新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1での作業を開始

2022年9月25日
新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1での作業を開始
フェリペ・ドルゴビッチは、今週初めにシルバーストンのアストンマーティンF1チームのファクトリーで初日を迎えた。

2022年のF2チャンピオンに輝いたフェリペ・ドラゴビッチは、アストン マーティンF1チームと契約を結び、新たに設立されたドライバー開発プログラム『AMF1 Driver Development Programme』に参加した。

ヨースト・カピート、わずか4か月のマクラーレンF1代表時代を語る

2022年9月25日
ヨースト・カピート、わずか4か月のマクラーレンF1代表時代を語る
ヨースト・カピートは、マクラーレンF1チームを担当していた短いスティントがなければ、今のように仕事をうまくこなすことはできなかったと考えている。

ヨースト・カピートの30年間のキャリアの1つが2016 年のマクラーレンF1チームだったが、チームの指揮を執ったのはわずか4か月と短命に終わった。

F1ラスベガスGP、2023年の初開催にむけて建設作業をスタート

2022年9月25日
F1ラスベガスGP、2023年の初開催にむけて建設作業をスタート
2023年のF1ラスベガスGPの初開催にむけて、現在、アメリカのギャンブル都市では、すでに準備が進めている。主催者は、パドックやピットボックスを含む建物の工事がすでに始まっていることをソーシャルメディアで共有した。

今年初め、F1は、1982年代以来初めて2023年にラスベガスに戻ることを発表した。以前のエディションは有名なシーザーズ・パレス・ホテルの駐車場で行われたが、来年は有名なストリップを含めたストリートサーキットでより大きなアプローチをとる。

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」

2022年9月25日
マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」
2度目のF1ワールドチャンピオン獲得にむけて突き進んでいるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の困難な時期も「プロセスを信頼”し、今ではそれが報われていると語る。

わずか17歳で F1 グリッドに到着したときから、レッドブルF1にとってマックス・フェルスタッペンが将来のスターであることは最初から明らかだった。

2026年F1パワーユニット規則はワークスとカスタマーの溝が拡大?

2022年9月25日
2026年F1パワーユニット規則はワークスとカスタマーの溝が拡大?
F1が2026年に新しいF1パワーユニット規制を導入した際、ワークスチームとカスタマーチームの間の溝が拡大するという懸念が浮上しているが、マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルはその見方を否定している。

新しいレギュレーションは、環境と財務の両方の観点から、持続可能性を高めるのに役立つ多くの変更を特徴としている。

MotoGP:ホンダ 2022年 第16戦 日本GP 予選レポート

2022年9月25日
MotoGP:ホンダ 2022年 第16戦 日本GP 予選レポート
MotoGP - アラゴンGPからの連戦となった第16戦日本GPは、前戦から7戦ぶりに復帰したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2019年の日本GP以来3年ぶりのPPを獲得した。

台風の接近で終日ウエットコンディションになった2日目は、午後になって落雷を伴う激しい雨になり、MotoGPクラスは午後のFP3がキャンセルとなった。今大会は、金曜日、土曜日とそれぞれフリー走行が1回行われ、Q1とQ2が行われた。

セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」

2022年9月24日
セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」
セバスチャン・ベッテルは、2020年にフェラーリから放出されることを知った後、チームの首脳陣と「短い会話」はしたが、レッドブルF1への復帰に「実際に近づくことはなかった」と語った。

セバスチャン・ベッテルは、2009年から2014年までの6 シーズンにわたってレッドブル・レーシングに在籍し、4 つの世界タイトルすべてを獲得した後、2015年にフェラーリに移籍した。

ニック・デ・フリース、パスポート問題でF1シンガポールGPの準備に支障

2022年9月24日
ニック・デ・フリース、パスポート問題でF1シンガポールGPの準備に支障
ニック・デ・フリースは、F1シンガポールGPでウィリアムズでアレックス・アルボンの代役を務める可能性があるが、パスポート問題によってシミュレーター作業を行うことができなかった。

今週、ニック・デ・フリースは、ハンガロリンクで、2023年のドライバー候補に挙げられている1つであるアルピーヌF1チームと1年前のF1マシンをテストした。

MotoGP 日本GP 予選:マルク・マルケスが3年ぶりにポールポジション

2022年9月24日
MotoGP 日本GP 予選:マルク・マルケスが3年ぶりにポールポジション
2022年 MotoGP 第16戦 日本GPの公式予選が9月24日(土)がモビリティリゾートもてぎで行われ、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がポールポジションを獲得した。

悪天候が原因でフリー走行3がキャンセルされ、予定から65分遅れのスタートとなった気温22度、路面温度22度のウェットコンディションの中、午前のフリー走行2で1番手だったマルク・マルケスが連続8ラップを周回して週末2度目、今季4度目のトップタイムをマーク。2019年10月の第16戦日本GP以来26戦ぶり、1071日ぶりにポールポジションを奪取。史上最多となる年間9人目のポールシッターとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム