【動画】 ラッセル、アルボンにウィリアムズF1のドライバーを“引き継ぎ”

2022年1月3日
【動画】 ラッセル、アルボンにウィリアムズF1のドライバーを“引き継ぎ”
ジョージ・ラッセルは、2022年に自身の後任を務めるアレクサンダー・アルボンにウィリアムズF1のドライバー業務を引き継いだ。

昨年、レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間主力を外されていたアレクサンダー・アルボンだが、今年、メルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズF1でF1復帰を果たす。

ウィリアムズF1代表 「アルボンとラティフィはまったく同等に扱われる」

2021年12月30日
ウィリアムズF1代表 「アルボンとラティフィはまったく同等に扱われる」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィは、同等に扱われると語る。

1年間、リザーブドライバーとしてレースを離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年はレッドブルを離れ、メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰を果たす。

レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンはアンサング・ヒーロー」

2021年12月17日
レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンはアンサング・ヒーロー」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今季のアレクサンダー・アルボンの貢献を“アンサング・ヒーロー(影の英雄/縁の下の力持ち)”と称賛した。

2020年までレッドブル・ホンダのレギュラードライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンだが、今年はセルジオ・ペレスの加入でシートを失い、レッドブルのテスト兼リザーブドライバーの役割を果たした。

アルボン 「フェルスタッペン/ハミルトンのバトルは“カオスの極み”」

2021年12月8日
レッドブルF1のアルボン 「フェルスタッペン/ハミルトンのバトルは“カオスの極み”」
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとのコース上でのバトルはF1サウジアラビアGPで“カオスの極み”に達したとし、スチュワードの影響力が大きくすぎると感じたと語った。

2021年のF1タイトル争いは、同点で最終決戦を迎えることになったが、F1サウジアラビアGPでのレースは間違いなくこれまでで最も物議を醸すレベルに達した。

アレクサンダー・アルボン、“愛弟子”角田裕毅とカートを楽しむ

2021年11月25日
アレクサンダー・アルボン、“愛弟子”角田裕毅とカートを楽しむ
アレクサンダー・アルボンは、F1サウジアラビアGPまでのインターバルを利用して愛弟子である角田裕毅とカートを楽しんだ。

今年、レッドブルF1のリザーブドライバーを務めているアレクサンダー・アルボンは、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅のコーチ役としてグランプリ週末に角田裕毅をサポートしている。

レッドブルF1特集:アルボンが解説するシミュレータードライバーの役割

2021年11月18日
レッドブルF1特集:アルボンが解説するシミュレータードライバーの役割
レッドブル・レーシング・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、チャンピオン争いを繰り広げるF1チームを支える影の功労者「シムドライバー」の役割について語った。

金曜日にコースへ出たマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがRB16Bでいきなり速さを発揮できるのはなぜか? そこにはいくつかの理由があるが、大きなひとつは、彼らが乗り込む前にレースコンディションとサーキットに合わせてマシンがセットアップされていることだろう。

アルファタウリF1代表 「アルボンは角田裕毅をコーチ役として助けている」

2021年11月6日
アルファタウリF1代表 「アルボンは角田裕毅をコーチ役として助けている」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、元レッドブルのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンが、角田裕毅のコーチ役としてポジティブな影響を与えていると語る。

昨年、レッドブル・ホンダのF1ドライバーを務めたアレクサンダー・アルボンだが、2021年のシートを失って、今季はレッドブルの両チームのリザーブドライバーを務めながら、レッドブルの支援を受けてDTMに参戦して6位でシーズンを終えた。

レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置

2021年10月31日
レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置
レッドブルF1は、リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンに、アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅がF1ドライバーとしての生活に落ち着くことを支援する役割を与えている。

角田裕毅はF1バーレーンGPでポイントを獲得してデビュー戦で強い印象を与えたが、それ以来、合計6回の入賞を果たしているが、特にシーズン中盤まではミスが散在し、アップダウンの激しいシーズンとなった。

アレクサンダー・アルボン 「2022年F1マシンのシミュレーター経験は有利」

2021年10月20日
アレクサンダー・アルボン 「2022年F1マシンのシミュレーター経験は有利」 レッドブルF1で開発作業を担当
アレクサンダー・アルボンは、今シーズンにレッドブルF1の開発ドライバーとしてシミュレーターで2022年F1マシンの開発に携わってきた時間が、来シーズンに有利になると考えている。

今年はレッドブルF1の開発兼リザーブドライバーとしてグランプリレースから離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰することが決定している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム