アルボン F1メキシコGP予選 「トラックリミット違反ではなかったと思う」

2023年10月29日
アレクサンダー・アルボン F1メキシコGP予選 「トラックリミット違反ではなかったと思う」
アレクサンダー・アルボンは、2023年F1第20戦メキシコGPを14番手で優勝。予選Q2の最終ラップでターン2でコースリミットを超えたことに納得していない。

ウィリアムズ・レーシングのアルボンは、予選Q2で9番手タイムを記録してQ3進出を決めていたが、最後のプッシュラップでターン2(オープニングシケインの左側セクション)のトラックリミットを超えたとして削除され、14番手で予選敗退となった。

アレクサンダー・アルボン F1カタールGP決勝後に急性熱中症で搬送

2023年10月9日
アレクサンダー・アルボン F1カタールGP決勝後に急性熱中症で搬送
アレクサンダー・アルボンは、2023年F1第18戦カタールGPの決勝を12位で終えた。

レース後、ウィリアムズ・レーシングは、アルボンが急性熱中症の治療のためメディカルセンターに運ばれたことを明らかにした。「彼は現在、メディカルチームによる診断を受け、問題ないと判断されている」

アレクサンダー・アルボン、ウェイン・テイラーからデイトナ24時に出場?

2023年10月1日
アレクサンダー・アルボン、ウェイン・テイラーからデイトナ24時に出場?
アレクサンダー・アルボンがハイパーカー耐久レースへの参戦を視野に入れていると報じられた。

Auto Motor und Sportによると、ウィリアムズのF1ドライバーは、オフシーズンを利用してデイトナで開催される北米IMSA選手権開幕戦に出場することを望んでいるという。

アルボン、F1のペレスの接触への罰則に苦言「5秒ペナルティじゃ懲りない」

2023年9月27日
アルボン、F1のペレスの接触への罰則に苦言「5秒ペナルティじゃ懲りない」
アレクサンダー・アルボンは、F1の衝突を引き起こした場合の標準的な5秒ペナルティは十分に厳しくなく、「実際ドライバーまったく懲りていない」と述べた。

このアルボンの発言は、シンガポールGP終盤にセルジオ・ペレスに追突されてスピンを喫し、ポイントフィニッシュを逃すというアクシデントを受けてのものだった。

アレクサンダー・アルボン 「鈴鹿サーキットはF1で一番好きなサーキット」

2023年9月20日
アレクサンダー・アルボン 「鈴鹿サーキットはF1で一番好きなサーキット」 F1日本GP
ウィリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントが、2023年F1第17戦日本GPへの意気込みを語った。

過去にホンダのエンジンを搭載するチームに所属していたアルボンは、日本で何度かイベントに出演しており、日本の文化や食べ物が大好きだと語る。

アレックス・アルボン F1シンガポールGP談 「ペレスの動きは楽観的だった」

2023年9月19日
アレックス・アルボン F1シンガポールGP談 「ペレスの動きは楽観的だった」
アレクサンダー・アルボンは、2023年F1第16戦シンガポールGPの決勝を11位でフィニッシュ。レース終盤に接触されたセルジオ・ペレスの動きは「楽観的」だったと語った。

レース終盤、アルボンは9番手を走行してリアム・ローソン(アルファタウリ)を追いかけていたが、ターン13でセルジオ・ペレス(レッドブル)に後ろから追突され、順位を落とした。

アルボン F1シンガポールGP初日にPUトラブル「ペナルティは勘弁」

2023年9月16日
アレクサンダー・アルボン F1シンガポールGP初日にPUトラブル「ペナルティは勘弁」
ウイリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボンは、2023年F1第16戦シンガポールGPのFP2でトラブルに見舞われた後、パワーユニット交換によるグリッドペナルティは回避できると信じていると語った。

アルボンは今季、レギュレーションで許可されている4基のパワーユニットをすべて使用したが、パワーユニットのトラブルの疑いを受けて、2回目のプラクティスではわずか5周しか走行できなかった。

アルボン、F1イタリアGP7位 「直線スピードだけで達成できたような結果」

2023年9月4日
アレクサンダー・アルボン、F1イタリアGP7位 「直線スピードだけで達成できたような結果」
アレクサンダー・アルボンは、2023年F1第15戦イタリアGPで7位でフィニッシュし、ウィリアムズのシーズン最高成績に匹敵した結果が、「驚くほどのペース不足」を覆い隠していたと感じている。

アルボンはモンツァでマクラーレンのランド・ノリスを何周もかわして7位でチェッカーを受け、カナダGPに続いて今季2度目となる7位を記録した。

ヘルムート・マルコ 「アルボンがレッドブルF1に戻ることはない」

2023年8月31日
ヘルムート・マルコ 「アルボンがレッドブルF1に戻ることはない」
ヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが好調のアレックス・アルボンと再会するべきだとの提案を無視した。

ウィリアムズのステアリングを握るアルボンは、オランダGPの週末を通じてトップ5かトップ6に入り、決勝では8位でフィニッシュした。これは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトで、2021年に当時不振にあえいでいたアルボンの後任として加入したセルジオ・ペレスにとっては気まずいタイミングでのパフォーマンスとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム