「ダニエル・リカルドは道化師で終わってはいけない」とF1司会者

2019年12月11日
「ダニエル・リカルドは道化師で終わってはいけない」とF1司会者
Ziggo Sport の司会者のオラフ・モルは、2019年の5つの大失敗リストの1つとして、ダニエル・リカルドを挙げ、パドックの“道化師”になるのではなく、身を入れて取り組まなければならないと語る。

今年、レッドブルからルノーF1チームに移籍したダニエル・リカルドは、チームの成功の鍵になることが期待されていた。しかし、現実はそうはいかなかった。

ガスプロム、ルノーF1かアルファタウリのタイトルスポンサーに就任?

2019年12月10日
ガスプロム、ルノーF1かルファタウリのタイトルスポンサーに就任?
ロシアのエネルギー大手ガスプロムが、アルファタウリ(現トロロッソ)およびルノーF1チームについてタイトルスポンサー契約について交渉を行っているとGPToday.net が報じた。

ガスプロムはロシア最大の石油会社であり、世界最大の天然ガス会社。2002年と2003年にミナルディのスポンサーを務めていた。現在、F1では持続可能性と燃料の分野で進歩を踏み出そうとしており、同社はF1に関与することに関心を持っているという。

ルノーF1、決勝スタートタイヤルールの廃止に反対した3強チームを批判

2019年12月10日
ルノーF1、決勝スタートタイヤルールの廃止に反対した3強チームを批判
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、決勝スタートタイヤの“愚かな規則”は廃止すべきだと述べ、2020年からルールを変更することに反対したF1のトップチームを非難した。

現状、予選Q3に進出したドライバーは、決勝レースをQ2でタイムを記録したタイヤでスタートすることが義務付けられており、11番手以降のドライバーはタイヤを自由に選択できる。

ルノーF1 「レースでの我々のF1エンジンの競争力はフェラーリと同等」

2019年12月9日
ルノーF1 「レースでの我々のF1エンジンの競争力はフェラーリと同等」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーのF1エンジンがフェラーリと並んでパワーランキングのトップに躍り出たと大胆な主張をしている。

ルノーF1チームの2019年シーズンはチームの期待に応えることができず、コンストラクターズ選手権でエンジンカスタマーのマクラーレンを下回るランキング5位でシーズンを終えた。

ルノー、F1最強エンジンだと主張 「ホンダのF1エンジンより強力」

2019年12月7日
ルノー、F1最強エンジンだと主張 「ホンダのF1エンジンより強力」
ルノーのF1チーム代表シリル・アビテブールは、ルノーはF1で“最強のF1エンジン”を持っていると主張する。

今年はホンダのF1エンジンの進歩が脚光を浴び、メルセデスやフェラーリに匹敵するレベルに達したと報じられる一方で、ルノーのF1エンジンはホンダに遅れをとったというのパドックの見方でもある。

ルノーF1チーム、ニック・チェスターの離脱を発表

2019年12月7日
ルノーF1チーム、ニック・チェスターの離脱を発表
ルノーF1チームのシャシー担当テクニカルディレクターを務めてきたニック・チェスターが、技術部門再編の一環としてチームを離れることが発表された。

ニック・チェスターは、2000年に当時ベネトンだったチームにレースエンジニアとして加入し、チームがワークスルノー、ロータス、そして、再びルノーに姿を変えるなかで複数の役割を担い続けてきた。

エステバン・オコン、ルノーF1と初仕事「この日を待ちわびていた」

2019年12月4日
エステバン・オコン、ルノーF1と初仕事「この日を待ちわびていた」
エステバン・オコンは、12月3日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで行われたF1アブダビテストで2020年のルノーのF1ドライバーとして正式に仕事を開始。ルノーF1との初走行は“素晴らしい気持ち”だったと語る。

2018年末にレーシングポイント(旧フォース・インディア)のシートを喪失したエステバン・オコンは、今年をメルセデスのリザーブドライバーとして過ごした。

エステバン・オコン 「ルノーF1チームとの非常にエキサイティングな初日」

2019年12月4日
エステバン・オコン 「ルノーF1チームとの非常にエキサイティングな初日」
エステバンン・オコンは、F1アブダビテスト初日にルノーのレースドライバーとしての仕事を開始。“とてもエキサイティングな初日”だったと振り返った。

2020年にニコ・ヒュルケンベルグに代わってルノーのF1ドライバーを務めるエステバン・オコンは、ルノー R.S.19で77周を走行して8番手タイムをマークした。

ルノーF1チーム | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
ルノーF1チーム
ルノーF1チームは、F1アブダビGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが11位、ニコ・ヒュルケンベルグが13位でレースを終えた。

今季、ルノーF1チームはダニエル・リカルドが54ポイントを獲得してランキング9位、ニコ・ヒュルケンベルグは37ポイントを獲得して14位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は5位だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム