【動画】佐藤琢磨、アイルトン・セナのマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行

2019年7月9日
F1 佐藤琢磨 アイルトン・セナ
佐藤琢磨は、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2019で1988年にアイルトン・セナがF1チャンピオンに輝いたマシン『マクラーレン・ホンダ MP4/4』で走行を行った。

ホンダの世界選手権参戦60周年記念イベントとして、マクラーレン・ホンダ MP4/4はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのヒルクライムに参加するために日本から運ばれてきた。

佐藤琢磨、アイルトン・セナのマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行

2019年7月7日
F1 佐藤琢磨 アイルトン・セナ
佐藤琢磨は、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2019の3日目にマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行を行った。これは1988年にアイルトン・セナがF1チャンピオンに輝いた時のマシンだ。

マクラーレン・ホンダ MP4/4はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのために日本から運ばれてきた。佐藤琢磨は「本当に素晴らしい体験です。セナのマシンを現代に運転できるなんて夢のようです。明日は2回走行を行うので、2倍楽しみです」と感想を語った。

ジャン・アレジ 「アイルトン・セナの方がシューマッハよりも速かった」

2019年5月18日
F1 アイルトン・セナ ミハエル・シューマッハ
元F1ドライバーのジャン・アレジは、自身のキャリアで最も感銘を受けたドライバーはアイルトン・セナだとし、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハよりもセナの方が速いドライバーだと思っていると語る。

ジャン・アレジは、1990年のF1アメリカGPで非力なティレルでマクラーレンのアイルトン・セナとバトルを展開して2位表彰台を獲得している。

フェラーリがアイルトン・セナと1994年に契約しなかった理由

2019年5月7日
F1 フェラーリ アイルトン・セナ
かつてフェラーリのF1チーム代表だったジャン・トッドは、1994年のドライバーとしてアイルトン・セナと契約しなかった理由を明かした。

アイルトン・セナは、1994年のフェラーリ移籍を画策しており、ジャン・トッドは1993年のイタリアGPの週末に2人で3時間のプライベートミーティングを行っていたことを明かした。

フランク・ウィリアムズ、アイルトン・セナの死についていまだ沈黙

2019年5月3日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの悲劇的な事故死から25年が過ぎたが、フランク・ウィリアムズは1994年5月1日の出来事についていまだ話そうとしないとを娘のクレア・ウィリアムズが語った。

25年前、アイルトン・セナはウィリアムズ FW16での事故で命を落とした。チームオーナーにとってドライバーを失うことは耐え難い経験であり、イタリアでの長年にわたる裁判はその傷口はさらに広げた。

F1スペインGP、アイルトン・セナの没後25年追悼イベントを開催

2019年5月2日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーの没後25年を記念する追悼イベントがF1スペインGPの週末に開催される。

1994年のF1サンマリノGP。ローランド・ラッツェンバーガーは予選(4月30日)、アイルトン・セナは決勝(5月1日)の事故でこの世を去った。

アラン・プロスト、アイルトン・セナの映画を酷評

2019年4月25日
F1 アラン・プロスト アイルトン・セナ
アラン・プロストは、2010年に公開されたアイルトン・セナのドキュメンタリー映画「Senna(邦題:アイルトン・セナ ~音速の彼方へ)」を酷評した。

同作はアイルトン・セナの生誕50年にあたる2010年、彼の遺志を受け継いだ『アイルトン・セナ財団』の全面協力のもと製作。アラン・プロストとの確執やFISA会長バレストルの政治的圧力に苦悩する様子を、自身のインタビュー、マクラーレン・チーム監督のロン・デニス、プロストを始めとするレース関係者、家族、恋人の証言をもとに構成された。

「アイルトン・セナと同列で語れるドライバーはルイス・ハミルトンだけ」

2019年4月24日
F1 アイルトン・セナ ルイス・ハミルトン
アイルトン・セナの元チームメイトであるゲルハルト・ベルガーは、セナと同列で語れるドライバーはルイス・ハミルトンだけだと語る。

3度のF1ワールドチャンピオンを獲得したアイルトン・セナは、F1史上最高のドライバーだと語られることが多い。幼少の頃からアイルトン・セナがヒーローだったルイス・ハルトンは、セナにちなんだ黄色のヘルメットでF1デビューを果たした。

アイルトン・セナの銅像が教皇フランシスコに贈呈

2019年4月19日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの姪であるポーラ・セナ・ラリによって彫刻されたアイトン・セナの特別な銅像が、バチカンで教皇フランシスコに贈呈された。

アイルトン・セナの姉ヴィヴィアン・セナの娘であるポーラ・セナ・ラリは、祖母ネイジ・セナから以来を受けて、2016年に3回のF1ワールドチャンピオンの銅像の制作を開始。元となる粘土彫刻は2016年末に完成し、その後、青銅で鋳造された。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム