ジョージ・ラッセル 「W11は足回りがしなやかでもグリップも抜群」

2020年12月10日
ジョージ・ラッセル 「W11は足回りがしなやかでもグリップも抜群」 / メルセデスF1
ジョージ・ラッセルは、F1サヒールGPで走らせたチャンピオンマシンのメルセデス W11を“芸術作品”だと称賛。“コントロールしている気分になれる”マシンだとその特徴を語った。

過去2シーズン、ウィリアムズの非力なF1マシンで後方争いを展開してきたジョージ・ラッセルだが、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からF1サギールGPに出場。ラッセルのパフォーマンスは話題をさらった。

メルセデスF1代表、2021年のジョージ・ラッセルの起用をもはや除外せず

2020年12月10日
メルセデスF1代表、2021年のジョージ・ラッセルの起用をもはや除外せず
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のジョージ・ラッセルの起用を除外しなくなった。

F1サヒールGPで、メルセデスは、トト・ヴォルフが“巨大なしくじり”と表現するピットストップでの作業ミスでルイス・ハミルトンの代役として参戦したジョージ・ラッセルの勝利のチャンスを台無しにした。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に頭痛の種を与えられたことを願う」

2020年12月9日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に頭痛の種を与えられたことを願う」
ジョージ・ラッセルは、F1サヒールGPでのパフォーマンスがメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフにドライバーラインナップについて“2022年と言わず、もっと早く”に頭痛の種を与えることを望んでいる。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場したジョージ・ラッセルは、予選で2番グリッドを獲得し、決勝ではチームがピット作業ミスをするまで勝利が見えていた。

レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?

2020年12月8日
レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?
レッドブルF1は、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを大金を払ってでもメルセデスから奪うべきだ。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスの務めたジョージ・ラッセルがピットストップでの作業ミスまでトップを快走。その後、2021年のF1シートがまだ決定していないセルジオ・ペレスがセンセーショナルなF1初勝利を収めた。

ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」

2020年12月8日
ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」 / F1サヒールGP
ジャック・エイトケンは、F1サヒールGPでの自分のミスがジョージ・ラッセルのF1サヒールGPでの不運を引き起こしてしまったことを“残念”に思っているが、責任は感じていないと語る。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場。それはジェック・エイトケンのウィリアムズでのF1デビューへと繋がった。

メルセデスF1代表、ジョージ・ラッセルを称賛「新しいスターが誕生した」

2020年12月8日
メルセデスF1代表、ジョージ・ラッセルを称賛「新しいスターが誕生した」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1との初レースで勝利を手にすることができなかったが、チーム代表のトト・ヴォルフは“新しいスターが誕生した”と称賛する。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスF1のドライバーとしてF1サヒールGPに出場したジョージ・ラッセル。身長差によってコックピットが狭く1サイズ小さなシューズを履いての走行を強いられた。

メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」

2020年12月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」 / F1サヒールGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPの決勝レースを振り返った。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として起用したメルセデスの秘蔵っ子であるジョージ・ラッセルが躍進。レースの大部分もリードし、優勝を手中に収めたかと思われた。

ジョージ・ラッセル、優勝を逃した“悔しい”F1初入賞「今でも信じられない」

2020年12月7日
ジョージ・ラッセル、優勝を逃した“悔しい”F1初入賞「今でも信じられない」 / メルセデス F1サヒールGP 決勝
ジョージ・ラッセルにとってメルセデスF1のドライバーとして戦ったF1サヒールGPは、非常に“悔しい”F1初入賞となった。

これまでウィライムズF1でグリッド後方を戦っていたジョージ・ラッセルだが、新型コロナウイルスに感染した王者ルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスからF1に参戦した。

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルのタイヤ装着違反は罰金処分

2020年12月7日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルのタイヤ装着違反は罰金処分…ラッセルのF1初ポイントは確定 / F1サヒールGP 決勝
F1サヒールGPのスチュワードは、ピットストップ中にジョージ・ラッセルに間違ったタイヤを装着させた件で、メルセデスF1に失格ではなく罰金(2万ユーロ/約252万円)を科すことを決定。9位でフィニッシュしたジョージ・ラッセルはキャリア初ポイントが確定した。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1から出場したジョージ・ラッセルは、スタートで首位に立つとレース前半を支配。初勝利はほぼ手中に収めたかに見えた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム