アレクサンダー・アルボン 「すべてが計画通りにいけば勝利を目指せた」

2020年11月16日
アレクサンダー・アルボン 「すべてが計画通りにいけば勝利を目指せた」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPの決勝レースを7位で終えた。

4番グリッドからスタートしたアレクサンダー・アルボンは、スタートで後退するも5番手まで順位を取り戻してレースを展開。12周目にピットインし、ベッテルとルイス・ハミルトン(メルセデス)の6番手でレースへ戻る。

アルボン 「マシンの回収中にQ2開始を許可した理由が理解できない」

2020年11月15日
アルボン 「マシンの回収中にQ2開始を許可した理由が理解できない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、ニコラス・ラティフィのマシンをまだマーシャルがクレーンで回収している間にレースコントロールがQ2の開始を許可した理由が理解できないと語る。

ニコラス・ラティフィは、予選Q1の終了間際にターン8で出口でスピンしてグラベルでストップした。だが、まだラティフィのマシンが回収されておらず、セクター2にイエローが提示されたままにもかかわらず、Q2を開始するためにピットレーンがオープンになった。

アレクサンダー・アルボン、予選4番手は「残念な部分もある」

2020年11月15日
アレクサンダー・アルボン、予選4番手は「残念な部分もある」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPの予選を4番手で終えた。

予選Q1とQ2をマックス・フェルスタッペンに次ぐ2番手で通過したアレクサンダー・アルボンだが、Q3ではフェルスタッペン同様にインターミディエイトに苦戦。レーシング・ポイント勢に上回られて4番手で予選を終えた。

アレクサンダー・アルボン 「どのように改善できるかまだ予想がつかない」

2020年11月14日
アレクサンダー・アルボン 「どのように改善できるかまだ予想がつかない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPの金曜フリー走行を5番手タイムで終えた。

アレクサンダー・アルボンは、FP1でチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.241秒差の2番手タイムをマーク。FP2でも幾度かトップタイムをマークしながら進めたが、最終的にトップから1.033秒差の5番手タイムで初日のセッションを終えた。

アレクサンダー・アルボン 「そこまで酷いパフォーマンスだとは思わない」

2020年11月13日
アレクサンダー・アルボン 「そこまで酷いパフォーマンスだとは思わない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、最近の自分のパフォーマンスは予選でも決勝でも“酷い”ものだったとは考えていないと語る。

アレクサンダー・アルボンは、ムジェロで開催されたF1トスカーナGPでF1初表彰台を獲得して以降、悲惨なパフォーマンスを続けており、過去4戦で1ポイントしか獲得できていない。

アレクサンダー・アルボン 「過去のレッドブルドライバーのコメントは有用」

2020年11月12日
アレクサンダー・アルボン 「過去のレッドブルドライバーのコメントは有用」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPへの意気込みを語った。

過去3戦をノーポイントで終えているアレクサンダー・アルボンは、2021年のF1シート確保のために崖っぷちに立たされている。だが、初めて訪れるイスタンブール・パークを楽しみにしているとアルボンは語る。

アレクサンダー・アルボン 「アルファタウリへの降格は受け入れない」

2020年11月12日
アレクサンダー・アルボン 「アルファタウリへの降格は受け入れない」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2021年に姉妹チームであるアルファタウリ・ホンダF1に降格させられても喜んで受け入れるだろうちの見方を否定した。

アレクサンダー・アルボンは、今週、ピエール・ガスリーとともにアルファタウリのファッション広告の撮影に参加していることをトルコで発見されて騒動を引き起こした。動画ではアルファタウリの製品に身を包み、紙袋を下げて歩いている姿が収められている。

レッドブルF1代表 「トルコGPまでにアルボンが自信を築けるよう協力」

2020年11月9日
レッドブルF1代表 「トルコGPまでにアルボンが自信を築けるよう協力」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPで再び残念な週末を過ごしたアレクサンダー・アルボンの自信を“築く”ために、次戦F1トルコGPにむけて協力していく必要があると語る。

アレクサンダー・アルボンは、2021年のレッドブル・ホンダのF1シートを維持する価値を証明するために戦っている。レッドブルF1はアルボンを残留させるか、もしくはニコ・ヒュルケンベルグやセルジオ・ペレスのような経験豊富なドライバーを選ぶかを検討している。

ジェンソン・バトン 「レッドブルF1はアルボンで若手の扱い方を学んだ」

2020年11月8日
ジェンソン・バトン 「レッドブルF1はアルボンで若手の扱い方を学んだ」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、レッドブルF1は、アレクサンダー・アルボンの苦境によってより協力的になり、彼のスピードを上げるための方法を考え出すことに多くの時間を費やすようになったと分析する。

レッドブルのF1プロジェクトは、若手ドライバーに冷酷であることで知られてきた。最近では昨年ピエール・ガスリーをわずか12戦でジュニアチームであるトロロッソに降格させている。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム