ジェンソン・バトン 「僕のF1キャリアはすでに終わっている」

2017年5月28日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、フルタイムでのF1復帰を検討するかもしれないという憶測を否定した。

ジェンソン・バトンは、昨年末にF1引退を表明したが、マクラーレン・ホンダのアンバサダー兼リザーブドライバーとして2年契約を締結。今週末のF1モナコGPでは、インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役を務めている。

ルノーF1、スターウォーズとF1参戦40周年を祝う / F1モナコGP

2017年5月28日
ルノー F1 スターウォーズ
ルノーは、F1モナコGPでスターウォーズとともにF1参戦40周年を祝う。

ルノーは、1977年7月16日のF1イギリスGPでF1史上初のターボ車『RS01』でフルコンストラクターとして参戦を開始。同じ年の5月25日にスターウォーズの第1作「Star Wars : A New Hope」が公開されている。

40周年を祝い、F1モナコGPのルノーのパドックには、ジョージ・ルーカス監督、RS-D2、ストームトルーパーが駆け付けた。

F1モナコGP:決勝 スターティンググリッド

2017年5月28日
F1モナコGP 決勝 スターティンググリッド
2017年 第6戦 F1モナコGPの決勝スターティンググリッドが発表された。

F1モナコGPでは、マクラーレン・ホンダの2名にグリッド降格ペナルティが科せられている。ストフェル・バンドーンは前戦スペインGPでのフェリペ・マッサの接触により3グリッド降格。ジェンソン・バトンはパワーユニット交換におり15グリッド降格ペナルティが科せられている。

ジェンソン・バトン、F1モナコGPはピットレーンスタート

2017年5月28日
ジェンソン・バトン F1 モナコGP マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、ジェンソン・バトンのマシンのセットアップを変更。ジェンソン・バトンは、F1モナコGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

今週、インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役としてF1モナコGPで1戦限りの復帰を果たしたジェンソン・バトンは、予選を9番手で終えた。

しかし、ホンダは金曜日にMGU-Hとターボチャージャーを変更。15グリッド降格ペナルティを科せられ、最後尾からのスタートが決まっていた。

ホンダF1 「現在のMGU-Hは2戦しか持ちこたえることができない」

2017年5月28日
ホンダ F1 MGU-H
ホンダは、現在のF1エンジンでのMGU-H設計が、2戦しか持ちこたえることができないことを認めた。

フェルナンド・アロンソの代役としてF1モナコGPに参戦するジェンソン・バトンは、予選で9番手タイムを記録したが、木曜フリー走行後にMGU-Hに不具合が見つかり、ターボチャージャーとともに交換を強いられたことで15グリッド降格ペナルティを科せられ、決勝は最後尾からスタートする。

F1 モナコGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2017年5月28日
F1 モナコGP 予選
2017年 フォーミュラ1 第6戦 モナコGPの予選が27日(金)、モンテカルロ市街地コースで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がポールポジションを獲得。セバスチャン・ベッテルも2番手に続き、フェラーリがフロントーを独占した。

キミ・ライコネンのポールポジションは2008年のF1フランスGP以来、実に9年・129戦ぶりとなる。フェラーリがF1モナコGPでフロントローに並ぶのも2008年以来となる。二人のタイム差は0.043秒差。3番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)もトップから0.045秒差と僅差だった。

ヤマハ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表…ファクトリー体制の2チームで参戦

2017年5月28日
ヤマハ 鈴鹿8耐 2017年 参戦体制
ヤマハは、2017年7月27~30日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会への参戦体制を決定した。

今大会は「青の真価。」をスローガンに、ファクトリー体制の2チーム「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と「YART Yamaha Official EWC Team」が出場し、3連覇・7回目の優勝を目指す。

スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 レース2:関口雄飛が優勝

2017年5月28日
スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 レース2
スーパーフォーミュラ 第2戦のレース2決勝が28日(日)、岡山国際サーキットで行われ、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が勝利を収めた。

土曜日と日曜日にそれぞれ予選、決勝が行われる岡山大会。レース2は50周のレースではドライの場合4本タイヤ交換が義務づけられた。ポイントは通常の半分、オーバーテイクシステムは2レースの合計で5回の使用となる。

マクラーレン・ホンダ:F1モナコGP 予選レポート

2017年5月28日
マクラーレン・ホンダ F1 モナコGP 予選
マクラーレン・ホンダは、F1モナコGPの予選で、ジェンソン・バトンが9番手、ストフェル・バンドーンが10番手だった。

F1モナコGPの予選では、両ドライバーが今年初めてそろってQ3進出を果たし、マクラーレン・ホンダは今シーズンの予選で最も競争力のあるパフォーマンスを披露した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム