ホンダ、ベッテルとニューウェイの獲得を希望?

2014年8月28日
ホンダ
セバスチャン・ベッテルとエイドリアン・ニューウェイがマクラーレン・ホンダに移籍ことに同意するかもしれないと元F1チームオーナーで代表者のジャンカルロ・ミナルディは考えている。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰するホンダが、F1プロジェクトを率いるトップドライバーを探しているのは間違いない。

マクラーレン、ストッフェル・ファンドーネのF1昇格を検討

2014年8月27日
ストッフェル・ファンドーネ
マクラーレンは、育成ドライバーのストッフェル・ファンドーネを2015年にF1に参戦させることを検討している。ただし、もう一年GP2でシーズンを過ごす可能性も除外してはいない。

ストッフェル・ファンドーネは、バーレーンでのGP2デビュー戦で優勝。その後やや調子を落としたが、いくつかの表彰台を獲得し、ハンガリーでは2勝目を挙げている。先週末のスパ・フランコルシャンではラファエーレ・マルチェロとスリリングなバトルを繰り広げた。

小林可夢偉、今後のレース復帰は「何も決まっていない」

2014年8月27日
小林可夢偉
小林可夢偉は、今後ケータハムでのレース復帰について何も決まっていないことを明かした。

ケータハムは、F1ベルギーGPで小林可夢偉に代えてアンドレ・ロッテラーを起用。ロッテラーの起用は1戦限りのものであり、ケータハムも小林可夢偉は“今後もチームの一員”であるとしていた。

ロビン・フラインス、ケータハムを離脱か

2014年8月27日
ロビン・フラインス
ロビン・フラインスが、ケータハムを離れることになるかもしれない。

今年、ケータハムのリザーブドライバーとして契約したロビン・フラインスは、一時はレースシートも検討されたほどだった。

しかし、その後、トニー・フェルナンデスがF1チームを売却したことでチーム内の状況は変わってきている。

マックス・フェルスタッペン、F1マシンで初テスト

2014年8月27日
マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは26日、イギリスのロッキンガム・モータースピードウェイで初めてF1マシンをテストした。

来年、史上最年少でトロ・ロッソF1デビューを果たす予定のマックス・フェルスタッペンは、レッドブルの2011年マシン“RB7”を走らせ、今週末のロッテルダム・シティレーシングでのデモ走行に向けて準備を行った。

佐藤公哉、連続完走も不完全燃焼の週末 (GP2)

2014年8月27日
佐藤公哉
佐藤公哉が、ベルギーで開催されたGP2シリーズ第8大会のレース週末を振り返った。

雲は多いものの青空が垣間見えるスパフランコルシャンで8月22日の午後0時より練習走行(45分間)が実施され、佐藤公哉(カンポス・レーシング)はセッション前半に予選を想定したタイムアタック、セッション後半に決勝を想定したロングランを試したが、クルマの調子が優れず1分59秒569の26番手に終わった。

マクラーレン、マーティン・ウィットマーシュの離脱を正式に認める

2014年8月26日
マーティン・ウィットマーシュ
マクラーレンは、元チーム代表のマーティン・ウィットマーシュがチームを離脱したことを認めた。

大不振に終わった2013年シーズンを終え、マーティン・ウィットマーシュはチーム代表の座を退き、その一方で、ロン・デニスがマクラーレン・グループCEOの座に復帰している。

今年、マウラーレンは、エリック・ブーリエをレーシングディレクターに任命し、ジョナサン・ニールがF1チームのCEOを務めているが、マーティン・ウィットマーシュととの契約は継続していた。

ギド・ヴァン・デル・ガルデ、2015年のザウバーのシート獲得に近づく

2014年8月26日
ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、2015年のザウバーのレースシート獲得に近づいているようだ。

オランダの複数のメディアは、ザウバーとギド・ヴァン・デル・ガルデに近い“複数のソース”が両者の交渉がうまく進んでいることを明かした報道。。

Algemeen Dagblad は「情報元は、ヴァン・デル・ガルデがレースシートを保証されたと報告している。内部関係者によれば、わずかだが、今年中に彼が昇格する可能性もあるという」 と報道。

ルイス・ハミルトン 「ニコ・ロズベルグの走りは信頼できない」

2014年8月26日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPで接触事故を起こしたチームメイトのニコ・ロズベルグとの今後のバトルは慎重になるだろうと述べた。

ルイス・ハミルトンは、スタート時にニコ・ロズベルグを抜いて首位に立ったが、ロズベルグが2周目のレ・コームでポジションを取り戻そうと仕掛けてきた際にハミルトンと接触し、ハミルトンは左リアタイヤがパンクした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム