ジャン・トッド 「1994年にアイルトン・セナのフェラーリF1加入を拒否した」
元フェラーリF1のチーム代表を務めるジャン・トッドは、1994年に先駆けてチームに加入したいというアイルトン・セナの打診を拒否したことを明らかにした。

アイルトン・セナのフェラーリF1加入は“決して怒らなかった夢のF1移籍”リストで常に登場するが、1994年に実現する可能性があった。

当時、フェラーリF1のチーム代表だったジャン・トッドは、1994年のジャン・アレジとゲルハルト・ベルガーとの契約を尊重したかったため、その移籍は実現しなかったとbeIN Sportsに説明した。

「私がフェラーリに到着してから数週間後、モンツァの週末に滞在していたコモ湖のホテルでアイルトン・セナと会った」とジャン・トッドは語った。

「私は1995年にフェラーリへの移籍をオファーしたが、彼は1994年を望んでいた。我々はすでにジャン・アレジとゲルハルト・ベルガーの2人のドライバーが契約していたので、彼の要求に応えられなかった。アイルトンが理由を尋ねたとき、私は彼に状況を説明した」

「彼は諦めず、F1では契約は重要ではないと言ったが、私としては契約は尊重しなければならないと答えた」

「それで我々は彼に1995年の契約をオファーした。だが、残念ながら、我々は何が起こったのかを知っている」

「私がフェラーリに入社したとき、シャシーの担当者はエンジンのせいで勝てなかったと言い、他の人はシャーシが問題だと言い、また他の人はドライバーが責任だったと言っていた。だから、私はトップドライバーが欲しかった」

「私は自分自身に言い聞かせた。我々には排除できる変数がある。我々が世界で最高のドライバー、または少なくともすでにワールドチャンピオンを獲得したことのあるドライバーを獲得できれば、言い訳を排除できるとね」

「セナがいたら、誰もドライバーのせいにはできなかっただろう。それが、後でミハエル・シューマッハを獲得した理由だ」

また、ジャン・トッドは、フェラーリF1は栄光の日々を取り戻すという大きな課題を抱えていたため、人々は自分にフェラーリF1には絶対に参加しないようにと言っっていたと回顧する。

それは長いプロセスだったが、最終的にはフェラーリのF1史上最も支配的な時代の1つにつながるプロセスだった。

「誰もが、行くべきではないと私に言っていた。不可能なミッションだとね。だが、それが私をやってみようという気持ちにさせた」

「簡単ではなかった。1993年7月1日にフェラーリに参加し、1999年に最初のコンストラクターズワールドチャンピオンシップで獲得したので、到着してからかなり時間がかかった。翌シーズン、ミハエルと一緒に最初のドライバーズワールドチャンピオンシップで優勝た」

「そして、それらの成果の前に、私は何度も考えた。ああ、彼らは正しかった。我々は決してそれを成し遂げることはないだろうとね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アイルトン・セナ / フェラーリ