アレクサンダー・アルボン 「最も準備が整ってないドライバーの一人だった」

2022年1月31日
F1:アレクサンダー・アルボン 「最も準備が整ってないドライバーの一人だった」
アレクサンダー・アルボンは、2019年にF1への予想外の昇進をしたときに、F1に出場したドライバーのなかでも“最も準備が整っていない”一人だったと考えている。

今シーズン、アレクサンダー・アルボンはウィリアムズF1でグリッドに復帰するが、F1キャリアとしては3シーズン目となる。

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1での初日に車のキーを紛失

2022年1月21日
アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1での初日に車のキーを紛失
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1での初日にファクトリーで車のキーを紛失するというちょっとしたドラマがあったことを告白した。

レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間をDTM(ドイツツーリングカー選手権)に費やしたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズでF1に復帰。水曜日にグローブのファクトリーを訪れ、新シーズンへの準備を開始した。

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1で2022年の作業を開始

2022年1月20日
アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1で2022年の作業を開始
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1で2022年シーズンに向けた準備を開始した。

2019年シーズン途中から2020年末までレッドブル・ホンダのドライバーを務めたアレクサンダー・アルボンは、昨年はレッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーとしてシミュレーター作業などでチームに貢献。レース週末には角田裕毅のコーチ役も務めた。

アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンの精神力は信じられない」

2022年1月18日
F1:アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンの精神力は信じられない」
アレクサンダー・・アルボンは、元レッドブルF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンの精神力は“信じられない”ほどだと称賛し、自分にインスピレーションを与えたと語った。

マックス・フェルスタッペンは、2021年に初めてF1タイトル争いに挑んだが、昨年はF1史上稀に見える波乱に富んだシーズンのひとつだった。

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のリザーブは良い経験だった」

2022年1月17日
ウィリアムズでF1復帰のアレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のリザーブは良い経験だった」
ウィリアムズでF1復帰するアレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとしてF1を見ていた1年間の経験が自分をより良いドライバーにしたと感じていると語る。

2019年にトロロッソでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、その活躍が認められて、シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格。しかし、2020年は前任のピエール・ガスリーと同様に苦戦を強いられ、シーズン末でシートを喪失。2021年はリザーブドライバーとして傍観することになった。

ウィリアムズF1技術者 「アルボンの18インチタイヤの情報の価値は小さい」

2022年1月12日
ウィリアムズF1技術者 「アルボンの18インチタイヤの情報の価値は小さい」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、アレクサンダー・アルボンがチームにもたらすことができるデータは、特に新しいピレリタイヤに関しては“限られた価値”しかないと考えている。

ウィリアムズF1は、テストを実施するための“ミュールカー”を供給することができなかったため、シーズンを通して18インチのタイヤテストを実施しなかった唯一のチームだった。

ニコラス・ラティフィ 「アルボンとはお互いに激しくプッシュできる」

2022年1月11日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「アルボンとはお互いに激しくプッシュできる」
ニコラス・ラティフィは、2022年にウィリアムズF1にチームメイトとして加わるアレクサンダー・アルボンとお互いにプッシュできることを期待していると語る。

1年間グリッドの外にいたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズF1でF1グリッドに復帰する。その間、アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとしてシミュレーター作業を行っていた。

ウィリアムズF1代表 「アレクサンダー・アルボンはチームリーダーを担える」

2022年1月8日
ウィリアムズF1代表 「アレクサンダー・アルボンはチームリーダーを担える」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンが、ジョージ・ラッセルが残したチームリードのマントを引き継ぐことができると語る。

元レッドブルのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、友人でライバルのジョージ・ラッセルがメルセデスF1に昇格した後釜としてウィリアムズF1に加入。F1で2度目のチャンスを掴み取った。

アルボン 「フェルスタッペンのF1王座獲得に0.1%でも貢献できて満足」

2022年1月7日
アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンのF1王座獲得に0.1%でも貢献できて満足」
アレクサンダー・アルボンは、2021年にレッドブルF1のリザーブドライバーとしてマックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得で果たした役割について説明した。

F1パワーユニット時代で初めて、レッドブル・ホンダは、シーズンを通してメルセデスF1と十分に戦えるF1マシンを手にした。過去数年は、序盤はスロースタートで、シーズン終盤にギャップを縮めるものの、時すでに遅しという状況が続いていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム