ルノーF1 「レーシング・ポイントが3位争いのチームのなかで最速」
ルノーF1のスポーツディレクターを務めるアラン・パーメインは、ライバルのレーシング・ポイントは、コンストラクターズ選手権の3位争いのなかで最速のマシンを持っていると語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでダニエル・リカルドが3位表彰台を獲得したルノーF1は、コンストラクターズ選手権でマクラーレンとレーシング・ポイントを1ポイント上回ってランキング3位に浮上した。

しかし、アラン・パーメインは、3チームのなかで最速なのは以前としてレーシング・ポイントだと語る。

「残り4レースで、ルノーはマクラーレンとレーシングポイントを1ポイント上回って3位に浮上した」とアラン・パーメインは語る。

「残念ながら、3台の中で最速なのはピンク色のマシンだ。彼らのペースを見ると、また、チェコがフィールドを通ってカムバックを果たしたポルティマオを見れば、彼のペースはとにかく信じられないほどだった。彼がいなくなっていなければ、彼はずっと上位にいただろう」

「しかし、ニュルブルクリンクでは我々は彼らを打ち負かした。『簡単』にとは言わないが、ちょっとした紺頼、バーチャルセーフティカーのアドンバテージを得ようとしてかなり早めにダニエルをピットに入れた戦略などがなく、長く走っていれば、彼にとって楽な仕事だっただろう。

「だから、サーキットに少し依存していると思う。数週間前のダニエルのコメント、信頼性に帰着するものだったと思います。それも重要であり、毎週、両方のマシンをポイント圏内に入れる必要がある」

ルノーは、レーシング・ポイントのリアブレーキダクトに抗議し、レーシング・ポイントはコンストラクターズ選手権から15ポイントを剥奪されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レーシングポイント