アルファタウリF1代表 「角田裕毅の問題の発生要因を調査する必要がある」

2021年9月6日
アルファタウリF1代表 「角田裕毅の問題の発生要因を調査する必要がある」 / F1オランダGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、F1オランダGPの決勝レースを振り返った。

F1オランダGPでは、ピエール・ガスリーが、4位フィニッシュを果たして12ポイントを獲得。一方、角田裕毅はPUにデータ異常が見つかり、12番手を走行していた31周目にピットに戻ってそのままリタイアとなった。

レッドブル・ホンダF1 決勝分析:圧倒的なペースでメルセデスの戦略を鎮圧

2021年9月6日
レッドブル・ホンダF1 決勝分析:圧倒的なペースでメルセデスの戦略を鎮圧 / F1オランダGP 決勝
レッドブル・ホンダF1は、F1オランダGPの決勝レースで、マックス・フェルスタッペンの純粋なペースとタイヤでの優位性が、メルセデスが2台で仕掛けた戦略を鎮圧した。

決勝前の戦略予想は1ストップだったが、メルセデスはルイス・ハミルトンを21周目にピットに入れて2ストップ戦略を採用。だが、これはどちらかと言えば、タイヤに苦しんだ結果であり、翌周にカバーしたマックス・フェルスタッペンは2秒前でコースに復帰する。

バルテリ・ボッタス、命令無視を否定。遊んでいて“うっかりファステスト”

2021年9月6日
バルテリ・ボッタス、命令無視を否定。遊んでいて“うっかりファステスト” / F1オランダGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1オランダGPの終盤にファステストラップを記録したときは自分は“遊んでいただけ”だと述べ、チームの命令に従わなかったという見方を否定した。

マックス・フェルスタッペンが圧勝したレースで、メルセデスF1はレース終盤に予防措置として両方のマシンをピットに入れることを決断した。

メルセデスF1代表 「タイヤ戦略は間違いだった。ギャンブルにも負けた」

2021年9月6日
メルセデスF1代表 「タイヤ戦略は間違いだった。ギャンブルにも負けた」 / F1オランダGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、タイヤ戦略は間違いであり、F1オランダGPの最終フェーズでハードタイヤを選択するというレッドブルの“ギャンブル”に負けたと認める。

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとの1対2の戦いを圧勝し、ザントフォールトで記憶に残るホーム勝利を収めた。

2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年9月6日
2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、全3種類のコンパウンドを使用する2ストップ戦略で、自身のホームグランプリで完勝した。C3コンパウンドのP Zeroレッド・ソフトでスタートしたフェルスタッペンは、C2のP Zeroイエロー・ミディアムで第2スティントを走行し、C1のP Zeroホワイト・ハードでフィニッシュした。

セルジオ・ペレス、8位入賞「どのオーバーテイクも限界まで攻めた」

2021年9月6日
セルジオ・ペレス、8位入賞「どのオーバーテイクも限界まで攻めた」 / レッドブル・ホンダ F1オランダGP 決勝
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、2021年F1オランダGPの決勝でピットレーンから8位入賞という健闘をみせた。

レース前、セルジオ・ペレスのマシンに新たなパワーユニット(PU)を投入し、グリッド降格ペナルティーを受けた。これは戦略的な理由によるもので、ハンガリーGPでのクラッシュによってPUがダメージを負っていたことや、予選16番手というグリッドなどの状況を総合的に判断して新コンポーネントの投入を決定した。

レッドブル・ホンダF1代表 「チームにとって非の打ち所のないレース」

2021年9月6日
レッドブル・ホンダF1代表 「チームにとって非の打ち所のないレース」 / F1オランダGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1オランダGPの決勝レースを振り返った。

F1オランダGPでは、マックス・フェルスタッペンがパーフェクトなドライビングでホームレース優勝・シーズン7勝目を手にした。2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)に20秒以上差をつけて圧勝したフェルスタッペンはドライバーズランキングの首位奪還に成功した。

ピエール・ガスリー 「4位はこれ以上は望めないくらいの素晴らしい結果」

2021年9月6日
ピエール・ガスリー 「4位はこれ以上は望めないくらいの素晴らしい結果」 / アルファタウリ・ホンダ F1オランダGP 決勝
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2021年F1オランダGPの決勝で4位入賞を果たした。

4番グリッドからQ2で使用したソフトタイヤでスタートしたピエール・ガスリーは、ポジションをキープ。24周目にミディアムタイヤへと交換。背後のフェラーリ勢との差をにらみながらレースを進め、順位を守って4位フィニッシュを果たし、12ポイントを獲得した。

フェルスタッペン、初母国GPで優勝「必要な時に3秒の差を確保できた」

2021年9月6日
フェルスタッペン、初母国GPで優勝「必要な時に3秒の差を確保できた」 / レッドブル・ホンダ F1オランダGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2021年F1オランダGPをポール・トゥ・ウィンで圧勝。初母国GPで優勝という偉業を成し遂げた。

ポールポジションからリードを保ったまま周回を重ねていたマックス・フェルスタッペンは、2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)のピットインに反応し、21周目にミディアムタイヤへと交換。ハミルトンの前でコースへ戻る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム