ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」

2022年1月16日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピーエル・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」

2022年1月16日
F1:キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」
キミ・ライコネンは、フェラーリ時代にチームメイトとなったセバスチャン・ベッテルとの時間を振り返り、ベッテルの仕事へのアプローチは“特殊”なものだったと振り返る。

キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルは、2015年から2018年までフェラーリF1でチームメイトとなり、コース内外で良い関係を共有した。

ポルシェ、2023年の参戦にむけてLMDh車両の走行テストを開始

2022年1月16日
ポルシェ、2023年の参戦にむけてLMDh車両の走行テストを開始
ポルシェは、2023年にWEC(FIA 世界耐久選手権)とIMSウェザーテックスポーツカー選手権に参戦するLMPhの走行テストを開始した。

まだマシン名が発表されていないポルシェの新しいLMDh車両は、ドイツのヴァイザッハにあるテストコースでシェイクダウンを完了。フレデリック・マコヴィッキィがマシンのステアリングを握り、複数のラップを完了した。

マクラーレンF1、2021年はランキングを4位に落とすも「成功したシーズン」

2022年1月16日
マクラーレンF1、2021年はランキングを4位に落とすも「成功したシーズン」
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年はフェラーリに次ぐコンストラクターズ選手権4に順位を落としたものの、チームにとって“非常に成功したシーズン”だったと語る。

2022年にランド・ノリスとカルロス・サインツで2つの表彰台を獲得するなど復活を続けているマクラーレンF1だが、2021年はフェラーリが復調したため、そのポジションに留まることができなかった。

セルジオ・ペレス 「全く異なるマシンに対応するには時間が足りなかった」

2022年1月16日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「全く異なるマシンに対応するには時間が足りなかった」
セルジオ・ペレスは、F1でテストとプラクティス時間が限られていることが、以前に運転していたものとは“まったく異なる哲学”のレッドブルのF1マシンへの“スローな適応”に貢献したと考えている。

セルジオ・ペレスは、2021年にレーシング・ポイントからレッドブルに加入。マックス・フェルスタッペンにとってのレッドブルでの4人目のチームメイトとなった。

トヨタ、2022年のWRC参戦車両『GRヤリス Rally1』をお披露目

2022年1月16日
トヨタ、2022年のWRC参戦車両『GRヤリス Rally1』をお披露目
トヨタは、ハイブリッドの新規定ラリー1が導入される2022年のWRC(世界ラリー選手権)に参戦する車両『GRヤリス Rally1』の最終バーションをお披露目した。

トヨタは、オーストリアのザルツブルクにあるハンガー7で開催されたWRCの2022年シーズンの公式発表で、FIAの新会長モハメド・ビン・スライエムの前で新しい車両を発表した。

ホンダF1 山本雅史MD 「F1撤退というホンダの決定は早すぎたと思う」

2022年1月16日
ホンダF1 山本雅史MD 「F1撤退というホンダの決定は早すぎたと思う」
ホンダF1のマネージングディレクターを務めた山本雅史は、ホンダがF1を撤退するのは早すぎたと感じており、いつかF1に戻ってくることを期待していると語る。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰し、アルファタウル、そして、レッドブルにF1パワーユニットを7年間供給したホンダは、2020年10月に2021年シーズンをもってF1から撤退することを発表した。

アルファタウリF1 「AT03はギアボックスなどがレッドブルRB18と共通」

2022年1月16日
アルファタウリF1 「AT03はギアボックスなどがレッドブルRB18と共通」
アルファタウリF1は、2022年F1マシン『AT03』でレッドブル・レーシングと同じパーツを利用する。

2021年、アルファタウリF1は平均して5番目に速いマシンであり、フェラーリやマクラーレンを上回るグランプリもあった。2022年はレギュレーションが一新され、小規模チームにとっては大きなリスクとなるが、アルファタウリF1はレッドブルからのサポートがそれを回避することに役立つ。

アルファロメオF1 「将来フェラーリの若手を起用することにはオープン」

2022年1月16日
アルファロメオF1 「将来フェラーリの若手を起用することにはオープン」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年にアントニオ・ジョビナッツィを放出したにも関わらず、将来、F1ドライバーラインナップの一部としてフェラーリのジュニアドライバーを起用することにはオープンなままだと語る。

アルファロメオF1は、メルセデスF1から移籍するバルテリ・ボッタスとF2の卒業生である周冠宇と契約し、2022年にまったく新しいドライバーラインナップを起用する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム