ボッタスに代えて、ロバート・クビサを走らせる。クビサの出走は今シーズンで2回目となる。

ロバート・クビサは、5月にバルセロナで開催されたF1スペインGPでフリー走行1回目に出走。ベテランの技術的なフィードバックは、シルバーストンとレッドブルリンクをノーポイントで終えたチームに求められている。

ホンダ幹部 「次にF1復帰する場合はエンジンサプライヤー以上の形態」

2022年7月21日
ホンダ幹部 「次にF1復帰する場合はエンジンサプライヤー以上の形態」
ホンダが2026年以降にF1復帰する場合、エンジンサプライヤー以上のものである必要がある。あくまで「個人的な意見」としてHRC(ホンダ・レーシング)の社長である渡辺康治はそう語った。

ホンダのF1エンジンは今年もレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリで使用され続けているが、ホンダ自体は2021年の終わりにF1から正式に撤退した。

「ミハエル・シューマッハの家族は真実を語るべき」と元F1マネージャー

2022年7月21日
「ミハエル・シューマッハの家族は真実を語るべき」と元F1マネージャー
ミハエルシューマッハの元マネージャーは、F1レジェンドの家族に、ミハエル・シューマッハの健康状態について最終的に「真実」を伝えるよう呼びかけている。

今年で53歳になったミハエル・シューマッハが、フランスで息子のミックとスキーをしている際に頭を強打し、脳に損傷を負っってから、もう10年が経とうとしている。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム