フェルスタッペン 「F1はザントフォールトからトラック設計を学ぶべき」

2021年9月9日
マックス・フェルスタッペン 「F1はザントフォールトからトラック設計を学ぶべき」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1のトラック設計は、ミスが罰せられるザントフォールトから学ぶべき教訓があると感じている。

当初の契約よりも1年遅れて、F1オランダGPは36年ぶりに2021年にカレンダーに復帰。ザントフォールとターン3と最終コーナーのバンクが人気を博すとともに、ウォールと砂利によってミスを犯す余地がほとんどないチャレンジングなサーキットとして人々の心に改めて植え付けられた。

ヨス・フェルスタッペン、F1オランダGP後にヘリコプターで病院に搬送

2021年9月8日
ヨス・フェルスタッペン、F1オランダGP後にヘリコプターで病院に搬送
マックス・フェルスタッペンが、母国レースで印象的な優勝を飾ったF1オランダGPの後、父親のヨス・フェルスタッペンはヘルコプターで病院に搬送された。

De Telegraaf の報道によると、息子の優勝を見届けたヨス・フェルスタッペンは、腹部に痛みを訴え、ヘリコプターでルールモントの病院に運ばれました。

ロス・ブラウン、セルジオ・ペレスのDRIVER OF THE DAY選出に異議

2021年9月8日
ロス・ブラウン、セルジオ・ペレスのDRIVER OF THE DAY選出に異議 / F1オランダGP
ロス・ブラウンは、F1オランダGPでセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がドライバー・オブ・ザ・デイに選出されたことに納得しておらず、彼は“再び大きなミス”を犯していたと指摘した。

セルジオ・ペレスは、予選で最後のアタックを待つ列のなかで身動きが取れなくなり、チェッカーフラッグまでにラインを通過することができずにQ1で敗退。

F1オランダGP:全ドライバーがアロンソのターン3のラインをコピー?

2021年9月7日
F1オランダGP:全ドライバーがアロンソのターン3のラインをコピー?
F1オランダGPの週末、全F1ドライバーがザントフォールトのバンクのターン3でのフェルナンド・アロンソのラインをコピーしていたとアロンソの母国スペインの AS は伝えている。

報道によると、フェルナンド・アロンソはターン3で最適なラインを見つけた最初のドライバーであり、ASの情報筋によると、各F1ドライバーのテレメトリーを確認すると、グリッド上の他のすべてのマシンが残りの週末でアロンソのラインを辿っていたという。

ロバート・クビサ 「F1でまともなバトルをしたのは11年ぶり」

2021年9月7日
ロバート・クビサ 「F1でまともなバトルをしたのは11年ぶり」
ロバート・クビサは、F1オランダGPを“11年ぶりに他のドライバーと戦うことができた”レースだと振り返る。

アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、新型コロナウイルスに感染して予選を決勝を欠場することを余儀なくされたキミ・ライコネンの代役としてF1オランダGPに参戦。F1で98回目のスタートを切った。

2021年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年9月6日
2021年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

36年ぶりにザントフォールト・サーキットで行われたF1オランダGPの決勝は、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンがペースで他を圧倒し、今季7勝目を挙げた。

2021年 F1オランダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年9月6日
2021年 F1オランダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

11位:ダニエル・リカルド(マクラーレン)
「難しいレースだった。ラインに着いて、クラッチを引こうとしたら機能していなかった、僕の好みのクラッチパドルは問題を抱えていた。反対の手でスタートを切ったけど、それがラッセルにスタートでポジションを失った大きな部分だった」

ホンダF1、信頼性をアップデートした新スペックのエナジーストアを導入

2021年9月6日
ホンダF1、信頼性をアップデートした新スペックのエナジーストアを導入 / F1オランダGP
ホンダF1は、F1オランダGPの決勝にむけたセルジオ・ペレスのパワーユニット交換時に信頼性をアップデートしたエナジーストア(エネルギー貯蔵装置)を導入した。

ホンダF1は、F1オランダGPのレース前にセルジオ・ペレスのマシンに新たなパワーユニット(PU)を投入し、グリッド降格ペナルティーを受けた。

アルファタウリF1代表 「角田裕毅の問題の発生要因を調査する必要がある」

2021年9月6日
アルファタウリF1代表 「角田裕毅の問題の発生要因を調査する必要がある」 / F1オランダGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、F1オランダGPの決勝レースを振り返った。

F1オランダGPでは、ピエール・ガスリーが、4位フィニッシュを果たして12ポイントを獲得。一方、角田裕毅はPUにデータ異常が見つかり、12番手を走行していた31周目にピットに戻ってそのままリタイアとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム