ルイス・ハミルトン、F1モナコGPでニキ・ラウダ追悼ヘルメットを着用

2019年5月26日
F1 ルイス・ハミルトン ニキ・ラウダ モナコGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1モナコGPの決勝レースにニキ・ラウダへのオーマージュを捧げたヘルメットを用意した。

F1モナコGPを控えた今週5月20日(月)、ルイス・ハミルトンをメルセデス移籍への導いた恩師である3度のF1ワールドチャンピオンのニキ・ラウダが70歳でこの世を去った。

F1 モナコGP 予選 | トップ10ドライバーコメント

2019年5月26日
F1
2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPの予選が5月25日(土)にモンテカルロ市街地コースで行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。チームメイトとのバトルとなったQ3の最終アラックでバルテリ・ボッタスを気迫の走りで0.086秒上回り、今シーズン2度目、通算85回目のポールポジションを獲得。恩師である故ニキ・ラウダに捧げるポールポジションとなった。

フェラーリ、ルクレールの予選Q1敗退の失態について言い訳会見

2019年5月26日
F1 フェラーリ
フェラーリは、F1モナコGPの予選後に予定外の記者会見を開催。チーム代表のマッティア・ビノットがシャルル・ルクレールの衝撃的なQ1敗退を招いた失態について説明したが、結局はカットオフタイムの計算ミスという単純なものだった。

シャルル・ルクレールは、予選Q1の一回目の走行で1分12秒149を記録。フェラーリはQ2進出に十分なタイムだと考え、セッション後半に新品タイヤでの2回目の走行に送り出さずにルクレールをピットレーンに残した。

ロマン・グロージャン 「ガスリーのせいではなくレッドブルの責任」

2019年5月26日
F1 ロマン・グロージャン ピエール・ガスリー
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1モナコGPの予選Q2でピエール・ガスリーにアタックを妨害されたが、ガスリーの過失ではなく、悪いのはレッドブルだと感じていると語る。

ロマン・グロージャンは、アタック中にセクター1で低速で走行していたピエール・ガスリーにつっかえてしまったことでタイムを更新できず、13番手で予選を終えることになった。

レッドブル・ホンダ | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 レッドブル・ホンダ モナコGP
レッドブル・ホンダは、2019年のF1モナコGPの予選で、マックス・フェルスタッペンが3番手、ピエール・ガスリーが5番手で終えた。

クリスチャン・ホーナー (チーム代表)
「3番手と5番手は明日にむけてまずまずのグリッドポジションであり、ここまでのシーズンでベストな予選結果だ。マックスはQ1でかなり印象的だったし、Q2では最速だった。残念ながら、Q3はプレパレーションラップのトラフィックによって我々にとって最もクリーンなものではなかった」

【動画】 2019年 F1モナコGP 予選 ハイライト

2019年5月26日
F1
2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPの予選が5月25日(土)にモンテカルロ市街地コースで行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。チームメイトとのバトルとなったQ3の最終アラックでバルテリ・ボッタスを気迫の走りで0.086秒上回り、今シーズン2度目、通算85回目のポールポジションを獲得。恩師である故ニキ・ラウダに捧げるポールポジションとなった。

メルセデスAMG F1 | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1
メルセデスAMG F1チームは、2019年のF1モナコGPの予選で、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得、バルテリ・ボッタスも2番グリッドを獲得してフロントローを独占した。

トト・ヴォルフ(チーム代表)
「本当にうれしい。タイヤを温めて作動ウインドウに入れるにはどのように準備するのがベストかを理解するのに少し苦しんでいた。準備に2ラップを使うか1ラップを使うかの間で決断を迫られたが、最終的に正しい形式を見つけることができた」

フェラーリ | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 フェラーリ
フェラーリは、2019年のF1モナコGPの予選で、セバスチャン・ベッテルが4番手、シャルル・ルクレールが16番手で終えた。

マッティア・ビノット(チーム代表)
「良い1日でないことは確かだ。Q1で判断ミスがあった。シャルルのタイムであれば、セッショの次のパートに進むに十分良いだろうと考えていたので、彼をガレージに待機させ、その時点で除外される1人に含まれていたセバスチャンだけを送り出した」

ハースF1チーム | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年のF1モナコGPの予選で、ケビン・マグヌッセンが6番手、ロマン・グロージャンが13番手で終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「片方のガレージは非常に良い一日だったと言えるだろう。ケビンは見事な仕事を果たした。これ以上は求められない。彼がフロントウイングを破損してしまったときのチームの対応は素晴らしかった。すべてがスムーズだった。とてもうれしいし、みんなと同じように誇りに思う」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム