F1アメリカGP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年10月22日
F1 速報 アメリカGP フリー走行2回目
F1アメリカGPのフリー走行2回目が21日(金)、オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムは、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)の1分37秒358。2番手には0.194秒差でダニエル・リカルド(レッドブル)、3番手には0.291秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。

F1アメリカGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2016年10月22日
F1 速報 アメリカGP フリー走行1回目
F1アメリカGPのフリー走行1回目が21日(金)、オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

昨年は雨に見舞われたオースティンだったが、今年は快晴のなかでセッションはスタート。

フリー走行1回目のトップタイムは、ルイス・ハミルトンの1分37秒428。2番手にはチームメイトのニコ・ロズベルグが0.315秒差で続いた。

F1日本GP 結果:ニコ・ロズベルグが鈴鹿初制覇!

2016年10月9日
F1 速報 鈴鹿 日本グランプリ 結果
F1日本GPの決勝レースが9日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

雨の心配もあったF1日本グランプリだが、決勝日の鈴鹿は晴れ。ドライコンディションでレースはスタートした。

スタートでは、2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)が大きく後退。ポールポジションのニコ・ロズベルグ(メルセデス)がリードを築いた。

F1日本GP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2016年10月8日
F1 速報 日本グランプリ 鈴鹿 予選 結果
F1 速報 日本グランプリ 予選 結果
F1日本グランプリの予選が8日(土)、鈴鹿サーキットで行われた。

雨は降らず、予選セッションはドライコンディションで行われた。

ポールポジションを獲得したのは3年連続でニコ・ロズベルグ(メルセデス)。2番手にはチームメイトのルイス・ハミルトンが続き、メルセデスがフロントローを独占した。

F1日本GP フリー走行3回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年10月8日
F1 日本グランプリ 速報 フリー走行3回目
F1日本グランプリのフリー走行3回目が8日(土)、鈴鹿サーキットで行われた。

土曜日の鈴鹿サーキットは、昨日よりも気温が低く、所々路面が濡れた状態でスタート。初日にバランスやタイヤに不安を抱えていたチームにとっては厳しいコンディションでのセッションとなった。

フリー走行3回目のトップタイムは、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)の1分32秒092。

F1日本GP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年10月7日
F1 速報 日本グランプリ 鈴鹿 フリー走行2回目 結果
F1日本GP フリー走行2回目が7日(金)、鈴鹿サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムはニコ・ロズベルグ(メルセデス)の1分32秒250。2番手タイムには0.072秒差でチームメイトのルイス・ハミルトンが続いた。

3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)、4番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続いた。

F1日本GP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年10月7日
F1 速報 鈴鹿 日本GP フリー走行1回目
2016 F1日本GP フリー走行1回目が7日(金)、鈴鹿サーキットで行われた。

快晴の鈴鹿サーキットでいよいよF1日本GPが開幕。サーキットには金曜日から多くのファンが集まった。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはチャンピオンシップリーダーのニコ・ロズベルグ(メルセデス)。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが盤石のスタートを切った。

F1マレーシアGP 結果:ダニエル・リカルドが今季初優勝!

2016年10月2日
F1 2016 マレーシア 結果 速報
F1マレーシアGPの決勝レースが2日(日)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

レースは、1コーナーでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が接触事故を起こしてリタイアする波乱の幕開け。この接触でニコ・ロズベルグ(メルセデス)がスピンを喫して後退し、ポールポジションスタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)が優位にレースを進めていった。

F1マレーシアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2016年10月1日
F1 2016 マレーシア 予選 結果 速報
F1マレーシアGPの予選が1日(土)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。V10時代(2005年)に記録されたコースレーコドの1分32秒582に迫る1分32秒850を記録した。2番手には0.414秒差でニコ・ロズベルグが続いて、メルセデスがフロントローを独占。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム