F1モナコGP、2025年まで新たに3年契約を締結

2022年9月21日
F1モナコGP、2025年まで新たに3年契約を締結
F1は、モナコ自動車クラブとF1モナコGPの開催について2025年まで新たに3年契約を結んだことを発表した。

モータースポーツのトリプルクラウンの1つに数えられるモナコグランプリだが、以前の契約が期限切れとなる2022年のレースが行われたときに新しい契約が合意されなかったため、その将来に疑問が持たれていた。

F1モナコGP、存続危機も強硬姿勢 アルベール2世大公も交渉に介入

2022年8月16日
F1モナコGP、存続危機も強硬姿勢 アルベール2世大公も交渉に介入
F1モナコGPの存続をかけてモナコ自動車クラブはF1との契約更新交渉に強硬なアプローチをとっており、アルベール2世大公自身が交渉に介入していると元F1ドライバーのニコ・ロベルグが明かした。

モナコとF1との契約は、2022年のイベントが終了した時点で失効し、これまでのところ、新たな契約の見通しは立っていない。

ハースF1代表 「モナコグランプリが毎年開催されなくても問題はない」

2022年6月9日
ハースF1代表 「モナコグランプリが毎年開催されなくても問題はない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、モナコGPが毎年のF1カレンダーのスポットを失ったとしても「問題はない」と語る。

F1のオーナー企業であるリバティマディアは、最近の急成長を利用して、スポーツは拡大し、新しい場所をもたらしている。今年は初めてマイアミを訪れ、2023年にはラスベガスグランプリがデビューする。サウジアラビアとカタールも最近F1カレンダーに追加されている。

マックス・フェルスタッペン 「モナコとスパはF1カレンダーに残してほしい」

2022年6月9日
マックス・フェルスタッペン 「モナコとスパはF1カレンダーに残してほしい」
マックス・フェルスタッペンは、F1カレンダーから外してほしくないトラックを1つ選ぶように求められ、モナコに敬意を表しつつ、スパ・フランコルシャンを選んだ。

F1を開催したいという各国の要求はかつてないほど強くなっており、F1はスケジュールを拡大しているが、すべての要求を受け入れることができるわけではんないため、厳しい決断に直面している。

セルジオ・ペレス、F1モナコGP後の女性との泥酔パーティーを妻に謝罪

2022年6月9日
セルジオ・ペレス、F1モナコGP後の女性との泥酔パーティーを妻に謝罪
セルジオ・ペレスは、F1モナコGPのパーティーで妻以外の女性と密着する動画が拡散したことで妻に公に謝罪した。

先月のF1モナコGPで予想外の勝利を挙げたセルジオ・ペレス。その後、ヨットでパーティーをしている泥酔し、金髪の女性と密着して腰に手を回したり、また別の女性と顔を近づけてダンスを踊る動画が流出した。

レッドブルF1首脳 「契約延長がセルジオ・ペレスのモナコ制覇に繋がった」

2022年6月6日
レッドブルF1首脳 「契約延長がセルジオ・ペレスのモナコ制覇に繋がった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがモナコグランプリで優勝する前にすでにレッドブル・レーソングとの新しい契約にサインしていたと明かした。

セルジオ・ペレスは、モナコグランプリで勝利してチーム代表のクリスチャン・ホーナーの表彰台に向かう途中に、新しい契約でもっと昇給を要求できたかもしれないので「早くサインしすぎたかもしれない」と冗談で語った。

レッドブルF1代表 「モナコのスタート時の混乱は見直しが必要」

2022年6月6日
レッドブルF1代表 「モナコのスタート時の混乱は見直しが必要」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、モナコグランプリのスタートが管理された方法を受け、FIA(国際自動車連盟)は手順を見直すべきだと考えている。

レーススタートの遅れについては多くの議論がなされている。予定されているスタート時刻の少し前に雨が降り始めたとき、メカニックがドライタイヤをインターミディエイトタイヤに交換したため、グリッド上で懸命な活動があった。

フェルナンド・アロンソ 「モナコはF1カレンダーに残さなければならない」

2022年6月6日
フェルナンド・アロンソ 「モナコはF1カレンダーに残さなければならない」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、モナコは今後もカレンダーに残っていなければならないと語る。

モナコでの有名なレースは、世界中の多くの新しい場所からの関心が高まっている中で、将来のスケジュールでのスポットが保証されていないと考えられている。

ヨス・フェルスタッペン 「レッドブルF1は戦略でマックスを助けなかった」

2022年6月5日
ヨス・フェルスタッペン 「レッドブルF1は戦略でマックスを助けなかった」
ジョス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングがモナコグランプリで息子のマックス・フェルスタッペンよりもセルヒオ・ペレスに有利な戦略を立てたのを見てがっかりしたと語った。

雨で遅れたモナコグランプリの17周目に、セルジオ・ペレスは3番手からピットインしてフルウェットタイヤからインターミディエイトタイヤに交換。4番手だったマックス・フェルスタッペンとレースリーダーのシャルル・ルクレールは2周後に同じことをした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム