セルジオ・ペレス 「すべてがかなりの僅差でフェラーリは強力に見える」

2022年9月3日
セルジオ・ペレス 「すべてがかなりの僅差でフェラーリは強力に見える」 / レッドブル・レーシング F1ベルギーGP 金曜フリー走行
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を12番手で終えた。

「すべてがかなりの僅差で、フェラーリがとても強力に見えるので、予想していた通りの興味深い週末になるだろう」とセルジオ・ペレスはコメント。

レッドブルF1首脳、初日のペース不足は「ハードタイヤで誤解」

2022年9月3日
レッドブルF1首脳、初日のペース不足は「ハードタイヤで誤解」 / オランダグランプリ
レッドブル・レーシングは、F1オランダグランプリの金曜フリー走行で奇妙にペースを落としていたが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、それはハードタイヤの誤解によるものだと説明した。

マックス・フェルスタッペンはザントフォールトでのFP1のほとんどをギアボックスの問題で失い、セルジオ・ペレスは FP2 でシャルル ルクレールが設定したペースから1秒以上の大きなギャップに直面した。

マックス・フェルスタッペン 「フェラーリとのタイム差は別に驚かなかった」

2022年9月3日
マックス・フェルスタッペン 「フェラーリとのタイム差は別に驚かなかった」 / レッドブル・レーシング F1オランダGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を8番手タイムで終えた。

オレンジが埋め尽くしたグランドスタンドを前にセッションをスタートさせたマックス・フェルスタッペンは、ターン14の新DRSゾーンをフル活用し、セッション序盤にハードタイヤで1分14秒714をマークしてタイムシートのトップに立つ。

角田裕毅 FP2のコースオフは「突風に煽られてコントロールを失った」

2022年9月3日
角田裕毅 FP2のコースオフは「突風に煽られてコントロールを失った」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オランダGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を11番手タイムで終えた。

FP1を17番手で終えていた角田裕毅は、FP2の終盤にターン10でコースオフしてグラベルトラックにはまって抜け出すことができなかった。このインシデントでセッションは赤旗中断となり、角田裕毅は11番手タイムでセッションを終えた。

F1オランダGP フリー走行2回目:ルクレール首位でフェラーリが1-2

2022年9月3日
F1オランダGP フリー走行2回目:ルクレール首位でフェラーリが1-2 レッドブルF1は精彩を欠いてフェルスタッペン8番手
2022年F1第15戦オランダグランプリのフリー走行2回目が9月2日(金)にザントフォールト・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がトップタイムをマークした。

FIA-F2の予選が2度の赤旗で伸びたことで15分遅れでスタートとなったFP2セッションではフェラーリとメルセデスが速さを見せた一方で、レッドブル・レーシングは精彩を欠いた。

F1オランダGP フリー走行2回目 速報:シャルル・ルクレールがトップ

2022年9月3日
F1オランダGP フリー走行2回目 速報:シャルル・ルクレールがトップ フェルスタッペンは8番手
F1オランダGP フリー走行2回目の結果速報。2022年F1第15戦オランダグランプリのFP2セッションが9月2日(金)にザントフォールト・サーキットで行われた。

直前にスケジュールされたFIA-F2の予選が2度の赤旗で延長となったため、15分遅れで60分間のFP2セッションはスタート。残り12分で角田裕毅(アルファタウリ)がコースオフ。グラベルから抜け出せずに赤旗中断。残り4分で再開されたが、各チームは最後の仕上げの時間が削がれることになった。

2022年 F1オランダGP FP2:順位結果 角田裕毅はコースオフで終了

2022年9月3日
2022年 F1オランダGP FP2:順位結果 角田裕毅はコースオフで終了
2022年F1オランダGP フリー走行2回目の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第14戦 F1オランダGPのフリー走行2回目が9月2日(金)にザントフォールト・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマーク。2番手にはチームメイトのカルロス・サインツJr..、3番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。角田裕毅(アルファタウリ)は残り12分でコースをオフを喫してグラベルでセッションを終えた。

ジョージ・ラッセル首位でメルセデスが1-2 フェルスタッペンはトラブルで7周

2022年9月2日
F1オランダGP フリー走行1回目:ラッセル首位でメルセデスが1-2 フェルスタッペンはトラブルで7周
2022年F1第15戦F1オランダグランプリのフリー走行1回目が9月2日(金)にザントフォールト・サーキットで行われ、ジョージ・ラッセル(メルセデス)がトップタイムをマークした。

ジョージ ラッセルは、オランダグランプリのプラクティス1の最終フェーズでソフトタイヤを装着して1分12秒455をマーク。0.240秒差でチームメイトのルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが週末を1-2でスタートした。フェラーリのカルロス・サインツJr.が0.390秒差の3番手に続いた。

F1オランダGP FP1 速報:マックス・フェルスタッペンに開始10分でトラブル

2022年9月2日
F1オランダGP FP1 速報:マックス・フェルスタッペンに開始10分でトラブル 角田裕毅は17番手
F1オランダGP フリー走行1回目の結果速報。2022年F1第15戦オランダグランプリのFP1セッションが9月2日(金)にザントフォールト・サーキットで行われた。

金曜日のオランダは晴れ。気温22度、路面温度32度のドライコンディションで60分間のFP1セッションはスタート。開始10分でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がギアボックストラブルでストップ。わずか7周で走行を切り上げることになった。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム