レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たなF1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンが、F1レジェンドのアイルトン・セナやミハエル・シューマッハとかなりの数の類似点を共有していると信じている。

アイルトン・セナとミハエル・シューマッハは、1980年代後半から2000年代半ばにかけてF1世界選手権でそれぞれ3回と7回のタイトルを獲得し、F1がこれまでに見た中で最も成功した才能のあるドライバーの2人としての地位を固めた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイスハミルトンを2021年のドライバーズチャンピオンシップで倒して、自身初のタイトルを獲得したばかりかもしれないが、ヘルムート・マルコは、フェルスタッペンと2つの伝説的な名前の間にすでに驚くべき類似点があると語る。

マックス・フェルスタッペンと2人のグレイテストを比較するように求められたヘルムート・マルコは、各ドライバーがレースをしたさまざまなマシンが真に正確なイメージを取得することを不可能にしているしつつも、彼らが備えている共通のテーマに着目した。

「異なる期間であるため、それらを比較することは不可能だ」とヘルムート・マルコはAutoRevueに語った。

「しかし、彼ら全員が持っているのは完全なフォーカスだ。それを無謀と呼ぶこともできる。『私は勝ちたい。そのためにはどんなことでもやる』という以外に何もない」

さらに、ヘルムート・マルコは、ドライバーがF1マシンの限界を超えているときを目にする場合があると説明する。

「彼らは通常は存在しない可能性を超えた状態になる」とヘルムート・マルコは語った。

例として、ヘルムート・マルコは、F1サウジアラビアGPでのマックス・フェルスタッペンの予選ラップを挙げた。フェルスタッペンは、最後のコーナーのエラーでクラッシュするまで、ポールポジションを奪うと見られていた。

「うまくはいかなかったが、ジェッダでのマックスの予選ラップが頭に浮かぶ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼がマシンをとても強くプッシュしていたのが分かるはずだ。それは目に見えていた」

しかし、マックス・フェルスタッペンが本当に彼を際立たせているのは『やってみる』という意欲であり、ヘルムート・マルコは、他のドライバーがフェルスタッペンが後ろにいるとリラックスできないと指摘する。

「レースでは、ハミルトンはフェルスタッペンのために少しもギャップを空けておくことができないことを知っている」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「他の男がバックミラーで彼を見ることができないときでさえ、彼はすでに突っ込んでいる」

「必要な才能とこの信じられないほどの意志力が、すべての違いを生み出す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ミハエル・シューマッハ / アイルトン・セナ