レッドブルF1首脳 「アルボンには最終戦までチャンスを与える」

2020年11月7日
レッドブルF1首脳 「アルボンには最終戦までチャンスを与える」
レッドブルF1は、2021年のドライバーラインナップを決定する前に、シーズンの最後のラップまでアレクサンダー・アルボンに“自分の価値を証明する”ための機会を与えると語る。

ドライバーに厳しいチームとして知られるレッドブル・レーシングだが、外部からの絶え間ない批判にも関わらず、首脳陣はアレクサンダー・アルボンへのサポートを繰り返し表明している。

アレクサンダー・アルボン 「アルファタウリに戻るという選択肢はない」

2020年11月5日
アレクサンダー・アルボン 「アルファタウリに戻るという選択肢はない」 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングのF1シートを維持することだけが重要であり、アルファタウリ・ホンダに戻るという選択肢はないと語る。

毎週、レッドブル・レーシングのセカンドシートについては多くの憶測が繰り広げられている。レッドブルF1の首脳陣もセルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグが2021年のドライバー候補であることを明かしている。

「アルボンはレッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー」とヴィルヌーブ

2020年11月4日
「アルボンはレッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー」とヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、アレクサンダー・アルボンを“レッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー”だと酷評する。

成績不振によって崖っぷちに立たされているアレクサンダー・アルボンだが、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPではポルトガルに続いて再びノーポイントで終了。終始ミッドフィールドを抜け成せなかったアルボンは、特に終盤の単独スピンは印象をさらに悪いものにした。

レッドブルF1首脳、アルボンには寛容も「クビアトの4位は助けにならない」

2020年11月2日
レッドブルF1首脳、アルボンには寛容も「クビアトの4位は助けにならない」
ダニール・クビアトは、2020年シーズン末でレッドブルのF1プログラムを離れることは確定しているようだ。

アルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めているダニール・クビアトは、F1エミリア・ロマーニャGPで4位入賞。レース後、苦戦を強いられているレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンを簡単に上回ったと考えていると述べた。

アレクサンダー・アルボン、最下位15位は「実力を表したものではない」

2020年11月2日
アレクサンダー・アルボン、最下位15位は「実力を表したものではない」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝を完走中最下位となる15位で終えた。

6番手スタートのアレクサンダー・アルボンは、スタートで7番手にポジションを落としたものの、ガスリーのリタイアによって再び6番手に復帰。前を行くシャルル・ルクレール(フェラーリ)がアンダーカットを狙って早めのピットインを行い、これに反応する形で14周目にピットイン。6番手で復帰する。

角田裕毅の存在でアルボンのアルファタウリ・ホンダF1降格は困難?

2020年11月1日
角田裕毅の存在でアルボンのアルファタウリ・ホンダF1降格は困難?
アレクサンダー・アルボンは、2021年のレッドブル・ホンダのドライバーを外された場合、アルファタウリ・ホンダへの降格も難しい状況に陥っているとの見方が強まっている。

今年、レッドブル・ホンダのマシンに苦戦しているアレクサンダー・アルボンはシート喪失の危機が報じられている。レッドブルF1は、アルボンの代わりにセルジオ・ペレスやニコ・ヒュルケンベルグを起用する可能性を示唆している。

アレクサンダー・アルボン 「タイム抹消でリスクを負えなかった」

2020年11月1日
アレクサンダー・アルボン 「タイム抹消でリスクを負えなかった」
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選を6番手で終えた。

予選Q3の1回目のアタックがトラックリミット超過によってタイム抹消となったアレクサンダー・アルボンは、事実上、ワンアタックとなり、6番手で予選を終えた。

レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンの続投が2021年のプランA」

2020年10月31日
レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンの続投が2021年のプランA」
アレクサンダー・アルボンの将来について多くの憶測が飛び交っているが、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルボンの残留が“プランA”だと主張した。

F1ポルトガルGPを12位でフィニッシュしたアレクサンダー・アルボンは苦境に立たされている。アルファタウリ・ホンダF1が2021年もピエール・ガスリーの残留を発表し、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが後任候補に挙げられる中、ペレスはレッドブル・ホンダF1への移籍が“選択肢”であることを認めている。

アレクサンダー・アルボン 「予選は改善しているので課題はスタート」

2020年10月31日
アレクサンダー・アルボン 「予選は改善しているので課題はスタート」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

2021年にレッドブル・ホンダF1のシート喪失が噂されるなか、前戦F1ポルトガルGPでは12位フィニッシュとなってしまったアレクサンダー・アルボン。正念場となるイモラ・サーキットではスタートトーオープニングラップを課題にあげた。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム