アルファタウリ・ホンダF1 「モナコでの経験は角田裕毅の今後の糧になる」

2021年5月24日
アルファタウリ・ホンダF1 「モナコでの経験は角田裕毅の今後の糧になる」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トスト、テクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンが、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの決勝を振り返った。

5番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは30周目にピットストップ。後ろにいたルイス・ハミルトン(メルセデス)が1周前にピットへ入った動きに反応し、ハミルトンの前でコースへ復帰する。

バルテリ・ボッタス 「このような“大失態”は二度と起こしてはいけない」

2021年5月24日
バルテリ・ボッタス 「このような“大失態”は二度と起こしてはいけない」 / メルセデス F1モナコGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1モナコGPの決勝レースで2番手からピットインした際にタイヤが外れないというトラブルによりリタイア。このような“大失態”は二度と起こしてはいけないと語気を強めた。

シャルル・ルクレールの欠場によって2番手からスタートしたバルテリ・ボッタスは、30周目にピットストップするまでレースリーダーのマックス・フェルスタッペンにしっかりとついていっていた。

レッドブル・ホンダF1 分析:メルセデスの“冷え性”と“戦略ミス”

2021年5月24日
レッドブル・ホンダF1 分析:メルセデスの“冷え性”と“戦略ミス”/ F1モナコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1は、F1モナコGPの決勝でマックス・フェルスタッペンが、ポールポジションから圧勝、セルジオ・ペレスが4位入賞を果たしたのに対し、メルセデスは、ルイス・ハミルトンが7位、バルテリ・ボッタスがリタイアし、両方のチャンピンシップで逆転を果たした。

“決勝の結果は予選で9割が決まる”というほど、抜きにくいサーキットで有名なモンテカルロ市街地コース。

ホンダF1 田辺豊治TD 会見 「このポジションをキープすることが大事」

2021年5月24日
ホンダF1 田辺豊治TD 会見 「このポジションをキープすることが大事」 / F1モナコGP 決勝
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPのレースを記者会見で振り返った。

レースはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が決勝前にドライブシャフトが故障して出走を断念したことで、トップからスタートしたマックス・フェルスタッペンが事実上のポール・トゥ・ウイン。今季2勝目、通算12勝目、F1モナコGPでは初勝利を挙げた。

セバスチャン・ベッテル、見事なオーバーカット2台抜きで移籍後初入賞

2021年5月24日
セバスチャン・ベッテル、見事なオーバーカット2台抜きで移籍後初入賞5位 / アストンマーティン F1モナコGP 決勝
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPで5位入賞。待望の移籍後初ポイントを獲得した。

今季、フェラーリからアストンマーティンに移籍したセバスチャン・ベッテルは、特性の異なるマシンへの対応に苦戦し、開幕4戦をノーポイントで終えていた。

【動画】 まるでコント。サインツとノリスの表彰台セレモニー

2021年5月24日
【動画】 まるでコント。サインツとノリスの表彰台セレモニー / F1モナコGP
2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPでは、昨年までマクラーレンでチームメイトだったカルロス・サインツ(フェラーリ)とランド・ノリスが表彰台を獲得。まるでコントのようなシャンパンファイトをみせた。

昨年までマクラーレンで2年間チームメイトを組んでいたカルロス・サインツとランド・ノリスは、コース外でも良い関係にあり、二人の醸し出す雰囲気はマクラーレンの成績改善に大きく貢献していた。

ランド・ノリス 「モナコの表彰台は夢見ていたこと。大切にしていく」

2021年5月24日
ランド・ノリス 「モナコの表彰台は夢見ていたこと。大切にしていく」 / マクラーレン F1モナコGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPで3位表彰台を獲得した。

予選で2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)からわずか0.044秒差で5番手だったランド・ノリスは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のDNS、バルテリ・ボッタス(メルセデス)のリタイアの恩恵を受け、セルジオ・ペレス(レッドブル)の猛追を振り切って3位でフィニッシュ。今季2度目、キャリア3回の表彰台を獲得した。

2021年 第5戦 F1モナコGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年5月24日
2021年 第5戦 F1モナコGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、ソフト~ハードと繋ぐ1ストップ戦略でモナコグランプリを制した。ポールシッターだったフェラーリのシャルル・ルクレールがスタートできなかったため、フェルスタッペンは実質のポールポジションからスタートした。

カルロス・サインツ、2位表彰台も複雑「勝てるペースがあった」

2021年5月24日
カルロス・サインツ、2位表彰台も複雑「勝てるペースがあった」 / フェラーリ F1モナコGP 決勝
カルロス・サインツは、モナコ初表彰台とフェラーリ移籍後の初表彰台を獲得したが、レースに勝てるペースがあったと考えており、マックス・フェルスタッペンに次ぐ2位でフィニッシュしたことは複雑な気持ちだと語った。

4番グリッドのカルロス・サインツは、チームメイトのシャルル・ルクレールのドライブシャフト故障によるDNSにより、3番手からレースをスタート。バルテリ・ボッタス(メルセデス)のリタイアを利用して、マックス・フェルスタッペンにプレッシャーをかけたが、2位でチェッカーを受けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム