ホンダ F1、2つ目のチームへの供給に備えて組織を拡大

2016年6月28日
ホンダ F1
ホンダは、今後マクラーレン以外のチームへのパワーユニット供給に前向きな考えを示している。

昨年からマクラーレンに独占的にパワーユニットを供給しているホンダだが、2017年から導入される新ルールでは、複数チームに供給を可能とする必要がある。

だが、マクラーレンのロン・デニスCEOは、ホンダが他チームへパワーユニットを供給することを頑なに拒んでいる。

ホンダ F1 「2年以内に表彰台や勝利を狙える」

2016年6月28日
ホンダ F1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、マクラーレン・ホンダが、2年以内には表彰台や優勝を狙うという目標に向けて順調に進んでいると述べた。

「満足はしていませんが、我々がスタート時に置かれていた位置を考えれば、今年ここまでの成績はまずまずだと言えます」と長谷川祐介は Auto Motor und Sport にコメント。

トロ・ロッソ、セルジオ・セッテ・カマラをシルバーストンテストに起用

2016年6月28日
セルジオ・セッテ・カマラ
トロ・ロッソは、イギリスGP後に行わるインシーズンテストにレッドブルの育成ドライバーであるセルジオ・セッテ・カマラを起用することを発表した。

ブラジル出身のセルジオ・セッテ・カマラ(18歳)は、昨年にF3ヨーロッパ選手権でシングルシーターデビューを果たし、同シリーズ2年目となる今年はランキング7位につけている。

フェルナンド・アロンソ:2016 F1オーストリアGP プレビュー

2016年6月28日
フェルナンド・アロンソ F1 2016 オーストリアGP
フェルナンド・アロンソが、F1オーストリアGPへの意気込みを語った。

フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「バクー・シティ・サーキットの独特な要求の後、僕たちはより従来型のオーストリアのレーストラックに戻る。バクーよりも非常に短いトラックだけど、ミスをする余裕がないのでとてもチャレンジングだ。70年代より周回数は少なくなっているのでグリッドは混戦になるし、列の間はほんのコンマ数秒の差になる」

ジェンソン・バトン:2016 F1オーストリアGP プレビュー

2016年6月28日
ジェンソン・バトン F1 2016 オーストリアGP
ジェンソン・バトンが、F1オーストリアGPへの意気込みを語った。

ジェンソン・バトン (マクラーレン・ホンダ)
「オーストリアのレースは、様々な点で僕のF1キャリア初期を思い起こさせる。2003年にそのトラックで4位でフィニッシュしたし、その後もクラシックなグランプリサーキトという感覚があった。レースがカレンダーから外れていた11年を経て、2014年に僕たちはそこに帰ってきたけど、いくつかエキサイティングなレースが行われている」

ホンダ F1 「ERSを管理してポイントを争いたい」 / F1オーストリアGP

2016年6月28日
ホンダ F1 オーストリアGP 2016
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久が、F1オーストリアGPへの抱負を語った。

長谷川祐介 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「レッドブル・リンクは、美しく、テクニカルなトラックです。最初のアップヒルセクションを上ったら、サーキットの大部分はタイトなコーナーの速いダウンフィルです。一年で最も短いレースのひとつでもあるので、スタート後は、レースを通して戦略を練って、素早く対応していなければならないので、ドライバーとエンジニアにとって激しいバトルになります」

ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグとの関係は“驚くほど良好”

2016年6月27日
ルイス・ハミルトン ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトンは、2016年のF1タイトルを争っているメルセデスのチームメイトであるニコ・ロズベルグとの現在の関係は"驚くほど良い”ものだと語る。

過去2年間はメルセデスの優勢が続いており、2人は心置きなくチャンピオンシップ争いをすることができたが、それと引き替えに両者の関係には大きな軋轢も生じていた。

フェルナンド・アロンソ 「ホンダのパワーユニットが今も最大の制約」

2016年6月27日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダがタイトル争いについて考えられるようになるまでには全体的な競争力の面で“長い道のり”があることを認めている。

昨年、悲惨なシーズンに耐えたマクラーレンとホンダは、冬の間に確かな信頼性とパフォーマンスを手に入れたものの、トップチームとの差はまだ明確なままだ。

【Moto2】 中上貴晶、初優勝に「すべての人に感謝」

2016年6月27日
中上貴晶
中上貴晶が、Moto2での初優勝を振り返った。

Moto2クラスは、予選6番手からトップグループに加わり、10周目でトップに浮上した中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が、後続をジリジリ引き離す好走で、キャリア初優勝を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム