レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?

2020年12月8日
レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?
レッドブルF1は、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを大金を払ってでもメルセデスから奪うべきだ。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスの務めたジョージ・ラッセルがピットストップでの作業ミスまでトップを快走。その後、2021年のF1シートがまだ決定していないセルジオ・ペレスがセンセーショナルなF1初勝利を収めた。

ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」

2020年12月8日
ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」 / F1サヒールGP
ジャック・エイトケンは、F1サヒールGPでの自分のミスがジョージ・ラッセルのF1サヒールGPでの不運を引き起こしてしまったことを“残念”に思っているが、責任は感じていないと語る。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場。それはジェック・エイトケンのウィリアムズでのF1デビューへと繋がった。

メルセデスF1代表、ジョージ・ラッセルを称賛「新しいスターが誕生した」

2020年12月8日
メルセデスF1代表、ジョージ・ラッセルを称賛「新しいスターが誕生した」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1との初レースで勝利を手にすることができなかったが、チーム代表のトト・ヴォルフは“新しいスターが誕生した”と称賛する。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスF1のドライバーとしてF1サヒールGPに出場したジョージ・ラッセル。身長差によってコックピットが狭く1サイズ小さなシューズを履いての走行を強いられた。

メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」

2020年12月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」 / F1サヒールGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPの決勝レースを振り返った。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として起用したメルセデスの秘蔵っ子であるジョージ・ラッセルが躍進。レースの大部分もリードし、優勝を手中に収めたかと思われた。

ジョージ・ラッセル、優勝を逃した“悔しい”F1初入賞「今でも信じられない」

2020年12月7日
ジョージ・ラッセル、優勝を逃した“悔しい”F1初入賞「今でも信じられない」 / メルセデス F1サヒールGP 決勝
ジョージ・ラッセルにとってメルセデスF1のドライバーとして戦ったF1サヒールGPは、非常に“悔しい”F1初入賞となった。

これまでウィライムズF1でグリッド後方を戦っていたジョージ・ラッセルだが、新型コロナウイルスに感染した王者ルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスからF1に参戦した。

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルのタイヤ装着違反は罰金処分

2020年12月7日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルのタイヤ装着違反は罰金処分…ラッセルのF1初ポイントは確定 / F1サヒールGP 決勝
F1サヒールGPのスチュワードは、ピットストップ中にジョージ・ラッセルに間違ったタイヤを装着させた件で、メルセデスF1に失格ではなく罰金(2万ユーロ/約252万円)を科すことを決定。9位でフィニッシュしたジョージ・ラッセルはキャリア初ポイントが確定した。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1から出場したジョージ・ラッセルは、スタートで首位に立つとレース前半を支配。初勝利はほぼ手中に収めたかに見えた。

サインツ 「メルセデスF1でのラッセルの結果はF1の問題点を示した」

2020年12月6日
サインツ 「メルセデスF1でのラッセルの結果はF1の問題点を示した」
マクラーレンF1のカルロス・サインツは、ジョージ・ラッセルのメルセデスF1でのデビュー戦で2番グリッドを獲得したことは、チーム間に大きなパフォーマンス差が存在することで“F1に何が欠けているか”を示したと考えている。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスF1からF1サヒールGPに参戦。いきなり乗った最強マシンで、ポールポションのバルテリ・ボッタスから0.026秒差の2番グリッドを獲得した。

【動画】 ボッタス vs ラッセル:F1サヒールGP 予選ラップ

2020年12月6日
【動画】 ボッタス vs ラッセル:F1サヒールGP 予選ラップ
F1サヒールGPの予選で0.026秒差の接戦を演じたメルセデスF1のバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのラップを比較したオンボード映像をF1公式サイトが公開した。

新型コロナウイルスの感染したルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスF1から参戦したジョージ・ラッセルは、初日の両方のプラクティスでトップタイムをマークする好パフォーマンスを披露。逆にバルテリ・ボッタスはマシンをオーバードライブしてミスを連発していた。

ジョージ・ラッセル、わずか0.026秒でポールに届かず「流石に悔しい」

2020年12月6日
ジョージ・ラッセル、わずか0.026秒でポールに届かず「流石に悔しい」 / メルセデス F1サヒールGP 予選
ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からF1サヒールGPに出場するジョージ・ラッセルは、わずか0.026秒差でF1キャリア初のポールポジションを逃したことに“がっかりしている”と認めるが、今週末もウィリアムズでレースをすることを考えていたので、フロントローは“大喜び”だと語る。

ジョージ・ラッセルにとっては怒涛の週となった。今週末、ジョージ・ラッセルは新型コロナウイルスの感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから参戦。そのニュースを受け取ったのは火曜日の深夜2時だった。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム