フェルスタッペン 「V6ターボ導入がなければレッドブルがF1を支配していた」

2021年1月17日
マックス・フェルスタッペン 「V6ターボ導入がなければレッドブルがF1を支配していた」
マックス・フェルスタッペンは、F1にV6ターボハイブリッドが導入されなければ、レッドブルが現在のメルセデスのような優位性を享受していたはずだと考えている。

2014年にF1に新しいパワーユニットが登場して以降、メルセデスはすべてのタイトルを総なめにする圧倒的な強さを誇っている。

メルセデスF1、フレデリック・ベスティと育成ドライバー契約との報道

2021年1月17日
メルセデスF1、フレデリック・ベスティと育成ドライバー契約との報道
メルセデスF1は、F3ドライバーのフレデリック・ベスティと育成ドライバー契約を結ぶと報じられている。

デンマーク出身のフレデリック・ベスティは、2019年にプレマからフォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパ選手権に参戦してチャンピオンを獲得。2020年にFIA-F3にステップアップした。

F1:アレックス・ザナルディ、会話ができるまで回復

2021年1月17日
F1:アレックス・ザナルディ、会話ができるまで回復
元F1ドライバーのアレックス・ザナルディは、再び話ができるまで回復しているとイタリアメディアが報じている。

53歳のアレックス・ザナルディは、6月にイタリアで行われたハンドサイクルのレース中にトラックと衝突して頭部に外傷を負い、5回の神経学的および頭蓋顔面再建の手術を受けてきた。

ホンダF1 山本雅史 「F1への挑戦をやめなければならないのは本当に残念」

2021年1月16日
ホンダF1 山本雅史 「F1への挑戦をやめなければならないのは本当に残念」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、今シーズン限りでホンダがF1から撤退するのは“本当に残念”なことだと語る。

レッドブルは、ホンダの現在のF1エンジンプログラムの運用を継続することを望んでおり、ホンダ側もサポートする姿勢を見せているが、正式には2021年シーズン限りでホンダはF1から撤退する。

元F1王者のネルソン・ピケ、新型コロナウイルス感染で2日間の入院

2021年1月16日
元F1王者のネルソン・ピケ、新型コロナウイルス感染で2日間の入院
3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケが、新型コロナウイルスに感染して入院したと報じられてた。

新型コロナウイルスのパンデミックは引き続き世界的な影響を及ぼしており、2020年には現役ドライバーのセルジオ・ペレス、ランス・ストロール、ルイス・ハミルトン、ウィリアムズのチーム代表サイモン・ロバース、ピレリのF1責任者マリオ・イゾラ、レッドブル・ホンダのスポーティングディレクターのジョナサン・ウィートリーが感染した。

フェラーリ、2021年F1マシンでは『Mission Winnow』のロゴが復活?

2021年1月16日
フェラーリ、2021年F1マシンでは『Mission Winnow』のロゴが復活?
フェラーリの2021年F1マシン『SF21』では物議を醸しているタイトルスポンサーの『Mission Winnow』のロゴが復活する可能性がある。

フェラーリとフィリップモリスが推進するMission Winnowのスローガンとロゴは、2018年のF1日本GPでフェラーリのマシンに初登場。2019年に先駆け、チーム名を『Scuderia Ferrari Mission Winnow』とし、フェラーリ SF90に大きくデザインされた。

ホンダF1育成の岩佐歩夢、2021年は「日々努力して結果に繋げたい」

2021年1月16日
ホンダF1育成の岩佐歩夢、2021年は「日々努力して結果に繋げたい」
ホンダF1育成の岩佐歩夢(19歳)は、2021年にレッドブルとの共同支援でFIA-F3選手権およびF3アジア選手権にハイテックGP(Hitech GP)から参戦。自身のソーシャルメディアで意気込みを語った。

2019年にSRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラホンダ)のスカラシップを獲得してホンダ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一員となった岩佐歩夢は、2020年にフランスF4でチャンピオンを獲得。

元F1王者のニコ・ロズベルグ 「レース復帰に関心はない」

2021年1月16日
元F1王者のニコ・ロズベルグ 「レース復帰に関心はない」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、エクストリームEのチームを設立したが、現役としてモータースポーツ競技に復帰することに関心はないと語る。

現在35歳のニコ・ロズベルグは、2016年にメルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンを破って悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した直後にF1から電撃引退した。

マクラーレンF1代表 「メルセデスへのPU変更作業は順調」

2021年1月16日
マクラーレンF1代表 「メルセデスへのPU変更作業は順調」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、今季からF1エンジンを搭載するメルセデスとの協力のレベルにすでに感銘を受けていると語る。

今年、マクラーレンは、2014年以来となるメルセデスのF1エンジンに戻り、有名なパートナーシップが復活する。マクラーレン・メルセデスは、1995年から2014年の間に78勝、1回のコンストラクターズタイトル、そして、3回のドライバーズタイトルを獲得している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム