レッドブル・ホンダF1、アレクサンダー・アルボンのシャシーを交換

2020年11月28日
レッドブル・ホンダF1、アレクサンダー・アルボンのシャシーを交換 / F1バーレーンGP 2日目
レッドブル・ホンダF1は、F1バーレーンGPの残りの週末に先立ち、FP2でクラッシュを喫したアレクサンダー・アルボンのシャシーを交換した。

初日のフリー走行2回目にアレクサンダー・アルボンは、最終コーナーで膨んで人工芝でコントロールを失ってスピン。タイヤバリアに突っ込み、RB16はチーム代表のクリスチャン・ホーナー曰く「かなりの量」のダメージを負った。

レッドブル・ホンダF1代表、アルボンの事故に苛立ちも「気持ちを切り替えろ」

2020年11月28日
レッドブル・ホンダF1代表、アルボンの事故に苛立ちも「気持ちを切り替えろ」 / F1バーレーンGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1バーレーンGP フリー走行2回目のアレクサンダー・アルボンのクラッシュに“フラストレーション”を感じていることを認めつつも、“すぐに気持ちを切り替えろ”と促した。

アレクサンダー・アルボンは、最終コーナーで膨らんでRB16のコントロールを失ってスピン。後ろ向きになったマシンはタイヤバリアに激しくクラッシュし、マシンは大破した。

アルボン、不要なクラッシュを謝罪「ガレージのみんなに申し訳ない」

2020年11月28日
アルボン、不要なクラッシュを謝罪「ガレージのみんなに申し訳ない」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPのフリー走行2回目にクラッシュを喫し、「ガレージのみんなには申し訳ない」と謝罪した。

FP1ではチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.008秒差の7番手につけたアレクサンダー・アルボン。だが、FP2ではセッション中盤に最終コーナーで大きなクラッシュを喫し、アウト側のウォールにヒットした。

【動画】 レッドブルF1のアレクサンダー・アルボンが大クラッシュ

2020年11月28日
【動画】 レッドブルF1のアレクサンダー・アルボンが大クラッシュ / F1バーレーンGP フリー走行2回目
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、F1バーレーンGPのフリー走行2回目に大クラッシュ。ドライバーに怪我はなかったが、マシンは大きく損傷した。

FP1セッションを7番手で終えたアレクサンダー・アルボンは、ピレリのプロトタイプタイヤで走行した後、ミディアムで7周した後、ソフトタイヤで走行を実施していた。

アレクサンダー・アルボン 「自分の実力を示すレースはまだ3戦ある」

2020年11月27日
アレクサンダー・アルボン 「自分の実力を示すレースはまだ3戦ある」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年に苦しいシーズンを送っているが、最後の3戦でチームに感銘を与えることができれば、2021年もF1シートを維持できると感じていると語る。

アレクサンダー・アルボンにとって、F1トスカーナGPで初表彰台を獲得したことを除けばチームメイトのマックス・フェルスタッペンに近づくことは滅多になく、しばしばミッドフィールドのドライバーに喰われる非常に残念なシーズンとなっている。

アルボン、Wings For Lifeの新アンバサダー就任は残留のヒント?

2020年11月27日
アルボン、Wings For Lifeの新アンバサダー就任は残留のヒント? / レッドブル・ホンダF1
レッドブルF1は、密接に関与している慈善団体であるWings For Lifeの新しいアンバサダーとしてアレクサンダー・アルボンの就任を発表。この協力は、アルボンがレッドブルに滞在することをほのめかしているかもしれない。

Wings For Life Foundationは、脊髄損傷の治療法を見つけることに取り組んでいる。この慈善団体はレッドブルと密接な関係があり、2005年からレッドブルの公式チャリティーパートナーとなっている。

アレクサンダー・アルボン 「RB16は予測可能なマシンに仕上がっている」

2020年11月25日
アレクサンダー・アルボン 「RB16は予測可能なマシンに仕上がっている」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

前戦F1トルコGPでは、予選自己ベストタイとなる4番グリッドを獲得。決勝では滑りやすいコンディションでスピンするまで表彰台を争ったが、最終的に7位でレースを終えた。

レッドブルF1首脳、“2021年のドライバー決定はアブダビGP後”の一点張り

2020年11月20日
レッドブルF1首脳、“2021年のドライバー決定はアブダビGP後”の一点張り
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンが2021年のレッドブル・ホンダのシートを維持する見込みがあるとの主張を崩さないが、F1トルコGPでのスピンによって“表彰台を捨てた”と厳しく評価している。

「マックスとアレックス(アルボン)はタイヤに要求しすぎていた。ルイス(ハミルトン)やセルジオ(ペレス)のよな経験方法なドライバーはそうではなかった」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語った。

アレクサンダー・アルボン、タイ人として初めてF1でリードラップを記録

2020年11月17日
アレクサンダー・アルボン、タイ人として初めてF1でリードラップを記録 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPでタイ人ドライバーとして初めてF1でリードラップを記録した。

英国生まれだが、母親がタイ出身のアレクサンダー・アルボンは、F1にはタイ国籍のドライバーとしてエントリー。過去にタイ国籍で出走したドライバーは、1950〜54シーズンに参戦したビーラポンパーヌデート=パーヌパン親王しかおらず、F1史上2人目のタイ国籍ドライバーとなった。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム