セルジオ・ペレス、ウィリアムズF1移籍報道も「交渉は非公開にしたい」
セルジオ・ペレスは、ウィリアムズF1への移籍が噂されているが、まだどのチームとも2021年の契約にサインしていないとコメント。しかし、自身の将来は“すぐに”解決するだろうとF1ポルトガルGPの木曜記者会見で語った。

レーシング・ポイントF1は、アストンマーティンに名前を変える2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと契約することを選択。チームから放出されるセルジオ・ペレスは、F1に留まりたいう願望を繰り返している。

今週初め、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンを継続しないことを選択した場合、セルジオ・ペレスが候補者であると示唆したが、アルファロメオとハースF1への潜在的な移籍の可能性は低くなっている。

現在、ウィリアムズF1のドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、2021年もチームに残留すると強調しているが、ウィリアムズF1の新しい所有者はセルジオ・ペレスの獲得を希望していると理解されている。

「何もサインしてはいない」とセルジオ・ペレスは語った。

「現時点では、報告したり言わなければならないことはあまりない」

「シーズンが終わりに近づいているので、まもなく何かを言うことができるようになるはずだ」

「でも、今のところ、交渉を非公開にしておきたいし、何かを与えることに意味はないと思う」

「僕たちは交渉しているすべてのチームを尊重しなければならないと思うので、現時点では何かを議論しても意味はない」

それでも、どれくらいのチームと交渉しているかと追及されたセルジオ・ペレスは「多くのチームは残っていないよね! 実際には非常に少ない」とコメント。

「数字は教えたくないけど、僕を本当に引き込んで、僕が参加したいと思うような良いプロジェクトを持っているチームはごくわずかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ウィリアムズ / レーシングポイント / F1ポルトガルGP