ロバート・クビサ、ルノーとの短期契約を解消との報道

2017年9月12日
ロバート・クビサ ルノーF1
ロバート・クビサが、ルノーと交わした短期契約の解消を求めたと報じられている。

今年、ロバート・クビサは、ルノーのプライベートテストで6年ぶりにF1カーをドライブ。ハンガリーテストでは2017年F1マシンで印象的な走りを披露。また、グッドウッド・フェルティバル・オブ・スピードではルノーのイエローとブラックの公式レーシングスーツを着用してデモ走行を披露するなど、ルノーでのF1復帰が噂されていた。

カルロス・サインツ、ルノー移籍報道に口を閉ざす

2017年9月12日
カルロス・サインツJr. ルノーF1
カルロス・サインツは、ルノー移籍が合意に達したとの報道に口を閉ざしている。

カルロス・サインツは、マクラーレンのルノーへのパワーユニット変更を軸とした契約の中心的存在とされており、2018年にルノーに移籍する契約にサインしたとされている。

契約は基本的に2018年からのものだが、早ければ数週間後のF1マレーシアGPでカルロス・サインツがルノーのマシンに乗る可能性さえ報じられている。

ルノーF1 「Halo導入により2018年マシンの再設計が必要になった」

2017年9月11日
ルノーF1 Halo
ルノーF1のテクニカルディレクターを務めるニック・チェスターは、2018年に導入されるコックピット保護デバイス『Halo』によって、2018年F1マシンのデザインに構造変更が必要となっており、“大きなチャレンジ”をもたらしていると語った。

FIAは、2018年にF1マシンへの『Halo』の搭載を義務化。多くのチームがマシンの空力への影響を抑えるために2018年F1マシンの初期開発の再設計を強いられた。

カルロス・サインツ、F1マレーシアGPでルノーに電撃移籍との報道

2017年9月11日
カルロス・サインツJr. ルノーF1 ホンダF1 マクラーレン
カルロス・サインツのルノー移籍が成立し、早ければF1マレーシアGPで電撃移籍を果たすと Motorsport-Total.com が報道。マクラーレンとホンダを中心とした複雑な契約が動き出したという。

報道によると、このカルロス・サインツのトロ・ロッソからルノーへの移籍は、マクラーレンとホンダのパートナーシップ解消を中心とした複雑な契約の基軸となる動きだという。

ルノーF1 「ワークスチームを犠牲にしてでもレッドブルの信頼性を向上」

2017年9月9日
ルノーF1 レッドブル・レーシング
ルノーは、ワークスチームを犠牲にしてでもレッドブルに供給するF1パワーユニットの信頼性を向上させるために対策を行っているとし、さらにF1シンガポールGPからはレッドブルに選任スタッフを派遣する。

今シーズン、レッドブルはルノーのF1パワーユニットの信頼性に不満を露わにしている。マックス・フェルスタペンは、12戦中6戦でリタイア。うち4回がルノーのメカニカルトラブルが原因となっている。

メルセデス、エステバン・オコンのルノー移籍を画策?

2017年9月9日
エステバン・オコン フォース・インディア
メルセデスは、ジュニアドライバーのエステバン・オコンをルノーに移籍させることを画策していると報じられている。

ルノーの2018年のニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトの座は不確定となっており、フォース・インディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンもその候補に挙がっている。

レッドブルとルノー、トロ・ロッソの契約解消で基本合意との報道

2017年9月8日
ルノーF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
レッドブルとルノーが、トロ・ロッソとのF1エンジン契約を解消することで基本合意したと報じられている。

マクラーレン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソ&レッドブルが絡んだ2018年のF1エンジンを巡る“複雑な状況”は早ければ今週中にも決着がつくとも言われている。

マクラーレンとルノー、トロ・ロッソの決断を待つ

2017年9月6日
マクラーレン ホンダF1 ルノーF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
マクラーレン・ルノーが誕生するかどうかは、トロ・ロッソの決断に委ねられている。

モンツァでは、マクラレーン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソ&レッドブル、FIAの上層部がそれぞれ会談。マクラーレンとホンダの決別は決定的だと思われている。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は「まだ彼らを説得するために良いパフォーマンスを生み出すために努力しています」とコメント。

マクラーレンとルノーの交渉の鍵を握るのはカルロス・サインツ?

2017年9月5日
マクラーレン ルノーF1
マクラーレンとルノーのF1エンジン契約の鍵を握るのはカルロス・サインツかもしれない。

マクラーレンが、2018年F1シーズンにホンダからルノーにエンジンを変更することを望んでいるのは明らかだが、そこにはマクレーレン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソ、レッドブルが絡む“複雑”な状況が存在している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム