セルジオ・ペレス、レッドブルF1の決断の遅れに「サバティカルも選択肢」 / F1トルコGP 木曜記者会見
セルジオ・ペレスは、レッドブルF1が2021年のドライバー決定に時間をかけていることで、自分は来季のF1グリッドに並べない可能性が高くなっていると認める。

今年、セルジオ・ペレスは出場したすべてのレースでポイントを獲得し、ドライバーズ選手権で6位につけているが、2021年からアストンマーティンF1へと名前を変えるレーシング・ポイントのシートを維持するには十分ではなかった。

チームは、今シーズン限りでセルジオ・ペレスを放出し、2021年のアストンマーティンは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルがランス・ストロールのチームメイトとして加入することを決定している。

その後、セルジオ・ペレスは、アルファロメオ、ハース、ウィリアムズと含めた多くのチームへの移籍が噂されてきたが、ハース以外はドライバーを確定させており、現時点でペレスに残された来季の選択肢はレッドブルのみと考えられている。

レッドブルF1は、2021年にアレクサンダー・アルボンをより経験豊富なドライバーに置き換えるかどうかを検討しており、セルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグが候補であることを明らかにしている。

F1トルコGPに先立った記者会見で将来について報告できる最新情報はあるかと質問されたセルジオ・ペレスは「まだ何もない」と語った。

「とにかく待ってみなければならない。シーズンはもうすぐ終わりに近づいている」とセルジオ・ペレスはコメント。

「前にも言ったように、そのチームが彼らのドライバーを発表するまで、すべてがオプションだ。ラインアップを発表していないすべてのチームがオプションだ。どうなるか見てみるつもりだ」

しかし、アレクサンダー・アルボンの悲惨なフォームにもかかわらず、レッドブルF1は今シーズン最終戦のアブダビGPまでアルボンに2021年のシートを確保するのチャンスを与えるつもりだとしている。

したがって、セルジオ・ペレスは2021年に“サバティカル”を取らなければならない可能性に備えていると語る。

「シーズン終了までそれほど遠くないので、間違いなく自分の計画を知る必要がある。すべてを計画できるようにするには、僕サイドでも何が起こるかを知る必要があります」とセルジオ・ペレスは述べた。

「それが起こるのにはもう遅すぎるし、僕たちはすでに12月に近づいている。その点でこれ以上付け加えることはない」

「もうすべてがあまりに遅い段階だし、F1を続けるかどうかは今年のかなり遅い時期にならないとわかるように思う。だから、サバティカルもオプションだと思っている。今後数週間で何が起こるかを見ていくつもりだ」

「来年はF1でマシンに乗っているのか、自宅のソファに座っているかのどちらかだし、今年のかなり後半にわかるだろう。もう多くの選択肢はない」

セルジオ・ペレスはここ数週間でウィリアムズF1への移籍と最も強く噂されていたが、チームは来年の計画どおりにジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィを維持することを確認した。

ウィリアムズF1との話し合いはどれだけ進んでいたかと質問されたセルジオ・ペレスは「僕はいつも話し合いを非公開にしてきた。それが常にあるべき姿だと思う」とコメント。

「それ以上はあまり意味がない。何も起こらなかったし、議論する意味はあまりないと思う。いくつかの話し合いがあったけど、それ以上のことはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / レーシングポイント