マックス・フェルスタッペン 「レッドブル・ホンダでF1王座を獲れる」

2019年10月21日
マックス・フェルスタッペン 「レッドブル・ホンダでF1王座を獲れる」
マックス・フェルスタッペンは、ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブルでF1ワールドチャンピオンを獲れると宣言する。

今年、ホンダF1とレッドブルは印象的なスタートを切り、前半戦で2勝を挙げるパフォーマンスを発揮したが、まだホンダのF1エンジンはフェラーリとメルセデスという2強のパワーには追いついておらず、レッドブルのシャシーも新レギュレーションへの対応に苦戦を強いられている。

セバスチャン・ベッテル 「ハミルトンの成功はマシンの強さだけではない」

2019年10月21日
セバスチャン・ベッテル 「ハミルトンの成功はマシンの強さだけではない」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ライバルであるルイス・ハミルトンの過去数年間成功は、最強のマシンに乗ってきただけで達成したものではないと考えている。

過去10年間でルイス・ハミルトンが5回、セバスチャン・ベッテルが4回とF1ワールドチャンピオンを争ってきたが、2014年にV6ターボハイブリッドが導入されて以降、メルセデスが技術面で支配的な強さをみせている。

ルノーF1 「新たなカスタマーを見つけることに必死になってはいない」

2019年10月21日
ルノーF1 「新たなカスタマーを見つけることに必死になってはいない」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2021年にマクラーレンにメルセデスのF1エンジンに切り替える前に代わりの新しいカスタマーを見つけることに“必死ではない”と語る。

マクラーレンは、2018年にルノーと3年間のF1エンジン供給を締結したが、先月、2021年からメルセデスのF1エンジンに切り替えることを発表している。

バレンティーノ・ロッシ 「ハミルトンとのマシン交換テストは進行中」

2019年10月21日
バレンティーノ・ロッシ 「ハミルトンとのマシン交換テストは進行中」
MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、ルイス・ハミルトンとお互いのF1マシンとMotoGPマシンをテストをテストする計画についての交渉が進行中であることを明かした。

ルイス・ハミルトンもバレンティーノ・ロッシもお互いのシリーズのファンであることで知られており、共通のスポンサーであるモンスターのプロモーションイベントでお互いのマシンを交換する計画が進行している。

MotoGP | ホンダ、最高峰クラスで25回目のコンストラクターズタイトル

2019年10月21日
MotoGP
MotoGP日本GPの決勝で、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が独走優勝を果たし、Hondaの25回目のコンストラクターズタイトル獲得が決定した。

今季、ホンダは、10勝を含む17回の表彰台登壇を果たし、この日本GP終了時点で356ポイントに到達。前戦タイGPにおけるマルケスのライダーズチャンピオン獲得に続き、コンストラクター部門でもタイトルを決めた。Hondaがライダー・コンストラクターのタイトルを同年に獲得するのは、これで20回目となる。

MotoGP | ドゥカティ 第16戦 日本GP 決勝レポート

2019年10月21日
MotoGP
MotoGP日本GPで、ドヴィツィオーゾが3位表彰台を獲得、ペトルッチは9位
MotoGP第16戦 日本GPの決勝レースが10月20日にツインリンクもてぎで開催された。ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、3列目から見事な追い上げを見せ、3位でフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペン 「リカルドの離脱はマシン開発に影響なし」

2019年10月21日
マックス・フェルスタッペン 「リカルドの離脱はマシン開発に影響なし」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、昨年までのチームメイトであるダニエル・リカルドが抜けても、レッドブルのマシン開発にそれほど影響はないと考えている。

昨年末、レッドブルで5年間を過ごしたダニエル・リカルドがルノーに移籍。マックス・フェルスタッペンはチームリーダーの役割を担うことになった。前半戦は2勝を挙げるなど勢いがあったレッドブル・ホンダだが、後半戦に入ると他チームほどの改善は果たせていない。

アントニオ・ジョビナッツィ、2020年のF1シート確保に自信

2019年10月21日
アントニオ・ジョビナッツィ、2020年のF1シート確保に自信
アントニオ・ジョビナッツィは、2020年もアルファロメオ・レーシングのF1シートを確保できると自信を持っている。

キミ・ライコネンは来年のアルファロメオ・レーシングのシートを確保しているが、アントニオ・ジョビナッツィのシートについてはまだ確認されていない。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」

2019年10月21日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでのF1初シーズンに後悔はしていないと語る。

F2チャンピオンとして今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだが、今シーズンまで唯一ポイントを獲得できていないドライバーとなっている。チームメイトのロバート・クビサは、ウィリアムズで唯一となる1ポイントを獲得している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム