F1、スプリント予選の“ポールポジション”の扱いを再考

2021年7月27日
F1、スプリント予選の“ポールポジション”の扱いを再考
F1は、スプリント予選の週末における“ポールポジション”の扱いを変更する可能性がある。

新しいスプリント予選のフォーマットがデビューしたF1イギリスGPでは“ポールポジション”と説明できるものとできないものについて混乱があった。

2021年 F1ポイントランキング (第10戦 F1イギリスGP 終了時点)

2021年7月19日
2021年 F1ポイントランキング (第10戦 F1イギリスGP 終了時点)
2021年 F1世界選手権 第10戦 F1オーストリアGPが終了。メルセデスF1が両方のチャンピオンシップにおけるレッドブル・ホンダF1との差を1桁台まで縮めた。

F1イギリスGPの決勝でレッドブル・ホンダF1はノーポイント。メルセデスF1はルイス・ハミルトンが10秒ペナルティを物ともせずに今季4勝目。週末全体で27ポイントを獲得し、前戦終了時点で32ポイント差だったランキング首位のマックス・フェルスタッペンとの差を8ポイントまで縮めた。

F1イギリスGP 結果:母国レースのルイス・ハミルトンが通算99勝目!

2021年7月19日
F1イギリスGP 結果:母国レースのルイス・ハミルトンが通算99勝目!角田裕毅が10位入賞
2021年 F1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPの決勝が7月18日(日)にシルバーストン・サーキットで行われ、母国レースのルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝して今季4勝目を挙げた。

シルバーストンでのレースウイークでは、史上初めて『スプリント予選』が導入され、レース形式での予選が実施された。日曜の“レース”はすでに存在しているため、“スプリントレース”とは呼ばず、『スプリント予選』の呼称となった。

【速報】 F1イギリスGP 決勝 結果:ルイス・ハミルトンが逆転優勝

2021年7月19日
【速報】 F1イギリスGP 決勝 結果:ルイス・ハミルトンが逆転優勝。角田裕毅が10位入賞
F1イギリスGP 決勝の結果速報。2021年 F1世界選手権 第10戦 イギリスGPの決勝レースが7月18日(日)に行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。

ホンダF1エンジン勢は、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が10位入賞。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は11位、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が16位、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はオープニングラップのクラッシュでリアイアを喫してノーポイントに終わった。

F1イギリスGP スプリント予選:フェルスタッペンが4戦連続ポール獲得

2021年7月18日
F1イギリスGP スプリント予選:フェルスタッペンが4戦連続ポール獲得
2021年 F1イギリスGPのスプリント予選が7月17日(土)にシルバーストンで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が制してポールポジションを獲得した。

F1イギリスGPでは史上初めて『スプリント予選』が行われ、レース形式での予選が実施された。日曜の『レース』はすでに存在しているので、“スプリントレース”とは呼ばず、『スプリント予選』の呼称となった。

【速報】 F1スプリント予選 結果:フェルスタッペンが勝利でポール獲得

2021年7月18日
【速報】 F1スプリント予選 結果:フェルスタッペンが勝利でポール獲得
2021年 F1イギリスGP スプリント予選の結果速報。7月17日(土)にレース形式のスプリント予選がシルバーストン・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップでチェカーを受け、決勝のポールポジションを獲得した。

その他ホンダF1エンジン勢は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が12位、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が16位。セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は単独スピンを喫して18番手を走行中の最終ラップ前にピットに入ってリタイアした。

レッドブルF1のフェルスタッペンがトップも駆け引きのセッション

2021年7月17日
F1イギリスGP フリー走行2回目 レポート:レッドブルF1のフェルスタッペンがトップも駆け引きのセッション
2021年 第10戦 F1イギリスGPのフリー走行2回目が7月17日(土)にシルバーストン・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムをマークした。

F1史上初の『スプリント予選』が実施される今週末は通常とはフォーマットが異なり、金曜日に1回目のプラクティスの後、スプリント予選のグリッドを決定する予選が行われ、土曜日に60分の2回目のプラクティスを実施した後、17周のレース形式のスプリント予選が行われる。

【速報】 F1イギリスGP FP2 結果:マックス・フェルスタッペンがトップ

2021年7月17日
【速報】 F1イギリスGP FP2 結果:マックス・フェルスタッペンがトップ。角田裕毅は16番手
F1イギリスGP FP1の結果速報。2021年 F1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPのフリー走行2回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

その他ホンダF1エンジン勢は、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が5番手タイム、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が10番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が16番手タイムで最終プラクティスを終えた。

F1イギリスGP 予選:母国ルイス・ハミルトンが“トップタイム”を記録

2021年7月17日
F1イギリスGP 予選:母国ルイス・ハミルトンが“トップタイム”を記録。フェルスタッペンは0.075秒差で2番手
2021年 F1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPの予選が7月16日(金)にシルバーストン・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が“トップタイム”を記録し、スプリント予選をポールポジションからスタートすることが決定した。

F1史上初のレース形式の『スプリント予選』が実施されるF1イギリスGP。本来ならフリー走行2回目が行われる枠で土曜日のスプリント予選のスターティンググリッドを決めるQ1~Q3のエリミネーション形式での『予選』が行われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム