ストフェル・バンドーン 「ジョージ・ラッセルは今回の機会にふさわしい」

2020年12月4日
ストフェル・バンドーン 「ジョージ・ラッセルは今回の機会にふさわしい」 / メルセデス F1サヒールGP
メルセデスF1のリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンは、ルイス・ハミルトンの代役として自分ではなく、ジョージ・ラッセルを起用するというチームの選択を尊重していると語った。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの感染してF1サヒールGPの欠場を余儀なくされたことで、メルセデスF1は代役を起用する必要に迫られた。

ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンでシート合わせを完了

2020年12月3日
ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンでシート合わせを完了
ジョージ・ラッセルは、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPに向けてメルセデスF1のマシン『W11』でシート合わせを完了させたことを報告した。

メルセデスF1は12月2日(水)、新型コロナウイリスに感染して欠場を余儀なくされたルイス・ハミルトンの代役として、同チームの契約ドライバーであり、今年ウィリアムズF1から参戦しているジョージ・ラッセルを起用することを発表した。

メルセデスF1代表、ラッセルの代役を可能にしたウィリアムズに感謝の意

2020年12月2日
メルセデスF1代表、ラッセルの代役を可能にしたウィリアムズに感謝の意
メルセデスF1は、新型コロナウイルスに感染して今週末のF1サヒールGPに出場できないルイス・ハミルトンの代役としてジョージ・ラッセルを起用することを発表。

ジョージ・ラッセルは、今週末バーレーンでメルセデスF1に参加するために、パートナーチームのウィリアムズF1からリリースされた。

【速報】 メルセデスF1、ハミルトンの代役としてラッセル起用を発表

2020年12月2日
【速報】 メルセデスF1、ハミルトンの代役としてラッセル起用を発表 / F1サヒールGP
メルセデスF1は、今週末のF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代えて、ジョージ・ラッセルを起用することを正式発表した。

ウィリアムズF1は交渉の末、ジョージ・ラッセルをメルセデスF1にローンでリリースすることに合意。今週、ジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンに代わって、メルセデスW11をドライブすることが発表された。

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルの代役起用についてウィリアムズと交渉

2020年12月2日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルの代役起用についてウィリアムズと交渉 / F1サヒールGP
メルセデスF1は、新型コロナウイルスに感染したことでF1サヒールGPを欠場するルイス・ハミルトンの代役として、ジョージ・ラッセルを起用することについてウィリアムズF1と交渉していると報じられている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、火曜日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことで10日間の隔離が必要となり、今週末のF1サヒールGPを欠場することが決定した。

ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ

2020年11月14日
ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ / ウィリアムズ F1トルコGP
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1トルコGPに向けて年間使用基数を超えたパワーユニットエレメントを投入したことで、グリッド降格ペナルティを受け、最後列からのスタートがほぼ確定した。

ジョージ・ラッセルは、今週末のF1トルコGPに向けて、4基目の内燃エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。いずれも年間使用基数である3基を超過したことで20グリッド降格ペナルティを受けることになった。今季エンジンペナルティによって降格するドライバーはラッセルが初めてとなる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」

2020年11月10日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1が今シーズン限りで自分との契約を終了し、2021年に傍観する可能性があるとの噂話を不安に感じていたと認める。

将来のスター候補の才能と見なされているジョージ・ラッセルだが、ドリルトン・キャピタルがウィリアムズF1を買収して新たなオーナーになったことでシートが脅威にされされているとの噂が広まった。

ロマン・グロージャン 「ラッセルだけがF1シート喪失発表後に連絡をくれた」

2020年11月10日
ロマン・グロージャン 「ラッセルだけがF1シート喪失発表後に連絡をくれた」
ロマン・グロージャンは、ハースF1が今シーズン限りでの放出を発表した後、ジョージ・ラッセルがメッセージをくれた唯一のドライバーだったと明かした。

ハースF1は、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを今シーズン限りで放出することを発表。二人のF1キャリアは今年で終止符を打たれる可能性が高い。

フェルナンド・アロンソが名前を挙げた注目の若手F1ドライバーは?

2020年11月9日
フェルナンド・アロンソが名前を挙げた注目の若手F1ドライバーは?
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、特に感銘を受けた若手ドライバーを1人選んだ。

2005年と2006年にルノーとともにF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2018年末でF1から離れた。しかし、2021年にアルピーヌF1へと名前を変える古巣ルノーでF1復帰を果たすことが決定している。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム