F1アメリカGP | COTAのターン16&17に縁石を追加

2018年10月18日
F1 アメリカGP
F1アメリカGPに先駆け、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのターン16&17に縁石が追加された。

昨年のF1アメリカGPでは、最終ラップのターン17でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がキミ・ライコネン(フェラーリ)をかわして3位でフィニッシュラインを通過した。

ホンダF1 「エネルギーマネージメントの調整を進める必要がある」

2018年10月18日
F1 ホンダF1 アメリカグランプリ
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのおけるパワーユニット(PU)の調整について語った。

ホンダF1は、母国グランプリとなった日本GPに“スペック3”エンジンを実戦投入。決勝は戦略が機能せず、タイヤ磨耗に苦しんだこともあってノーポイントに終わったが、予選ではブレンドン・ハートレーが6番手、ピエール・ガスリーが7番手と好パフォーマンスを披露した。

ロバート・クビサ、2019年のF1シート獲得に11億円の持参金を用意

2018年10月18日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2019年のウィリアムズのF1シートを獲得するために1000万ドル(約11億円)の持参金を用意したと報じられている。

Sport Express の報道によると、ポーランドの石油会社PKNオーレンが、ロバート・クビサのスポンサー料金として1000万ドルを投じる用意があると報道。

フェルナンド・アロンソ 「アメリカでのレースは魔法のような雰囲気」

2018年10月18日
F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン アメリカGP
マクラーレンのフェルナンド・アロンソが、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズについて語った。

「アメリカに戻ることができてとても嬉しい。言うまでもなく、僕は1月にデイトナでレースをしているし、数週間前にはインディカーのテストのためにアラバマのバーバーにも行った」とフェルナンド・アロンソはコメント。

ストフェル・バンドーン 「COTAが僕たちのクルマに有利であることを願う」

2018年10月18日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン アメリカGP
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズについて語った。

「アメリカに行くのを本当に楽しみにしている。大ファンだし、最近はアメリカでますます多くの時間を過ごすようになってきている」とストフェル・バンドーンはコメント。

フェラーリ代表 「ベッテルはいずれ跳ね馬にタイトルをもたらす」

2018年10月18日
F1 フェラーリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリのF1チーム代表マウリツィオ・アリバベーネは、セバスチャン・ベッテルが遅かれ早かれフェラーリとともにF1タイトルを獲得できると確信していると語る。

2018年のタイトル争いからほぼ脱落しかけているセバスチャン・ベッテルは、今週末のF1アメリカGPでポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)から8ポイント以内でフィニッシュしなければ、ハミルトンにタイトルを明け渡すことになる。

マーカス・エリクソン「オースティンでは良い結果を争えるはず」

2018年10月18日
F1 マーカス・エリクソン ザウバー アメリカGP
ザウバーのマーカス・エリクソンが、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズについて語った。

「オースティンは毎シーズンのレースで最高のロケーションのひとつだ。街自体にたくさんのものがあるし、周りの雰囲気だけでなく、トラックもいつも素晴らしい」とマーカス・エリクソンはコメント。

シャルル・ルクレール 「F1アメリカGPはエキサイティングなグランプリ」

2018年10月18日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー アメリカGP
ザウバーのシャルル・ルクレールが、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズについて語った。

「アメリカGPはエキサイティングなグランプリだ。大好きなサーキットだし、過去に何度かフリープラクティスセッションで走ったことがある」とシャルル・ルクレールはコメント。

ピエール・ガスリー「フェルスタッペンなら5周でホンダに適応できる」

2018年10月18日
F1 ピエール・ガスリー マックス・フェルスタッペン ホンダF1
ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・ホンダでチームメイトとなるマックス・フェルスタッペンならばホンダのF1パワーユニットには“5~6周”で適応できると考えているが、ホンダの“日本流のアプローチ”に慣れているという点ではフェルスタッペンよりも“明らかなアドバンテージ”があるだろうと認める。

「ドライビングに関しては、マックス(フェルスタッペン)なら5~6周でホンダに慣れると思う」とピエール・ガスリーはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム