アラン・プロスト 「アイルトン・セナはF1でモチベーションに苦しんでいた」

2023年1月22日
アラン・プロスト 「アイルトン・セナはF1でモチベーションに苦しんでいた」
アイルトン・セナとアラン・プロストはF1界で激しいライバル関係にあったが、1993年末にプロストがヘルメットを脱ぐと、二人は仲直りをした。プロストは、自分がF1を去った後、ライバルがモチベーションの低下に苦しんでいたと考えている。

アイルトン・セナとアラン・プロストの緊張が沸点に達することは何度かあった。後にそうなった瞬間のひとつが、1993年にプロストがウィリアムズF1に移籍したときだ。

F1の伝説アイルトン・セナに思いを馳せたタグ・ホイヤーのカレラ新作

2022年12月21日
F1の伝説アイルトン・セナに思いを馳せたタグ・ホイヤーのカレラ新作
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、F1マシンのアイコニックなレーシングカラーからインスピレーションを得たブラックとイエローゴールドのコンビネーションが印象的な新作「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」により、タグ・ホイヤーはカレラ コレクションとモータースポーツとの結びつきをさらに強めた。

タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフは、F1で活躍する偉大なチームやドライバーが愛用するクロノグラフとしてこの先も語り継がれるモデル。

松任谷由美がアイルトン・セナの死を悼んで書き上げた曲

2022年12月17日
松任谷由美がアイルトン・セナの死を悼んで書き上げた曲
松任谷由実が「世界一受けたい授業2時間SP」にVTR出演し、伝説のF1ドライバーであるアイルトン・セナとの思い出を語った。

マクラーレン・ホンダを駆り、“音速の貴公子”として日本でのF1ブームの火付け役となったアイルトン・セナ。松任谷由実は、1991年のF1モナコGPでセナと対面。それがきっかけで同年のF1日本GPで鈴鹿サーキットで雑誌の対談で再び対面することになった。

ブラジル50回目のF1グランプリを祝してアイルトン・セナの巨大アルミ像

2022年11月13日
ブラジル50回目のF1グランプリを祝してアイルトン・セナの巨大アルミ像
今週、サンパウロのアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェでアイルトン・セナに捧げられた巨大な光沢のある芸術作品が発表された。

高さ 3.5 メートルの彫刻は、ブラジルが50回目のF1グランプリを祝う中、ブラジルのお気に入りの息子の記憶を讃えるために製作された。印象的なアルミニウム像の作成者は、F1レジェンドの姪であるララリ・セナによって設計された。

ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナの死後にF1復帰した経緯を語る

2022年8月22日
ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナの死後にF1復帰した経緯を語る
元F1ワールドチャンピオンのナイジェル・マンセルが、アイルトン・セナの死によって残されたF1の空白を埋めようと、バーニー・エクレストンが彼をアメリカから呼び戻した時のことを振り返った。

1994年、アイルトン・セナはF1グリッドで唯一のワールド チャンピオンとしてシーズンを開始した。彼は3回のタイトルを獲得していたが、1991年以来、王座から遠ざかっていた。1992年のチャンピオンであるナイジェル・マンセルはインディカーに参戦し、タイトル保持者のアラン・プロストは引退していた。

マクラーレンF1、アイルトン・セナのロゴをモナコGPからマシンに掲載

2022年5月27日
マクラーレンF1、アイルトン・セナのロゴをモナコGPからマシンに掲載
マクラーレンF1は、今週末のモナコグランプリからF1カーにアイルトン・セナの象徴的な名前とロゴを搭載する。

アイルトン・セナは、マクラーレンF1チームでの成功で最も有名に記憶されており、黄金時代を築いた“マクラーレン・ホンダ”で3つのF1ワールドチャンピオンのすべて獲得している。

タグ・ホイヤー、F1の伝説アイルトン・セナの新作クロノグラフを発表

2022年5月19日
タグ・ホイヤー、F1の伝説アイルトン・セナの新作クロノグラフを発表
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、アンバサダーのアイルトン・セナに敬意を表し、セナのオリジナルカラーであるレッドを採用した 新作『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 キャリバー16 クロノグラフ アイルトン・セナ スペシャルエディション』を発表した。

タグ・ホイヤーとアイルトン・セナのコラボレーションは、1988年から始まった。当時、セナはF1を席巻し、1988年、1989年、1991年に世界チャンピオンになった。

F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年

2022年5月1日
F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年
アイルトン・セナが、この世を去ってから、5月1日で28年の月日が流れた。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、イモラ・サーキットの悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

アイルトン・セナに敬意を表した特別なF1マシンがイモラに展示

2022年4月17日
アイルトン・セナに敬意を表した特別なF1マシンがイモラに展示
アイルトンセナに敬意を表したユニークな車がイモラで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPでは展示される。

マクラーレンの元ショーカーは、『Senna Now』と呼ばれるアートプロジェクトの一環としてフランス人のストリートアーティスト、ジスバーによってペイントされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム