WEC:トヨタ 2021年 第2戦 ポルティマオ8時間 公式練習レポート

2021年6月12日
WEC:トヨタ 2021年 第2戦 ポルティマオ8時間 公式練習レポート
2021年シーズン FIA 世界耐久選手権(WEC) 第2戦 ポルティマオ8時間レースの公式練習走行1回目が6月11日(金)にポルトガルのポルティマオ近郊に位置するアルガルヴェ・サーキット行われ、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)のGR010 HYBRIDは8号車が3番手、7号車が4番手で初日を終えた。

1か月前に今季開幕戦として行われたスパ・フランコルシャン6時間レースで、ハイパーカー新時代での記念すべき初勝利を挙げたトヨタとGR010 HYBRIDは、ハイパーカーカテゴリーにおいて、LMP1アルピーヌに加え、新たなライバルとして、今大会はスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスを迎える。

マクラーレン、2022年からエクストリームEへの参戦を発表

2021年6月12日
マクラーレン、2022年からエクストリームEへの参戦を発表
マクラーレンは、2022年からエクストリームEに参戦することを発表した。

F1やインディカーと並んでモータースポーツプログラムを拡大しているマクラーレンは、2022年に2シーズン目を迎える電動SUVを使用するオフロードレースであるエクストリームEへと進出する。

今年初シーズンを開始したエクスリームEは、気候変動と環境問題への意識を高めるために、チームとドライバーが世界中の場所で競い合っている。

F1代表 「レッドブルF1のエンジン部門はF1の将来の成功の根本を担う」

2021年6月12日
F1代表 「レッドブルF1のエンジン部門はF1の将来の成功の根本を担う」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルの新しいエンジン部門は、F1の将来の成功の“根本的”な部分であると語った。

ホンダが2021年末にF1から撤退することを受け、レッドブルはホンダF1のパワーユニット事業を引き継ぎ、ミルトンキーンズの拠点に新たなF1エンジン部門『レッドブル・パワートレインズ』を収容する新しい施設を設立することを決定した。

ハミルトン、メルセデスF1との2022年契約は基本給の減額+ボーナス2倍?

2021年6月12日
ルイス・ハミルトン、メルセデスF1との2022年契約は基本給の減額+ボーナス2倍?
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1との2022年の新契約で給与の減額を受け入れる代わりにボーナスを2倍にするという条件を提示していると報じられている。

昨年、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の交渉は年をまたぎ、2021年の2月に1年のみの契約に合意。推定年俸は3,400万ポンド(約52億6000万円)だと報じられている。

メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセル起用をF1イギリスGPで発表?

2021年6月12日
メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセル起用をF1イギリスGPで発表?
メルセデスF1は、7月のF1イギリスGPで2022年のドライバーとしてジョージ・ラッセルの起用を発表し、ルイス・ハミルトンとオールブリティッスのラインナップを形成することになると噂されている。

メルセデスF1は、5シーズン連続でルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスを継続しているが、今年、ボッタスのパフォーマンスは急降下しており、ドライバーズ選手権で8位まで後退している。

ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダF1はメルセデスよりも速い」

2021年6月11日
ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダF1はメルセデスよりも速い」
ルイス・ハミルトンは、2021年のタイトル争いのこの段階ではレッドブル・ホンダF1の方がメルセデスよりも“明らか”に速いF1マシンを持っていると語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPで目覚ましい好転を掴んだように見えた。最初は、メインのライバルであるマックス・フェルスタッペンが残り5周でリードしながらタイヤの故障に見舞われた。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は2台のマシンで戦えることを知っている」

2021年6月11日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は2台のマシンで戦えることを知っている」
F1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1との6回目のレースで待望の移籍後初勝利を挙げたセルジオ・ペレスが、レース週末を誇らしげに振り返った。

マックス・フェルスタッペンのタイヤパンクで幸運にもリードを奪った後、セルジオ・ペレスはF1アゼルバイジャンGPを制した。メキシコ人はすべての批評家を沈黙させ、レッドブル・ホンダF1での6レース目で、チームとの最初の勝利を勝ち取った。

ニキータ・マゼピン、ハミルトンの「F1は金持ちの子供のもの」に反論

2021年6月11日
ニキータ・マゼピン、ハミルトンの「F1は金持ちの子供のもの」に反論
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1が『ビリオネア・キッズ・クラブ(億万長者の子供たちのクラブ)』になったというルイス・ハミルトンの不満に反論した。

ルイス・ハミルトンが、ニキータ・マゼピン、ランス・ストロール、ニコラス・ラティフィという全員父親が裕福なことでF1まで到達したドライバーのことを指しているのは明らかだ。

レッドブルF1首脳 「ベッテルはストロールパパのチームのナンバー1」

2021年6月11日
レッドブルF1首脳 「ベッテルはストロールパパのチームのナンバー1」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1で“ナンバー1”として再び上したと語る。

レッドブルF1の悪名高いドライバープログラムの責任者として、ヘルムート・マルコはセバスチャン・ベッテルをティーンエイジャーでF1に連れて行き、4回のF1ワールドチャンピオンに育て上げた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム