F1オランダGP 予選Q2:アルファタウリF1の角田裕毅が10番手で通過

2022年9月3日
F1オランダGP 予選Q2:アルファタウリF1の角田裕毅が10番手で通過
2022年F1第15戦オランダグランプリの予選Q2が行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がトップで通過した。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。今年、トップ10ドライバーは決勝でQ2をタイムを出したタイヤでスタートするというルールは撤廃され、Q3に進出したドライバーも決勝で自由にタイヤを選べるようになっている。セッション開始直後にコース上に発煙筒が投げ込まれ、赤旗中断というアクシデントがあった。

F1オランダGP 予選Q1:アルファタウリF1の角田裕毅が3番手タイム

2022年9月3日
F1オランダGP 予選Q1:アルファタウリF1の角田裕毅が3番手タイム
2022年F1第15戦オランダグランプリの予選Q1が行われ、アルファタウリF1の角田裕毅が3番手タイムを記録した。

18分間のQ1セッションは気温26度、路面温度38度のドライコンディションでスタート。このセッションでは5台が脱落。全ドライバーがソフトタイヤを使用。トラックエボリューションが大きく、後半になるにつれてタイムを向上。16人が1分11秒台に入れた。

首位のフェラーリF1 ルクレールにラッセルとフェルスタッペンが僅差

2022年9月3日
首位のフェラーリF1 ルクレールにラッセルとフェルスタッペンが僅差 三つ巴のポール争いの様相 / F1オランダグランプリ FP3
2022年F1第15戦オランダグランプリのフリー走行3回目が9月3日(土)にザントフォールト・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がトップタイムをマークした。

予選前の最後の 3 回目のセッションは、タイムシートのトップであるシャルル・ルクレールと3位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)との間にわずか 0.161 秒という、再び激しい争いが繰り広げられた。

F1オランダGP フリー走行2回目 速報:シャルル・ルクレールがトップ

2022年9月3日
F1オランダGP フリー走行2回目 速報:シャルル・ルクレールがトップ 角田裕毅は16番手
F1オランダGP フリー走行3回目の結果速報。2022年F1第15戦オランダグランプリのFP2セッションが9月3日(土)にザントフォールト・サーキットで行われた。

土曜日のザントフォールトも晴れ。60分間のFP3セッション終了時には気温は25度、路面温度は34度まで上昇した。

2022年 F1オランダGP フリー走行3回目:順位結果 3強チームがせめぎ合い

2022年9月3日
2022年 F1オランダGP フリー走行3回目:3強チームがせめぎ合い
2022年F1オランダGP フリー走行3回目の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第15戦 F1オランダGPのフリー走行1回目が9月3日(土)にザントフォールト・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマーク。2番手にはジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続いた。角田裕毅(アルファタウリ)は16番手タイムでセッションを終えた。

アルファタウリF1 「角田裕毅の競争力のあるショートランはポジティブ」

2022年9月3日
アルファタウリF1 「角田裕毅の競争力のあるショートランはポジティブ」 / オランダグランプリ
スクーデリア・アルファタウリのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を振り返った。

角田裕毅、ピエール・ガスリーともにハイダウンフォースなザントフォールトに苦戦。FP2の終盤では角田裕毅が突風に煽られて車のコントロールを失ってグラベルトラップにはまってセッションを終えている。

ルイス・ハミルトン 「コースの違いだけで車がスイートスポットに入った」

2022年9月3日
ルイス・ハミルトン 「コースの違いだけで車がスイートスポットに入った」 / メルセデス F1オランダGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を3番手で終えた。

先週のスパ・フランコルシャンでは序盤の2日間で苦戦を強いられたメルセデスだが、コースとの相性がよく、何もアップデートを入れていないにもかかわらず、金曜から速さを見せ、ルイス・ハミルトンは3番手タイムをマークした。

シャルル・ルクレール、トップタイムも「車のバランスはイマイチ」

2022年9月3日
シャルル・ルクレール、トップタイムも「車のバランスはイマイチ」 / スクーデリア・フェラーリ F1オランダGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行でトップタイムをマークしたものの、「車のバランスはイマイチ」だったと語る。

シャルル・ルクレールは、FP2でチームメイトのカルロス・サインツJr.をわずか0.004秒上回ってタイムシートのトップに立ったが、3番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)も0.072秒差と接戦だった。

ピエール・ガスリー 「どちらのセッションでも車に満足できなかった」

2022年9月3日
ピエール・ガスリー 「どちらのセッションでも車に満足できなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オランダGP 金曜フリー走行
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を16番手タイムで終えた。

FP1を14番手で終えたピエール・ガスリーは、FP2の序盤に車に作業をする必要があり、ガレージで待機することになった。FP2でもペースは上がらず、16番手でセッションを終えた。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム