ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナの死後にF1復帰した経緯を語る

2022年8月22日
ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナの死後にF1復帰した経緯を語る
元F1ワールドチャンピオンのナイジェル・マンセルが、アイルトン・セナの死によって残されたF1の空白を埋めようと、バーニー・エクレストンが彼をアメリカから呼び戻した時のことを振り返った。

1994年、アイルトン・セナはF1グリッドで唯一のワールド チャンピオンとしてシーズンを開始した。彼は3回のタイトルを獲得していたが、1991年以来、王座から遠ざかっていた。1992年のチャンピオンであるナイジェル・マンセルはインディカーに参戦し、タイトル保持者のアラン・プロストは引退していた。

マクラーレンF1、アイルトン・セナのロゴをモナコGPからマシンに掲載

2022年5月27日
マクラーレンF1、アイルトン・セナのロゴをモナコGPからマシンに掲載
マクラーレンF1は、今週末のモナコグランプリからF1カーにアイルトン・セナの象徴的な名前とロゴを搭載する。

アイルトン・セナは、マクラーレンF1チームでの成功で最も有名に記憶されており、黄金時代を築いた“マクラーレン・ホンダ”で3つのF1ワールドチャンピオンのすべて獲得している。

タグ・ホイヤー、F1の伝説アイルトン・セナの新作クロノグラフを発表

2022年5月19日
タグ・ホイヤー、F1の伝説アイルトン・セナの新作クロノグラフを発表
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、アンバサダーのアイルトン・セナに敬意を表し、セナのオリジナルカラーであるレッドを採用した 新作『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 キャリバー16 クロノグラフ アイルトン・セナ スペシャルエディション』を発表した。

タグ・ホイヤーとアイルトン・セナのコラボレーションは、1988年から始まった。当時、セナはF1を席巻し、1988年、1989年、1991年に世界チャンピオンになった。

F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年

2022年5月1日
F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年
アイルトン・セナが、この世を去ってから、5月1日で28年の月日が流れた。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、イモラ・サーキットの悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

アイルトン・セナに敬意を表した特別なF1マシンがイモラに展示

2022年4月17日
アイルトン・セナに敬意を表した特別なF1マシンがイモラに展示
アイルトンセナに敬意を表したユニークな車がイモラで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPでは展示される。

マクラーレンの元ショーカーは、『Senna Now』と呼ばれるアートプロジェクトの一環としてフランス人のストリートアーティスト、ジスバーによってペイントされた。

ゲルハルト・ベルガー 「アイルトン・セナは100%F1に専念していた」

2022年4月7日
ゲルハルト・ベルガー 「アイルトン・セナは100%F1に専念していた」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、マクラーレン・ホンダ時代にチームメイトを組んだアイルトン・セナは彼が出会った中で“ベスト”のドライバーだと語り、同じ車で彼に匹敵することがどれだけの挑戦だったかを明かした。

マクラーレン・ホンダでの3シーズンで、アイルトン・セナは、1990年と1991年に2つのF1ワールドチャンピオンを獲得した。その期間で、セナは、ゲルハルト・ベルガーの3勝に対し、16勝を収めている。

ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出

2022年3月31日
F1:ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出
元F1ワールドチャンピオンのナイジェル・マンセルは、“セナ・タクシー”で有名な『ウィリアムズ FW14』をオークションに出品する。

ナイジェル・マンセルとアイルトン・セナがF1にクラシックシーンのひとつを提供したのは1991年のF1イギリスGP。ホームグランプリで圧倒的な速さでポールポジションを獲得し、すべてのラップをリードし、ファステストラップを獲得し、レースに勝利した。

ウィリアムズF1、マシンへのアイルトン・セナのロゴの掲載終了を決断

2022年2月16日
ウィリアムズF1、マシンへのアイルトン・セナのロゴの掲載終了を決断
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年F1マシン『FW44』で3回のF1ワールドチャンピオンであるアイルトン・セナに敬意を表いて27年間F1マシンに掲載してきた“S”のロゴを外した理由を説明した。

ウィリアムズFW16を運転したアイルトン・セナがイモラで命を落とした翌年の1995年から、チームはアイルトン・セナを称えるためにF1マシンのノーズににセナの“S”のロゴを掲載してきた。

レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”

2022年2月4日
レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たなF1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンが、F1レジェンドのアイルトン・セナやミハエル・シューマッハとかなりの数の類似点を共有していると信じている。

アイルトン・セナとミハエル・シューマッハは、1980年代後半から2000年代半ばにかけてF1世界選手権でそれぞれ3回と7回のタイトルを獲得し、F1がこれまでに見た中で最も成功した才能のあるドライバーの2人としての地位を固めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム