マクラーレン・ルノー、まもなく誕生との報道

2017年9月5日
マクラーレン ルノーF1
マクラーレンが、2018年にホンダからルノーにF1パワーユニットを変更することをまもなく発表すると見出しが海外メディアを賑わせている。

モンツァでは、マクラーレンとルノーが交渉。ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史も日本から急遽モンツァ入りし、2018年に向けた交渉が行われた。

ルノー、4チーム供給を拒否…マクラーレンの運命はトロ・ロッソ次第

2017年9月4日
ルノーF1 マクラーレン
ルノーは、2018年に4チームへ供給するにはあまりに遅すぎると考えており、マクラーレンが2018年にルノーのエンジンを得られるかどうは、トロ・ロッソがホンダに変更することにかかっている。

マクラーレンは、ホンダとの将来を決断する前に、トロ・ロッソのエンジン状況が確定することを待っている。トロ・ロッソとホンダの交渉に深く関与しているレッドブルの上層部は、契約の最終期限を3日(日)の午後6時に設定している。

ルノー:トップスピード不足で厳しいレース / F1イタリアGP

2017年9月4日
ルノーF1 イタリアグランプリ
ルノーは、F1イタリアGPの決勝で ニコ・ヒュルケンベルグが13位、ジョリオン・パーマーがリタイアでレースを終えた。

ニコ・ヒュルケンベルグ (13位)
「残念ながら、ちょっと苦しいレースだったし、今日はポイントを獲得することはできなかった。予想していた通り、僕たちはトップスピードが欠けていたし、前のクルマと戦うことができなかった」

レッドブル 「マクラーレンとルノーの契約に拒否権は行使しない」

2017年9月4日
マクラーレン ルノーF1
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、マクラーレンとルノーとの契約に対する拒否権を有しているが、行使することはないと述べた。

現在、2018年にトロ・ロッソがホンダにエンジンを変更し、マクラーレンがルノーに変更するというシナリオで交渉が進められているとされている。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルはルノーととy既契約を結んでおり、ルノーが他チームと契約することへの拒否権を有していることを Sky F1 に明かした。

ルノー:インターミディエイトを機能させられず / F1イタリアGP予選

2017年9月3日
ルノーF1 イタリアグランプリ
ルノーは、F1イタリアGPの予選で ニコ・ヒュルケンベルグが12番手、ジョリオン・パーマーが17番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (予選12番手)
「今日はトリッキーだったし、特にインターミディエイトタイヤでは、グリップもバランスも得られなくて、石鹸の上を走っているような感じだった」

ルノーの両ドライバー、エンジン交換でグリッド降格 / F1イタリアGP

2017年9月2日
ルノーF1 イタリアグランプリ
ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーは、F1イタリアGPの決勝にむけてパワーユニットのエレメントを交換。グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

ニコ・ヒュルケンベルグは5基目のMGU-Hを投入して10グリッド降格。ジョリオン・パーマーはターボタージャーとMGU-Hを5基目にしたことで15グリッド降格ペナルティが科させられる。

ルノー:F1イタリアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月2日
ルノーF1 イタリアグランプリ
ルノーは、F1イタリアGPの金曜フリー走行で ニコ・ヒュルケンベルグが12番手タイム、ジョリオン・パーマーが13番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (12番手)
「かなりスタンダードな金曜日だった。バランスは良かったけど、僕たちはモンツァのいつも通りの課題を抱えている。トップスピードは僕たちの強みではないので、土曜日と日曜日にむけて対処方法を確認する必要がある」

ルノー、アロンソ加入をやんわり拒絶 「彼の期待には応えられない」

2017年8月30日
ルノーF1 フェルナンド・アロンソ
ルノーは、2018年にフェルナンド・アロンソの期待に応える準備はできておらず、まだアロンソが来るべきチームではないと加入を拒んでいる。

フェルナンド・アロンソは、2003年から2006年にルノーで在籍し、その間に2度のワールドチャンピオンを獲得。その後、2008年から2009年にもルノーでレースをしている。

ニコ・ヒュルケンベルグ:2017 F1イタリアGP プレビュー

2017年8月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1 イタリアグランプリ
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1イタリアGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
「モンツァはとてもユニークな場所だ。信じられないくらい特別で多くの歴史を持っている。実際のトラックという点では、高速レイアウトなので、クルマはトップスピード向きのローダウンフォース仕様になる。そのようなローダウンフォースでは気持ち悪く感じることがある。クルマは軽く、浮いているように感じて、ちょっと変な感じになるからね」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム