「アイルトン・セナはF1の現状を墓の下で嘆いているはず」

2019年10月3日
「アイルトン・セナはF1の現状を墓の下で嘆いているはず」とジョー・ラミレス
マクラーレンでアイルトン・セナと仕事をしていたジョー・ラミセルは、セナはF1の現状を“墓の下で嘆いている”はずだと語る。

マクラーレンで長年チームコーディネーターを務めていたジョー・ラミレスは、アイルトン・セナはドライバーの危険なレース操作に与えられるペナルティに最も怒っているはずだと語る。

C.ロナウド、メッシとのライバル関係を“セナとプロスト”になぞらえる

2019年8月23日
F1 クリスティアーノ・ロナウド
サッカーのクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が、リオネル・メッシ(バルセロナ)とのライバル関係についてF1におけるアイルトン・セナとアラン・プロストの関係になぞらえて自身の見解を語った。

現役サッカー界で最も優れた選手として常に比較されてきた2人。昨年までは同じリーガエスパニョーラに所属していたため、ライバルとして直接対決が続いていた。ロナウドがセリエAに移籍したあともどちらがより偉大な選手であるかという議論は続いている。

【動画】佐藤琢磨、アイルトン・セナのマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行

2019年7月9日
F1 佐藤琢磨 アイルトン・セナ
佐藤琢磨は、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2019で1988年にアイルトン・セナがF1チャンピオンに輝いたマシン『マクラーレン・ホンダ MP4/4』で走行を行った。

ホンダの世界選手権参戦60周年記念イベントとして、マクラーレン・ホンダ MP4/4はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのヒルクライムに参加するために日本から運ばれてきた。

佐藤琢磨、アイルトン・セナのマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行

2019年7月7日
F1 佐藤琢磨 アイルトン・セナ
佐藤琢磨は、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2019の3日目にマクラーレン・ホンダ MP4/4で走行を行った。これは1988年にアイルトン・セナがF1チャンピオンに輝いた時のマシンだ。

マクラーレン・ホンダ MP4/4はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのために日本から運ばれてきた。佐藤琢磨は「本当に素晴らしい体験です。セナのマシンを現代に運転できるなんて夢のようです。明日は2回走行を行うので、2倍楽しみです」と感想を語った。

ジャン・アレジ 「アイルトン・セナの方がシューマッハよりも速かった」

2019年5月18日
F1 アイルトン・セナ ミハエル・シューマッハ
元F1ドライバーのジャン・アレジは、自身のキャリアで最も感銘を受けたドライバーはアイルトン・セナだとし、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハよりもセナの方が速いドライバーだと思っていると語る。

ジャン・アレジは、1990年のF1アメリカGPで非力なティレルでマクラーレンのアイルトン・セナとバトルを展開して2位表彰台を獲得している。

フェラーリがアイルトン・セナと1994年に契約しなかった理由

2019年5月7日
F1 フェラーリ アイルトン・セナ
かつてフェラーリのF1チーム代表だったジャン・トッドは、1994年のドライバーとしてアイルトン・セナと契約しなかった理由を明かした。

アイルトン・セナは、1994年のフェラーリ移籍を画策しており、ジャン・トッドは1993年のイタリアGPの週末に2人で3時間のプライベートミーティングを行っていたことを明かした。

フランク・ウィリアムズ、アイルトン・セナの死についていまだ沈黙

2019年5月3日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの悲劇的な事故死から25年が過ぎたが、フランク・ウィリアムズは1994年5月1日の出来事についていまだ話そうとしないとを娘のクレア・ウィリアムズが語った。

25年前、アイルトン・セナはウィリアムズ FW16での事故で命を落とした。チームオーナーにとってドライバーを失うことは耐え難い経験であり、イタリアでの長年にわたる裁判はその傷口はさらに広げた。

F1スペインGP、アイルトン・セナの没後25年追悼イベントを開催

2019年5月2日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーの没後25年を記念する追悼イベントがF1スペインGPの週末に開催される。

1994年のF1サンマリノGP。ローランド・ラッツェンバーガーは予選(4月30日)、アイルトン・セナは決勝(5月1日)の事故でこの世を去った。

アラン・プロスト、アイルトン・セナの映画を酷評

2019年4月25日
F1 アラン・プロスト アイルトン・セナ
アラン・プロストは、2010年に公開されたアイルトン・セナのドキュメンタリー映画「Senna(邦題:アイルトン・セナ ~音速の彼方へ)」を酷評した。

同作はアイルトン・セナの生誕50年にあたる2010年、彼の遺志を受け継いだ『アイルトン・セナ財団』の全面協力のもと製作。アラン・プロストとの確執やFISA会長バレストルの政治的圧力に苦悩する様子を、自身のインタビュー、マクラーレン・チーム監督のロン・デニス、プロストを始めとするレース関係者、家族、恋人の証言をもとに構成された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム