ウィリアムズF1、マシンへのアイルトン・セナのロゴの掲載終了を決断
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年F1マシン『FW44』で3回のF1ワールドチャンピオンであるアイルトン・セナに敬意を表いて27年間F1マシンに掲載してきた“S”のロゴを外した理由を説明した。

ウィリアムズFW16を運転したアイルトン・セナがイモラで命を落とした翌年の1995年から、チームはアイルトン・セナを称えるためにF1マシンのノーズににセナの“S”のロゴを掲載してきた。

その伝統は昨シーズンまで引き継がれていたが、印象的なブルーのカラーリングで飾られた2022年F1マシン『FW43』にはアイルトン・セナのロゴはついていなかった。

その決定について質問されたウィリアムズF1のチーム代表であるヨースト・カピトは、チームが「前に進み」、マシンに常に表示することで、1994年のF1サンマリノGPで起こった事故のことをドライバーに思い出させるのをやめ、代わりに2020年に創設者のウィリアムズ家を買収して現在はドリルトン・キャピタリが所有するチームは博物館の専用スペースでアイルトン・セナを称え続けるという決定をしたと説明した。

「我々が将来前に進んでいきたいという決定だった」とヨースト・カピトは語った。

「我々は新しい時代を迎え、新しいマシンを手に入れました。また、博物館も改装した。ここにはアイルトンを祝う特別なエリアがある」

「我々は、ドライバーがマシンに乗るたびに“S”を表示せず、何が起こったのかを思い出させるのではなく、将来を見据えなければならないと思う」

「これからは、チームが先に進み、セナに心から敬意を表し、博物館に非常に専用のスペースを設け、そこで彼を称える時が来た」

ヨースト・マピトは、アイルトン・セナの家族には決定について相談はしなかったが、セナ財団とのチームの仕事を増やすための努力が進行中であると述べた。

「家族との協議はなかったが、財団と協力しており、財団との取り組みを強化し、セナ財団をさらに支援する方向で取り組んでいく」とヨースト・カピトは語った。

「より多くの人々がこれから恩恵を受けると思う。特に財団を通じて人々を助けることができれば、それは非常に良いプログラムだと思う。しかし、それはまだ最終的に定義されなければならない」

1994年後半に設立されたアイルトン・セナ財団は、ブラジルのNGOであり、アイルトンの姉妹であるヴィヴィアンが主宰し、教育や社会的プログラムで若いブラジル人を支援するために資金を集めている。

ウィリアムズF1は、オンラインでの発表でFW44の実車を公開することをやめ、代わりにショーカーでカラーリングを提示することを選択した。ドライバーのアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィは、火曜日の午後にシルバーストンでFW44のシェイクダウンを行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アイルトン・セナ