マクラーレンF1:ジェームス・キーが振り返る破綻していたチーム状況

2021年10月17日
マクラーレンF1:ジェームス・キーが振り返る破綻していたチーム状況
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーが、自身が加入した際の破綻していたチーム状況を振り返った。

ホンダF1とのパートナーシップが最終年である2017年、マクラーレンは、最下位を逃れるための戦いをしていた。パフォーマンスと信頼性の問題に直面したチームは、最終的に3年前と同じ9位でシーズンを終えた。

レッドブル・ホンダ、F1アメリカGPでフェルスタッペンのシャシーを交換?

2021年10月17日
レッドブル・ホンダ、F1アメリカGPでフェルスタッペンのシャシーを交換?
F1トルコGPでの深刻なバランス問題を受け、レッドブル・ホンダは、次戦F1アメリカGPでマックス・フェルスタッペンのシャシーを交換して活路を見い出そうとしていると噂されている。

F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンは2位表彰台を獲得したが、週末の最初からマシンバランス、特にアンダーステアに苦戦を強いられていた。レッドブル・ホンダは決勝までにバランス問題を解消することができず、シャシー交換でそれに対応すると噂されている。

「ホンダ内でF1撤退を巡って意見は割れていた」とアルファタウリF1代表

2021年10月17日
「ホンダ内でF1撤退を巡って意見は割れていた」とアルファタウリF1代表
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダ内でF1撤退について意見が割れていたと明かす。

ホンダは今シーズン限りでF1から撤退するが、知的財産権を譲渡するレッドブル・パワートレインズの裏方として2022年も舞台裏でF1活動を継続する。

フランツ・トストによると、ホンダ内でF1撤退についての意見は分かれていたと語る。

アンドレッティがF1参戦してもコルトン・ハータにスーパーライセンス問題

2021年10月17日
アンドレッティがF1参戦してもコルトン・ハータにスーパーライセンス問題
アンドレッティ・オートスポーツが、アルファロメオF1/ザウバーを買収する可能性は、インディカーのフロントランナーであるコルトン・ハータのF1転向に繋がる可能性があるという推測を引き起こしている。

コルトン・ハータが、チャンプカーからF1に転向したセバスチャン・ブルデー以来のアメリカのシングルシーターからF1に進むドライバーになる可能性は、マイケル・マンドレッティのチームが有名な名前をF1に戻す契約を結ぶかどうかに完全に依存している。

フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」

2021年10月17日
フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」
フェラーリF1は、最近のレースでアップグレードされたF1エンジンを導入することにはいくつかのリスクがあったと認めるが、現在、その利点は疑いの余地のないものとなったと語る。

フェラーリF1は、今シーズン後半まで新しいハイブリッドシステムの導入を見送り、2022年にエンジンが凍結されるまで開発時間を最大化することを選んだ。

アルファロメオF1の“悪ふざけ”はオスカー・ピアストリに有利に運ぶ?

2021年10月17日
アルファロメオF1の“悪ふざけ”はオスカー・ピアストリに有利に運ぶ?
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2022年のアルファロメオF1の2つ目のシートを取り巻く“シェナニガン(悪ふざけ)”が、彼のマネジメントを担当するオスカー・ピアストリのシート獲得に有利に運ぶ可能性があると語る。

2022年、アルファロメオF1は、引退するキミ・ライコネンの後任として現メルセデスのバルテリ・ボッタスを獲得を発表しているが、チームメイトはまだ指名していない。

レッドブルF1代表 「独自のF1エンジンプログラムは興味深い成長をもたらす」

2021年10月17日
レッドブルF1代表 「独自のF1エンジンプログラムは興味深い成長をもたらす」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズでの独自のF1エンジンプログラムはチームにとって興味深い成長をもたらすと考えている。

ホンダのF1撤退により、レッドブル・パワートレインズが2022年からホンダのF1パワーユニットに関連する知的財産(IP)を使用する。2022年はホンダがパワーユニットの組立、トラックサイドでのエンジニアリングサポート提供、レースオペレーション支援でレッドブル・パワートレインズをサポートする。

メルセデスF1首脳 「W12の開発を早期にストップした心配は和らいだ」

2021年10月16日
メルセデスF1首脳 「W12の開発を早期にストップした心配は和らいだ」
メルセデスF1は、最近の勝利によって、今季マシン『W12』の開発を早期にストップして2022年F1マシンの開発に切り替えるという決定がパフォーマンス低下を引き起こす可能性があるという懸念は和らいだと語る。

F1チームは、今シーズンのマシンへの作業と、新しいレギュレーションで開発しなければならない2022年F1マシンのポテンシャルを最大化するために、注力するものへのバランスを取る必要があった。

レッドブルF1は“息苦しい”契約でドライバーを縛り付けている

2021年10月16日
レッドブルF1は“息苦しい”契約でドライバーを縛り付けている
レッドブルF1のジュニアドライバーを契約で縛り付けるやり方には“問題”があると元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは見ている。

過去数年間、レッドブル・レーシングは、No.1ドライバーのマックス・フェルスタッペンのチームメイトの高い離職率に悩んでいる。今年は、レッドブルのタレントプール外からセルジオ・ペレスを連れてきており、来年もペレスは継続される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム