セルジオ・ペレス、PU一式交換とセットアップ変更でピットレーンスタート

2021年9月5日
セルジオ・ペレス、PU一式交換とセットアップ変更でピットレーンスタート / F1オランダGP 決勝
レッドブル・ホンダF1は、予選16番手というセルジオ・ペレスのスターティンググリッドを考慮して、F1パワーユニットのいくつかのコンポーネントを交換するとともに、セットアップを変更。ペレスはF1オランダGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

セルジオ・ペレスは、トラックエボリューションの大きいQ1セッションの終盤にトラフィックに阻まれて最終アタックに入れないままQ1を終了。トップ3まで約0.5秒差ながら、前のマシンとわずか0.041秒差で16番手となり、Q2進出を逃した。

アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅にとって赤旗は運が悪かった」

2021年9月5日
アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅にとって赤旗は運が悪かった」 / F1オランダGP 予選
アルファタウリ・ホンダのチーフエンジニアを務めるクラウディオ・バレストリが、F1オランダGPの予選を振り返った。

アルファタウリ・ホンダF1は、ピエール・ガスリーが予選自己ベストタイとなる4番グリッドを獲得。チームメイトの角田裕毅は、2度目の赤旗の時点でセッションは再開されなかったことで、最後のアタックができず15番手となった。

ニコラス・ラティフィ、ギアボックス&パーツ交換でピットレーンスタート

2021年9月5日
ニコラス・ラティフィ、ギアボックス&パーツ交換でピットレーンスタート / F1オランダGP 決勝
ウィリアムズは、ニコラス・ラティフィのギアボックスを交換するとともに、セットアップを変更。ラティフィはF1オランダGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

ニコラス・ラティフィは、予選Q2終盤にターン8で高速でバリアにクラッシュ。衝撃は38Gを記録され、ギアボックスのダメージが懸念されていた。

2021年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年9月5日
2021年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ザンとフォールトにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避

2021年9月5日
セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避 / F1オランダGP予選
セバスチャン・ベッテルのスチュワードの発言によって、ハースF1のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンは、F1オランダGPの予選Q1でベッテルをブロックしたことへのペナルティを免れることになった。

ハースF1の両ドライバーは、Q1の最終アタックを良いポジションで進めるためにやり合っていた。そこにフライングラップのセバスチャン・ベッテルが最終コーナーで二人に近づき、マゼピンが急に向きを変えたことで、ベッテルは回避行動を強いられた。

2021年 F1オランダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

2021年9月5日
2021年 F1オランダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール
2021年 F1世界選手権 第13戦 オランダGPが、9月3日(金)からザントフォールトで行われる。

36年ぶりにF1オランダGPとザントフォールトがF1カレンダーに戻ってくる。当初、F1オランダGPの復活は2020年に予定されていたが、新型コロナウイルスの世界的大流行により、今年に1年延期された。

2021年 F1オランダGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2021年9月5日
2021年 F1オランダGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1番手:マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「ポールポジションを獲得できて最高の気分だし、それがホームレースであればさらに満足感は高まるものだ。フィニッシュラインを通るたびに、みんな熱狂的な声援を送ってくれたし、グランドスタンドで楽しんでいる皆さんを見ることができたのは素晴らしいことだった」

2021年 F1オランダGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年9月5日
2021年 F1オランダGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

11番手:ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
「残念ながら、最後の走行でミスをしてしまった。最大限でプッシュしていて、本当に良いラップだったけど、リアタイヤが限界に達していた。Q3に進出するのは厳しいと分かっていたので、最終コーナーをハードに攻めすぎてマシンのリアを失ってしまった。

マックス・フェルスタッペン 「ポールからスタートできることは重要」

2021年9月5日
マックス・フェルスタッペン 「ポールからスタートできることは重要」 / レッドブル・ホンダ F1オランダGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、ポールポジションを獲得したF1オランダGPの予選を振り返った。

マックス・フェルスタッペンは、Q3の1度目のアタックで1分8秒台のタイムをマーク。2度目のアタックではさらにタイムを上げて、ポールポジションを獲得。母国の観衆からは大声援が送られた。これが、フェルスタッペンにとっては通算10回目、Honda F1にとっては87回目のポールポジションとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム