マクラーレン・ホンダ:アロンソが11位完走 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、F1バーレーンGPの決勝レースで、フェルナンド・アロンソが11位完走。ジェンソン・バトンは、マシントラブルによりレースに出場することができなかった。

フェルナンド・アロンソ (11位)
「トップ10に入るにはまだ十分に速くなかったけど、僕たちはレースを完走して、クルマでまた貴重な経験を得ることができた。それが僕たちのメインの目的だった」

ホンダ 「継続している作業に自信を持っている」 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
ホンダ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久が、F1バーレーンGPの決勝レースと今後のレースについて語った。

新井康久 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「今日はフェルナンドが入賞圏内にあと一歩のところでフィニッシュしましたし、それは我々にとってもうひとつのポジティブな前進です。日々、私は進化を実感していますし、我々が継続して行っている作業に自信を持っています」

メルセデス:ハミルトンがポール・トゥ・ウィン / F1バーレーンGP

2015年4月20日
メルセデス F1バーレーンGP 結果
メルセデスは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ルイス・ハミルトンが優勝、ニコ・ロズベルグが3位だった。

ルイス・ハミルトン (優勝)
「結果には本当に満足している。誰が相手かは重要ではない。いつも全員を倒そうとしているからね。でも、ニコだけでなく、フェラーリとも戦えたのは素晴らしいことだ。メルセデスは去年のグリッドのベストチームだったと思うけど、今、フェラーリは、本当に僕たちをハードにプッシュしている」

ザウバー:ポイント獲得ならず / F1バーレーンGP

2015年4月20日
ザウバー F1バーレーンGP 結果
ザウバーは、F1バーレーンGPの決勝レースで、フェリペ・ナスルが12位、マーカス・エリクソンが15位だった。

フェリペ・ナスル (12位)
「1周目は難しかったし、ターン1で押し込まれてしまい、いくつかポジションを失ってしまった。その後はトラフィックにはまってしまい、第1スティント全体でレースペースが犠牲になった。レースが進んで、何周かにわたってパワーを失って、ポジションを落としてしまった」

マノー・マルシャ:2戦連続ダブル完走 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
マノー・マルシャ F1バーレーンGP 結果
マノー・マルシャは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ウィル・スティーブンスが16位、ロベルト・メルヒが17位だった。

ウィル・スティーブンス (16位)
「全体的にレースにはかなり満足している。マルドナドがグリッドポジションを外れていて、ベストなスタートを切ることができなかったし、それによってロベルトに前に出られてしまった」

ロータス:ロマン・グロージャンが7位入賞 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
ロータス F1バーレーンGP 結果
ロータスは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが7位、パストール・マルドナドが14位だった。

ロマン・グロージャン (7位)
「これまで厳しい週末だったので、また7位を獲得できたのは素晴らしいことだ。特に多くのオーバーテイクがあって、今日のレースは素晴らしかった」

ウィリアムズ:バルテリ・ボッタスが4位入賞 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
ウィリアムズ F1バーレーンGP 結果
ウィリアムズは、F1バーレーンGPの決勝レースで、バルテリ・ボッタスが4位、フェリペ・マッサが10位だった。

バルテリ・ボッタス (4位)
「レースには満足しているし、4位を嬉しく思っている。フェリペにスタートで問題が発生してしまったのはチームにとって本当に残念なことだ。孤独なレースだったけど、最後の20周はとてもタフだった」

レッドブル:2台揃ってポイント獲得 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
レッドブル F1バーレーンGP 結果
レッドブルは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ダニール・クビアトが9位だった。

ダニエル・リカルド (6位)
「できるだけのことがやれたレースだと思うし、6位でフィニッシュするためにいい走りができたと思う。シャシーはうまく機能していたし、コーナーでもまずまずだった。ヨーロッパに移動するけど、さらにグリッドを挙げて、改善し続けるかどうか見てみるつもりだ」

フォース・インディア:セルジオ・ペレスが8位入賞 / F1バーレーンGP

2015年4月20日
フォース・インディア F1バーレーンGP 結果
フォース・インディアは、F1バーレーンGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが8位、ニコ・ヒュルケンベルグが13位だった。

セルジオ・ペレス (8位)
「8位はとても気分がいいし、とても満足している。今日はポイントを獲得する大きなチャンスだったし、チーム全体にとって素晴らしい報いだ。レース前は2ストップ戦略が可能かは確かではなかった。タイヤデグラデーションは高いと考えていたけど、チームはそれを実現するために素晴らしい仕事をしてくれた」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム