【F1】 F1モナコGP決勝前にマンチェスターのテロ犠牲者へ黙祷

2017年5月25日
F1 モナコGP マンチェスター 黙祷
F1主催者は、日曜日のF1モナコGP前にマンチェスターのテロ犠牲者に対して1分間の黙祷を捧げることを決定した。

22日(月)、イギリス中部のマンチェスターの「マンチェスター・アリーナ」で開かれていたアメリカの人気歌手アリアナ・グランデのコンサートで爆発事件が発生。マンチェスターの地元警察によると19人が死亡し、約50人が何かしらの怪我を負った。

ルイス・ハミルトン、アイルトン・セナのポールポジション記録にあと「1」

2017年5月25日
ルイス・ハミルトン F1 モナコGP
ルイス・ハミルトンは、今週末のF1モナコGPでアイルトン・セナのポールポジション獲得数に並ぶ可能性について“現実とは思えない”としつつも、プレッシャーは感じていないと述べた。

前戦F1スペインGPでポールポジション獲得数を64回に延ばして歴代3位に躍り出たルイス・ハミルトンは、あと1回でアイルトン・セナの65回という記録に並ぶ。1位はミハエル・シューマッハの68回。

フォース・インディア、トリプルTウィングを投入

2017年5月25日
フォース・インディア トリプルTウィング
フォース・インディアは、F1モナコGPに“トリプルTウィング”を投入する。

すでに2018年には消滅することになっているTウィングだが、F1チームは開発をストップさせていない。

一部のチームはプレシーズンテストからシングルTウィングを走らせており、開幕戦以降、多くのことなるデザインが登場している。

ジェンソン・バトン 「プレッシャーはまったく感じていない」

2017年5月25日
ジェンソン・バトン F1 モナコGP マクラーレン・ホンダ
ジェンソン・バトンは、F1モナコGPでの1戦限りのF1復帰にプレッシャーは感じていないと頑なだ。

ジェンソン・バトンは、インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役として、今週末のF1モナコGPでマクラーレン・ホンダのF1マシンに戻ってくる。

だが、ジェンソン・バトンには厳しいチャレンジが待ち受けている。マクラーレン・ホンダは今シーズンまだポイントを獲得できていない。

インディカー、2018年の共通エアロキットのコンセプト“NEXT”を公開

2017年5月25日
インディカー
インディカーは、2018年から全マシンが使用する共通エアロキット“NEXT”のコンセプトイメージを公開した。

現在、エアロキットはエンジンサプライヤーであるホンダとシボレーが各チームに供給しているが、2018シーズン以降は共通化される。

公開された最新イメージでは、2018年にダラーラ IR-12シャシーに装着されるユニバーサルユニバーサルエアロキットがより詳細なルックスが確認できる。

ニコ・ロズベルグ、将来はF1モナコGPのプロモーター?

2017年5月25日
ニコ・ロズベルグ F1 モナコGP
ニコ・ロズベルグが、将来、F1モナコGPのプロモーターの役割に就くことになるかもしれない。

昨年、悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した直後に電撃引退を発表したニコ・ロズベルグ。今年は基本的にF1パドックには姿を見せていなかったが、今週末のF1モナコGPには出席する予定となっている。

【F1】 DAZN:2017 F1 モナコGP 配信スケジュール

2017年5月25日
F1 モナコGP DAZN
DAZNは、2017年のF1 第6戦 モナコGPの全セッションをライブ配信する。

DAZN(ダ・ゾーン)は、F1をはじめ、サッカー、野球、バスケットボール、ゴルフなど、130以上というこれまでにない数のスポーツコンテンツがライブやオンデマンドで見放題となるライブストリーミングサービス。2016年8月よりサービスを開始したDAZNは、F1視聴の新たな選択肢となっている。

アウディ、史上最多の台数でニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦

2017年5月25日
アウディ ニュルブルクリンク24時間耐久レース
アウディは、記録的なエントリー台数で、今年もニュルブルクリンク24時間レースに参戦する。

かつてない多くのチームがAudi Sportカスタマーレーシングのレースカーで、この伝統ある耐久レースに挑む。トップカテゴリーのGT3クラスには、ファクトリーモデルの4台を含めた6台のAudi R8 LMSが出場。最新のカスタマースポーツプロジェクトのAudi R8 LMS GT4もテストを兼ねてレースデビューを飾る。

「ルノーはアロンソにチャンピオンマシンを提供できない」とプロスト

2017年5月24日
フェルナンド・アロンソ ルノー
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダが2018年にワールドチャンピオンを獲得するマシンを提供できないと感じれば、他チームへ移籍する意向を示しているが、問題はアロンソにそのようなマシンを提供するチームはオプションになることだ。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルは現在のドライバーに満足しており、フェルナド・アロンソの雇用に関心を示していない。特にフェラーリの離脱は決していいカタチではなかった。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム