アレクサンダー・アルボン、F1オランダGPで8位「最高のフィーリングだった」

2023年8月28日
アレクサンダー・アルボン、F1オランダGPで8位「最高のフィーリングだった」
ウィリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボンは、2023年F1第14戦オランダGPの決勝を8位でフィニッシュした。

予選4番手と競争力を見せていたアルボンは、レース開始時の雨でステイアウトすることを選択肢し、44周目まで第1スティントを伸ばすタイヤマネジメントを披露した。

アレクサンダー・アルボン 「向かい風がウィリアムズF1の助けになっている」

2023年8月27日
アレクサンダー・アルボン 「向かい風がウィリアムズF1の助けになっている」
アレックス・アルボンは、ウィリアムズ・レーシングのF1オランダGP予選での活躍はローダウンフォースセッティングの最適化によるものだという主張を否定した。

プラクティスを通じて有望なペースを見せた金曜日、アルボンはウィリアムズが今週末のザントフォールトで力強いパフォーマンスを発揮できると確信していた。

アルボン、ウィリアムズのF1オランダGPでのチャンスに「かなり楽観的」

2023年8月26日
アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズのF1オランダGPでのチャンスに「かなり楽観的」
アレクサンダー・アルボン・アルボンは、金曜日のセッションを両方ともトップ5で終えたことを受けて、オランダGPでのウィリアムズ・レーシングのチャンスについて「楽観的」であることを認めた。

FP1を5番手で終えたアルボンは、FP2では3番手に順位を上げ、最終的にトップタイムのランド・ノリスとはわずか0.2秒の差に終わった。

F1チームの半数が2025年のアレクサンダー・アルボンの獲得を狙う?

2023年8月22日
F1チームの半数が2025年のアレクサンダー・アルボンの獲得を狙う?
F1レポーターのローレンス・バレットは、ウィリアムズのアレックス・アルボンが2025年のF1ドライバー市場の 「キープレーヤー」になりそうだと主張している。

アルボンのF1キャリアは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとの争いに苦戦した2019年から2020年にかけての1シーズン半を経て、レッドブルからサイドラインに追いやられ、ほんの数年前まで不確実性に包まれていた。

ウィリアムズF1のアルボン 「4月時点で2024年マシンでシミュレーター作業」

2023年8月10日
ウィリアムズF1のアルボン 「4月時点で2024年マシンでシミュレーター作業」
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズ・レーシングが将来を見据えて、4月の時点ですでに2024年のF1マシンをシミュレーターで試ていたことを明かした。

新しいチーム代表としてジェームス・ボウルズが加入したウィリアムズは、移行期にあり、その目標は長期的なものだ。元メルセデスF1の戦略責任者であるボウルズは、短期的には犠牲を払ってでもチームをコース上で有利な立場に置くと公言している。

アレクサンダー・アルボン 「リアム・ローソンのF1昇格見送りは正解」

2023年7月26日
アレクサンダー・アルボン 「リアム・ローソンのF1昇格見送りは正解」
アレクサンダー・アルボンは、リアム・ローソンが間もなくF1ドライバーになるとか確信しており、スクーデリア・アルファタウリでF1シートを獲得できなかったことでチャンスを逃したわけではないと信じている。

ニック・デ・フリースを解雇したレッドブルはドライバーアカデミープールからの採用を見送り、代わりに34歳のダニエル・リカルドに昨年末のマクラーレン退団から8カ月ぶりのF1復帰を依頼した。

アレクサンダー・アルボン 「リカルドはF1を離れて悪霊を追い払った」

2023年7月25日
アレクサンダー・アルボン 「リカルドはF1を離れて悪霊を追い払った」
アレクサンダー・アルボンは、ダニエル・リカルドがF1から離れたことで、自分もレッドブル時代に経験したような悪霊が浄化されたと感じている。

アルボンとリカルドは、チームから見放され、別のメーカーで再起のチャンスを得るまでの時間を過ごすという似たような出来事を経験している。

フェラーリF1、2025年にアレクサンダー・アルボンの獲得を狙う?

2023年7月19日
フェラーリF1、2025年にアレクサンダー・アルボンの獲得を狙う?
スクーデリア・フェラーリが、2025年にアレクサンダー・アルボンとの契約に関心を持っていると報じられたが、チーム代表のフレデリック・バスールはこれを否定している。

アルボンは今季、傑出したドライバーの一人としての地位を確立しており、現段階でウィリアムズ・レーシングが獲得した11ポイントのすべてを積み上げている。

ウィリアムズF1代表 「アレックス・アルボンはチームのリーダーになった」

2023年7月15日
ウィリアムズF1代表 「アレックス・アルボンはチームのリーダーになった」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表を務めるジェームス・ボウルズは、アレクサンダー・アルボンがパフォーマンスと結果を引き出せるマシンを手に入れたことで、そのリーダーシップの資質がさらに高まっていると考えている。

カナダGPでアップグレードされたウィリアムズFW45は変貌を遂げ、それに伴ってアルボンのフォームも変化した。モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットで7位という成績を収め、2020年末以来のF1での最高成績となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム