レッドブル・ホンダF1 「メルセデスはDASによって0.2秒前にいる」

2020年2月26日
レッドブル・ホンダF1 「メルセデスはDASによって0.2秒前にいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダと王者メルセデスとの差は0.2秒あり、その差は話題のDASシステムによってもたらされていると語る。

メルセデスが導入したDAS(デュアル・アクシス・システム)は、F1バルセロナテスト1週目の話題をさらった。DASはコーナー進入時やストレートに入った際にステアリングを前後させることでフロントタイヤのトー角を変更することで、タイヤマネジメントと空力パフォーマンスの両方で効果を発揮すると考えられている。

F1 | アラン・プロスト、ガソリン/ハイブリッド車の販売禁止に苦言

2020年2月26日
F1
元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストは、ガソリン/ディーゼル&ハイブリッド車の販売を禁止するという政府の“愚かな”決定が自動車産業を殺す危険性があり、近い将来、F1は厳しい決断に迫られることになると危惧する。

英国を含めたいくつかの政府は、少なくとも2024年からガソリン/ディーゼルおよびハイブリッド車の販売を禁止するという計画を発表。F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは“ぞんざい”な計画だと非難している。

F1 | フェラーリ、イタリアでの新型コロナウイルス感染拡大で業務に制限

2020年2月26日
F1
フェラーリF1は、イタリアでの新型コロナウイルス拡大を受けて、対策を施すことを決定した。

過去数日間にわたって、イタリアでの新型コロナウイルスの感染が拡大。その結果、地方当局は、フェラーリにマラネロとモデナの博物館を閉鎖するよう要請したと Gazzetta dello Sport has reported は報道。

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンから2020年のインディ500参戦が決定

2020年2月26日
フェルナンド・アロンソ、マクラーレンから2020年のインディ500参戦が決定
2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、2020年のインディ500にアロー・マクラーレンSPから参戦することが発表された。

世界3大レースでの“3冠”を目指すフェルナンド・アロンソは、アンドレッティ・オートスポーツからの2020年のインディ500参戦が合意に達したと伝えられていた、最終的にマクラーレン時代に批判的なコメントをは浴びせられ続けたホンダがアロンソを乗せることを許可しなかったと報じられている。

2020年 F1バルセロナテスト2回目 | 参加ドライバー&テスト日程

2020年2月26日
2020年 F1バルセロナテスト2回目 参加ドライバー&テスト日程
2020年のF1世界選手権に向けた2回目のプレシーズンテストが2月26日(水)にスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで3日間にわたって行われる。

先週行われた1回目のテストは、パフォーマンスよりも新車のシステムチェックや信頼性を築き上げることに焦点が置かれたが、最後のプレシーズンテストとなる今回のテストでは、各チームが開幕戦に向けてパフォーマンスを重視したセッティング作業により専念することになる。

アルファタウリ、F1バルセロナテスト2回目のドライバー日程を発表

2020年2月26日
アルファタウリ、F1バルセロナテスト2回目のドライバー日程を発表
アルファタウリ・ホンダは、2月26日(水)からバルセロナで行われる2020年 第2回 F1プレシーズンテストのドライバー日程を発表した。

F1バルセロナテスト1回目では、アルファタウリ・ホンダは全チームで5番手に多い384周を走破。ダニール・クビアトが7番手タイム、ピエール・ガスリーが11番手タイムでテストを終えている。

レッドブル・ホンダ、F1バルセロナテスト2回目のドライバー日程を発表

2020年2月25日
レッドブル・ホンダ、F1バルセロナテスト2回目のドライバー日程を発表
レッドブル・ホンダは、2月26日(水)からバルセロナで行われる2020年 第2回 F1プレシーズンテストのドライバー日程を発表した。

先週行われたF1バルセロナテスト1回目では、レッドブル・ホンダは全チームで2番手に多い471周を走破。マックス・フェルスタッペンは9番手タイム、アレクサンダー・アルボンは13番手タイムでテストを終えている。

ホンダF1 山本雅史 「2020年型F1エンジンはパワーアップを達成している」

2020年2月25日
ホンダF1 山本雅史 「2020年型F1エンジンはパワーアップを達成している」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、2020年型F1パワーユニット『RA620H』はパワーアップも達成しており、課題とされている7戦連続で使用する耐久性も兼ね備えていると自信をみせる。

レッドブル・ホンダは、2020年のF1世界選手権でマックス・フェルスタッペンの史上最年少F1ワールドチャンピオンを実現させたいと考えている。それを達成するためには当然、改良されたホンダのF1エンジンが必要となる。

レッドブル・ホンダF1 「現時点で4基目のエンジン投入は計画していない」

2020年2月25日
レッドブル・ホンダF1 「現時点で4基目のエンジン投入は計画していない」
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1世界選手権ではエンジンペナルティを受ける予定はないと語る。

ホンダF1とのパートナーシップを開始した昨年、レッドブルはシーズン開幕前からエンジンペナルティが計画に組み込まれていた。しかし、今年は対照的に3基のエンジン制限基数内でシーズンを走り切ることを計画しているとクリスチャン・ホーナーは語る。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム