デイモン・ヒル 「アイルトン・セナの死はF1にとって決定的な瞬間だった」

2020年10月31日
デイモン・ヒル 「アイルトン・セナの死はF1にとって決定的な瞬間だった」
デイモン・ヒルは、当時チームメイトだったアイルトン・セナの死が世界を揺るがした26年と6か月後にF1がイモラ・サーキットに戻ることをロンドンから見守る。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用

2020年10月31日
ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用 / アルファタウリ・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP(イモラ・サーキット)
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、イモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPにアイルトン・セナをトリビュートした特別なヘルメットを用意した。

多くのF1ファンにとっては、イモラ・サーキットは1994年のF1サンマリノGPでローランド・ラッツァンバーガーとともに命を落としたアイルトン・セナの記憶を蘇らせる。

ホンダF1 特集:1986年エストリル - セナに完勝したマンセル

2020年10月29日
ホンダF1 特集:1986年エストリル - セナに完勝したマンセル
先週末は、アルガルベ・インターナショナル・サーキットでのF1初開催となったが、ポルトガルでのグランプリ開催には長い歴史がある。

初めてF1ポルトガルGPが開催されたのは、1958年。同国北部のポルトに設置された市街地コース、ボアビスタ・サーキットだった。翌年は首都リスボンの公道を舞台にしたモンサント・サーキットで行われ、1960年には再びボアビスタでの開催となった。

Netflix、アイルトン・セナの半生を描いたドラマを2022年に公開

2020年9月4日
Netflix、アイルトン・セナの半生を描いたドラマを2022年に公開
Netflixは、F1の伝説的なドライバーであるアイルトン・セナの8部構成のドラマを制作することを発表。公開は2022年を予定している。

Netflixは、F1シリーズ『Drive to Survive』で成功を収めており、現在3シリーズ目が撮影が行われ、今週末のF1イタリアGPでフェラーリが密着取材を受けることになっている。

マックス・フェルスタッペン 「セナやシューマッハとの比較は好きではない」

2020年8月29日
マックス・フェルスタッペン 「セナやシューマッハとの比較は好きではない」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分をアイルトン・セナやミハエル・シューマッハと比較されることは好きではないと語る。

先週、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンに非常に感銘を受けているし、F1のレジェンドであるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハを引き合いに出してその素晴らしさを語っていた。

ナイジェル・マンセル 「アイルトン・セナの死はF1自体を変えた」

2020年6月21日
ナイジェル・マンセル 「アイルトン・セナの死はF1自体を変えた」
元F1ドライバーのナイジェル・マンセルは、アイルトン・セナの死によってF1ははるかに安全なものになったが、同時にそれによって“ドライバーがヒーロー”だった頃のF1の魅力は失われてしまった。

1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセルは、勇気と闘志あふれる攻撃的なスタイルで“ライオンハート”と呼ばれ、フェラーリ在籍中、イタリアのティフォシにはイル・レオーネ(Il Leone )と呼ばれた。

【動画】 アイルトン・セナ、ホンダF1撤退のニュースに拭った涙

2020年5月3日
【動画】 アイルトン・セナ、ホンダF1撤退のニュースに拭った涙
アイルトン・セナは、ホンダF1撤退のニュースに涙を拭った。

1992年7月18日、朝日新聞の一面トップの見出しには『本田技研がF1撤退へ』の文字が大きく刷られた。記者にそれとなく話した川本信彦は、ホンダのF1休止が、朝日のトップニュースとして扱われるとは思ってもみなかった。

悲劇と混乱に満ちた1994年シーズン 「神々がF1を見放した年」

2020年5月3日
悲劇と混乱に満ちた1994年シーズン 「神々がF1を見放した年」
アイルトン・セナ没後22年目を迎えた今、「神々がF1を見放した年」として今も人々の記憶に刻まれている1994年シーズンンを振り返る。

1994年にF1で起こった一連の出来事は、その後のF1のあり方を永遠に変えてしまった。この1994年シーズンンは後世に語り継がれる熾烈なタイトル争いが繰り広げられた一方、政治的な混乱と対立がこのスポーツに暗い影を落とした。そして、F1に携わる人々が長らく忘れ去っていた悲劇が再び眼前に突きつけられた1年でもあった。

アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ

2020年5月2日
アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ / F1回顧録
アイルトン・セナは1992年にウィリアムズと契約を結ぶ準備ができていたが、ホンダに対する忠誠心のためにマクラーレンにとどまった。

1992年のF1世界選手権では、ナイジェル・マンセルが当時の最強マシン『FW14B』で悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した。だが、マネージャーを務めていたジュリアン・ジャコビは、土壇場でのセナの心変わりがなければ、1992年にマンセルはウィリアムズをドライブしていなかったと語る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム