F1フランスGP フリー走行2:レッドブルF1のフェルスタッペンが初日首位

2021年6月18日
F1フランスGP フリー走行2:レッドブルF1のフェルスタッペンが初日首位。0.008秒の僅差でメルセデスF1のボッタスが2番手
2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPのフリー走行2回目が6月18日(金)にポール・リカール・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

予選・決勝のスタートと同じ時間帯となる現地時間15時から行われた60分間のFP2セッション。気温27度、路面温度45度のドライコンディションでスタートする。

【速報】 F1フランスGP FP2 結果:マックス・フェルスタッペンがトップ

2021年6月18日
【速報】 F1フランスGP FP2 結果:マックス・フェルスタッペンがトップ。角田裕毅は13番手
F1フランスGP FP2の結果速報。2021年のF1世界選手権 第7戦 F1フランスGPのフリー走行2回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

他のホンダF1エンジン勢は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が7番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が12番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が13番手タイムを記録した。

F1フランスGP フリー走行1:ボッタス首位でメルセデスが復調の兆し

2021年6月18日
F1フランスGP フリー走行1:ボッタス首位でメルセデスが復調の兆し。レッドブルF1のフェルスタッペン3番手でホンダF1全4台がトップ10入り
2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPのフリー走行1回目が6月18日(金)にポール・リカール・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

舞台となるポール・リカール(ル・キャステレ)は、非常によく考えて設計されたサーキットレイアウトであり、また、パワーユニットのパワーが必要なサーキットでもある。大規模な改修工事を経て、温暖な冬の気候と複数のレイアウトを設定できる自由度の高さからF1以外のカテゴリーのテスト地として高い人気を誇っている。

【速報】 F1フランスGP FP1 結果:マックス・フェルスタッペンは3番手

2021年6月18日
【速報】 F1フランスGP FP1 結果:マックス・フェルスタッペンは3番手。角田裕毅は10番手
F1フランスGP FP1の結果速報。2021年のF1世界選手権 第7戦 F1フランスGPのフリー走行1回目が行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

ホンダF1エンジン勢は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が4番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が8番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が10番手タイムを記録した。

2021年 F1ポイントランキング (第6戦 F1アゼルバイジャンGP 終了時点)

2021年6月7日
2021年 F1ポイントランキング (第6戦 F1アゼルバイジャンGP 終了時点)
2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPが終了。マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダF1が両方の選手権でポイントリーダーの座を守った。

大波乱となったF1アゼルバイジャンGPでは、レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスが移籍後初優勝して25ポイントを獲得。ランキング3位に浮上した。1位のマックス・フェルスタッペンと2位のルイス・ハミルトンは両者ノーポイントに終わったことで変動はなし。2戦連続ノーポイントに終わったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は4位から6位に順位を下げた。

F1アゼルバイジャンGP 結果:大波乱!ペレスがレッドブルF1移籍後初勝利!

2021年6月7日
F1アゼルバイジャンGP 結果:大波乱!ペレスがレッドブルF1移籍後初勝利!フェルスタッペンとハミルトンはノーポイント
2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースが6月6日(日)にバクー市街地サーキットで行われ、大波乱となったレースでレッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスが移籍後初優勝を飾った。

ペルシャ語で“風の街”を意味するアゼルバイジャンの首都バクーに設置される1周約6000m、20のコーナーを備えたストリートサーキットはベルギーのスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長いコース。メインストレートは2㎞以上に及び、スリップストリームを使ったオーバーテイクも見られる。

【速報】 F1アゼルバイジャンGP 決勝結果:セルジオ・ペレスが優勝!

2021年6月6日
【速報】 F1アゼルバイジャンGP 決勝結果:セルジオ・ペレスが優勝!ガスリー3位表彰台!角田裕毅7位入賞!
2021年 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースの結果速報。6月6日(日)にバクー市街地サーキットで2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝が行われ、レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスが移籍後初勝利を飾った。

ホンダF1エンジン勢は、アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが3位表彰台を獲得。角田裕毅がベストリザルトとなる7位と3台が入賞。レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンはトップ走行中の47周目に左リアタイヤがバーストしてウオールにクラッシュしてリタイアに終わった。

F1アゼルバイジャンGP 予選:ルクレールが2戦連続ポール!赤旗4回!

2021年6月6日
F1アゼルバイジャンGP 予選結果:ルクレールが2戦連続ポール!赤旗4回!レッドブルF1のフェルスタッペン3番手
2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選が6月5日(土)にバクー市街地サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

ペルシャ語で“風の街”を意味するアゼルバイジャンの首都バクーに設置される1周約6000m、20のコーナーを備えたストリートサーキットはベルギーのスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長いコース。メインストレートは2㎞以上に及び、スリップストリームを使ったオーバーテイクも頻繁に見られる。

【速報】 F1アゼルバイジャンGP 予選 結果:フェルスタッペン3番手

2021年6月5日
【速報】 F1アゼルバイジャンGP 予選 結果:フェルスタッペン3番手。角田裕毅はクラッシュで8番手
2021年 F1アゼルバイジャンGPの予選結果。6月5日(土)にバクー市街地サーキットで2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの公式予選が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

ホンダF1勢は、全4台がQ3進出を果たした。Q3初進出の角田裕毅だったが、最後のアタックでクラッシュして全ドライバーが2回目のアタックができず。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム