バルテリ・ボッタス 「日本のファンにレースを楽しんでほしい」

2014年10月2日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「鈴鹿はカレンダーのなかで好きなトラックだ。高速コーナーがあって、走るのがとても特別なトラックだし、とても楽しい。ドライバーとしてミスする余地がないので、非常にチャレンジングだけど、その速さがより良い走りにしてくれる」

フェリペ・マッサ 「日本のファンの熱狂ぶりは世界最高レベル」

2014年10月2日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「日本はカレンダーのなかでもベストなサーキットだ。第1セクターはアメージングだし、高低差の変化がトラックのエキサイティングさを増してる。今、僕たちには勢いがあるし、マシンはシンガポール以上にうまく機能してくれるかもしれない」

マーカス・エリクソン 「全日本F3でタイトルを獲得した思い出がある」

2014年10月2日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットの印象を語った。

マーカス・エリクソン (ケータハム)
「日本に初めてのF1レースのために戻るのが待ち切れないよ! とても良い思い出がある国だ。2009年に全日本F3選手権で優勝して、タイトルを獲得した初めてのスウェーデン人になった」

キミ・ライコネン 「鈴鹿は最高のフィーリングを与えてくれる」

2014年10月1日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

キミ・ライコネン (フェラーリ)
「ハイパワーなサーキットだけど、技術的にとてもチャレンジングでもある。なので、僕たちのクルマが上位を走るチームと比較してどのような走りを見せるか楽しみにしている。鈴鹿は大好きだ。古いタイプのレーシングサーキットだし、いつも最高のフィーリングを与えてくれるトラックだ」

ニコニコチャンネル、F1のライブ配信が視聴可能に

2014年10月1日
ニコニコチャンネル F1
フジテレビは1日、ドワンゴが提供する動画配信サービス「ニコニコチャンネル」で、24時間総合編成のインターネット有料チャンネル「フジテレビNEXTsmart」のライブ配信をスタート。ニコニコチャンネルでF1の生中継が視聴可能になった。

フジテレビNEXTsmartは、F1を生中継するCS放送「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」の編成内容の同時放送をベースにした24時間ライブストリーミング。

マクラーレン・ホンダ、2015年のドライバーは「まだ決定していない」

2014年10月1日
マクラーレン・ホンダ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久は、まだ2015年のマクラーレンのドライバーラインナップが決定していないと主張した。

ホンダは、2015年にマクラーレンのエンジン供給元としてF1復帰。そして、新生マクラーレン・ホンダはまだドライバーラインナップを発表していない。

今年はジェンソン・バトンとケビン・マグヌッセンがマクラーレンのドライバーを務めているが、ホンダはフェルナンド・アロンソのようなワールドチャンピオンとの契約を望んでいると噂されている。

小林可夢偉 「ファンの支援のおかげで鈴鹿に戻ってくることができた」

2014年10月1日
小林可夢偉
小林可夢偉がF1日本GPにケータハムから参戦することが正式決定。鈴鹿サーキットでの母国グランプリへの思い、そしてファンにむけて感謝の言葉を述べた。

小林可夢偉 (ケータハム)
「鈴鹿で日本のファンのみんなの前でレースができることにとても興奮しています。このレースを1年以上待っていました。日本GPと鈴鹿は僕にとって常に非常に特別です」

ホンダ、F1パワーユニットの画像を初公開

2014年10月1日
ホンダ
ホンダは、2015年のF1参戦に向け、現在開発中のパワーユニットの画像を世界で初めて公開した。

また、鈴鹿サーキットで開催される「2014 FIA F1 世界選手権シリーズ 第15戦 日本グランプリレース」に伴い、開催前日の10月2日(木)から5日(日)までの期間、サーキット内に設営するHondaブースへの来場者に、現在開発中のパワーユニットの最新映像をホンダサウンドとともに先行公開する。

小林可夢偉、F1日本GPへの出場が決定

2014年10月1日
小林可夢偉
ケータハムは、小林可夢偉をF1日本GPに起用することを発表した。

ケータハムのオーナー交代劇により、小林可夢偉のシートについては様々な憶測が流れているが、母国グランプリとなるF1日本GPでの小林可夢偉の出場が決定。鈴鹿サーキットで小林可夢偉の走りが見れることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム