F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から27年

2021年5月1日
F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から27年
アイルトン・セナが、この世を去ってから、5月1日で27年の月日が流れたことになる。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、イモラ・サーキットの悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

ホンダF1、1991年のアイルトン・セナ選手以来のイモラでの勝利

2021年4月19日
ホンダF1、1991年のアイルトン・セナ選手以来のイモラでの勝利 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
ホンダF1にとって、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPでレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが挙げた今季初勝利は、ホンダとして79勝目、そして、イモラ・サーキットでは1991年のアイルトン・セナ選手以来の勝利となった。

2021年限りでF1から撤退するホンダF1は、今シーズンに向けて“新骨格”と称する完全に新しいF1エンジンを開発。王者メルセデスを倒してタイトルを獲得するためには、シーズン序盤から勝利を重ねて独走を許さないことが絶対条件となっている。

F1特集:アイルトン・セナがマクラーレンと結んだ1戦100万ドルの契約

2021年2月10日
F1特集:アイルトン・セナがマクラーレンと結んだ1戦100万ドルの契約
ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の契約は2021年の1年契約という形で解決した。その28年前、同じようなストーリーが展開していた。彼のヒーローであるアイルトン・セナに。

ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフとの交渉が年を越して延期されたように、アイルトン・セナは、ロン・デニスとのマクラーレンとの新しい契約にサインすることなく1993年を迎えていた。

ガスリー、アイルトン・セナ財団にイモラで着用したヘルメットを寄付

2021年2月7日
ガスリー、アイルトン・セナ財団にイモラで着用したヘルメットを寄付
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、昨年のF1エミリア・ロマーニャGPで着用したスペシャルヘルメットをアイルトン・セナ財団に寄付した。

2020年にF1がイモラに戻ってきたレースで、ピエール・ガスリーは、セナ家の正式な許可を受け、アイルトン・セナの象徴的なカラーリングとデザインを取り入れたトリビュートデザインのスペシャルヘルメットを着用した。

F1王者ルイス・ハミルトン 「アイルトン・セナもF1で孤独だった」

2021年2月3日
F1王者ルイス・ハミルトン 「アイルトン・セナもF1で孤独だった」
F1王者ルイス・ハミルトンは、自身のF1での経験を子供時代のヒーローであるF1レジェンドのアイルトン・セナと重ね合わせる。

現在、2021年の契約について激しい憶測の対象となっている7回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、アイルトン・セナもF1キャリアのなかで際立って孤高を守っていたと Sportweek に語った。

F1エミリア・ロマーニャGP:トロフィーはセナの事故現場にダイアモンド

2020年11月2日
F1エミリア・ロマーニャGP:トロフィーはセナの事故現場にダイアモンド
F1エミリア・ロマーニャGPで表彰台を獲得したドライバーと優勝したコンストラクターに授与されるトロフィーは、アイルトン・セナの命を奪った事故現場にダイアモンドが埋め込まれた。

今年、F1は第13戦として1994年のサンマリノGPで3回のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナが命を落としたイモラ・サーキットに戻ってきた。

ピエール・ガスリー、自己ベストタイの4番手「アイルトン・セナに捧げる」

2020年11月1日
ピエール・ガスリー、自己ベストタイの4番手「アイルトン・セナに捧げる」 / アルファタウリ・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPで4番手タイムを記録。今週末、アイルトン・セナにインスパイアされたヘルメットでレースをするガスリーは、予選パフォマンスをF1のレジェンドに捧げた。

アイルトン・セナは、F1キャリアのなかでイモラ・サーキットで記録的な8回のポールポジションを獲得。この場所は勝利と悲劇の両方の理由でセナと永遠に結びつく場所とも言える。

デイモン・ヒル 「アイルトン・セナの死はF1にとって決定的な瞬間だった」

2020年10月31日
デイモン・ヒル 「アイルトン・セナの死はF1にとって決定的な瞬間だった」
デイモン・ヒルは、当時チームメイトだったアイルトン・セナの死が世界を揺るがした26年と6か月後にF1がイモラ・サーキットに戻ることをロンドンから見守る。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用

2020年10月31日
ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用 / アルファタウリ・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP(イモラ・サーキット)
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、イモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPにアイルトン・セナをトリビュートした特別なヘルメットを用意した。

多くのF1ファンにとっては、イモラ・サーキットは1994年のF1サンマリノGPでローランド・ラッツァンバーガーとともに命を落としたアイルトン・セナの記憶を蘇らせる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム