レーシング・ポイントF1論争:どの部品を自ら構築する必要があるのか

2020年3月3日
レーシング・ポイントF1論争:どの部品を自ら構築する必要があるのか
レーシング・ポイントF1チームは、2020年のF1バルセロナテストを通して話題となった。チームが発表した新車RP20は、昨年タイトルを獲得したメルセデスW10に酷似しているからだ。

だが、レーシング・ポイントF1チームは、合法的な枠組みの中でRP20を生み出したことを強調している。では、F1チームはレギュレーションに従ってF1マシンのどの部分を自ら開発しなければならないのだろうか。

レーシング・ポイントF1 「マクラーレンは我々のマシンに嫉妬している」

2020年3月2日
レーシング・ポイントF1 「マクラーレンは我々のマシンに嫉妬している」
レーシング・ポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、マクラーレンのようなチームは“ピンク・メルセデス”と呼ばれている同チームのマシンに嫉妬していると語る。

マクラレーンもしくはルノーF1チームは、メルボルンでレーシング・ポイントの2020年マシンRP20について正式に異議を申し立てる可能性を除外していないと噂されている。

カルロス・サインツ 「レーシング・ポイントはまだペースを隠している」

2020年3月2日
カルロス・サインツ 「レーシング・ポイントはまだペースを隠している」
マクラーレンのF1ドライバーであるカルロス・サインツは、レーシング・ポイントF1チームはまだ物議を醸している“ピンク・メルセデス”のペースを隠しており、2020年のF1世界選手権で代表的なミッドフィールドチームの1つになると考えている。

レーシング・ポイントの新車PR20は、以前のマシンとは大幅にコンセプトを変更し、全体的なコンセプトと空力コンセプトに関して昨年のチャンピオンマシンであるメルセデスW10と多くの共通点を持っている。そのため、ライバルチームは“懸念”と“不満”を表明している。

レーシング・ポイントF1、RP20の競争力に自信 「目標は打倒フェラーリ」

2020年3月1日
レーシング・ポイントF1、RP20の競争力に自信 「目標は打倒フェラーリ」
レーシング・ポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、シーズン序盤戦にチームがフェラーリにとって脅威となるという考えを否定しない。

レーシング・ポイントF1チームは、昨年のタイトル獲得マシンであるメルセデスW10からインスピレーションを受けた“ピンク・メルセデス”と称されるRP20でプレシーズンテストで強力なスタートを切った。

フェラーリ 「2020年のレーシング・ポイントF1チームは脅威」

2020年3月1日
フェラーリ 「2020年のレーシング・ポイントF1チームは脅威」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2020年のF1世界選手権でレーシング・ポイントF1チームを脅威に感じていることを認める。

真の勢力図は3月14日の予選までわからないが、F1プレシーズンテストのパフォーマンスを受け、フェラーリはメルセデスやレッドブル・ホンダに挑戦するのは厳しく、レーシング・ポイントに負ける可能性さえあると考える人が増えている。

マクラーレン 「レーシング・ポイントではなく“コピー・ポイント”」

2020年2月29日
マクラーレン 「レーシング・ポイントではなく“コピー・ポイント”」
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、レーシング・ポイントF1チームはすでにピットレーンで“コピー・ポイント”と呼ばれていると語る。

レーシング・ポイントF1チームの新車RP20は、昨年タイトルを獲得したメルセデスW10に酷似していることから“ピンク・メルセデス”と揶揄されている。ただ、その見た目だけでなく、F1バルセロナテストでは高いパフォーマンスを発揮しており、一部チームは不満を述べている。

レーシング・ポイントF1、ピンク・メルセデスへの苦情は「単なる怠慢」

2020年2月29日
レーシング・ポイントF1、ピンク・メルセデスへの苦情は「単なる怠慢」
レーシング・ポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、“ピンク・メルセデス”と称される新車RP20への苦情はフラストレーションから生まれたものであり、他チームは2020年にむけて「積極的に立ち向かおうとしていない」と付け加えた。

いくつかのチームは、昨年タイトルを獲得したメルセデスW10に酷似したRP20に批判的だが、アンディ・グリーンは、セルジオ・ペレスがプレシーズンテストでのチームのベストタイムを記録したことを例に挙げ、チームの設計アプローチを擁護した。

レーシングポイントF1の“ピンク・メルセデス”をライバルチームが抗議か

2020年2月28日
レーシングポイントF1の“ピンク・メルセデス”をライバルチームが抗議か
レーシング・ポイントF1チームの“ピンク・メルセデス”をライバルチームが抗議するとの噂が広がっている。

レーシング・ポイントF1チームの2020年F1マシン『RP20』は昨年のタイトル獲得マシンであるメルセデスW10に酷似しており、見た目だけでなく、パフォーマンス面でもマクラーレンやルノーを飛び越えて“ベスト・オブ・ザ・レスト”のポジションを獲得する可能性があると考えられている。

F1 | レーシング・ポイントはフェラーリやレッドブル・ホンダを脅かす?

2020年2月27日
F1 レーシング・ポイントはフェラーリやレッドブル・ホンダを脅かす?
レーシング・ポイントF1チームは、2020年のミッドフィールドのトップに躍り出たようだ。

昨年、レーシング・ポイントF1チームはコンストラクターズ選手権を7位で終了したが、新しいオーナーのローレンス・ストロールと新しいアプローチのおかげで資金が増え、“ピンク・メルセデス”が生み出された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム