ウィリアムズF1、2020年F1マシン『FW43』を公開

2020年2月17日
ウィリアムズF1、2020年F1マシン『FW43』を公開
ウィリアムズF1は、2020年のF1世界選手権を戦う新型F1マシン『FW43』のデジタルイメージを公開した。

昨年、わずか1ポイントしか獲得できず、2年連続でコンストラクターズ最下位に終わったウィリアムズ。プレシーズンテストに新車が間に合わないことで大きく出遅れ、最終戦の時点でも他のミッドフィールドとのギャップはかなり大きかった。

ホンダF1 「レッドブル2チームへの供給が開発ペースを改善できた要因」

2020年2月17日
ホンダF1 「レッドブル2チームへの供給が開発ペースを改善できた要因」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊春は、2019年からレッドブルの両チームに供給していることが、F1パワーユニットの開発ペースを改善できた重要な要因だと語る。

ホンダF1は、F1がV6ターボハイブリッド時代に突入した1年後にマクラーレンのエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。しかし、ホンダのF1パワーユニットは信頼性問題の多発とパフォーマンス不足が露呈し、わずか3年でマクラーレンとホンダは決別することになる。

F1 | ガスリー、昨年2度クラッシュも「テストへのアプローチは変えない」

2020年2月17日
F1
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーを務めるピエール・ガスリーは、昨年のF1プレシーズンテストでレッドブル・ホンダで2回のクラッシュを喫したものの、2020年のテストへのアプローチは変えないと語る。

2019年のF1プレシーズンテストをレッドブル・ホンダのドライバーとして迎えたピエール・ガスリーが、2回目を“経験したなかでも最大のクラッシュのひとつ”と称する大クラッシュをしたことで、チームは新車のパーツが不足し、シーズンへ向けた準備に支障をきたすことになった。

WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン:エバンスが優勝でトヨタが今季初勝利

2020年2月17日
WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン:エバンスが優勝でトヨタが今季初勝利
2月16日(日)、2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンの最終日デイ3が、スウェーデンのトルシュビーを基点に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(ヤリスWRC 33号車)が優勝。カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)が総合3位で、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(17号車)が総合4位でフィニッシュし、チームはマニュファクチャラー選手権首位に立った。

【F1動画】 王者メルセデス、W11をシェイクダウン

2020年2月17日
【F1動画】 王者メルセデス、W11をシェイクダウン
メルセデスF1は、シルバーストーン・サーキットで2020年F1マシン『W11』のシェイクダウンの模様を収めた動画を公開した。

昨年、メルセデスはルイス・ハミルトンが自身6回目となるドライバーズタイトルを獲得。チームとしても開幕から5戦連続の1-2フィニッシュおよび8連勝と合計で15勝、31回の表彰台を獲得する圧倒的な強さでコンストラクターズタイトルを獲得し、両方のタイトルを6連覇するという前人未踏の偉業を成し遂げた。

F1 | ランド・ノリス 「今年は“おちゃらけたイメージ”を払拭したい」

2020年2月17日
F1
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、2020年はもっと“集中している”というイメージを植え付けたいと語る。

ソーシャルメディアやPR活動、カルロス・サインチとの陽気な関係、マックス・フェルスタッペンとのシムレースの趣味など、20歳のランド・ノリスには良い意味でお気楽なイメージが定着している。

【F1動画】 アルファロメオ・レーシング、C39をシェイクダウン

2020年2月17日
【F1動画】 アルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウン
アルファロメオ・レーシングは、2020年F1マシン『C39』のシェイクダウンをイタリアのフィオラノ・サーキットで実施。キミ・ライコネンが初走行のステアリングを握った。

昨年も予告なしにバレンタイデーに新車をシェイクダウンしたアルファロメオ・レーシングは今年も2月14日に新車『C39』のシェイクダウンを実施。昨年同様カモフラ塗装が施されたマシンは、今年はsneak peek(予告作品)ならぬ、snake(蛇)柄のデザインが施された。

アルファタウリ・ホンダF1 AT01 | 公開された画像の詳細にズーム

2020年2月16日
アルファタウリ・ホンダF1 AT01
アルファタウリ・ホンダは2月14日(金)、2020年F1マシン『AT01』を発表。トロロッソ時代とは異なるホワイト×ネイビーのカラーリングが施された。

2月14日(金)、オーストリア・ザルツブルグのハンガー7でアルファタウリ・ホンダの2020年F1マシン『AT01』が発表された。新たにネイビー×ホワイトのマット塗装が施されたAT01は非常にクールであり、サイドポンツーンには赤で『HONDA』のロゴがアクセントとなっている。

F1 | ピエール・ガスリー 「AT01の感触はとてもいい感じ」

2020年2月16日
F1
ピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権の目標として新生アルファタウリ・ホンダでの表彰台を掲げた。

昨年、レッドブル・ホンダのF1デビューを果たしたピエール・ガスリーだが、シーズン途中にアレクサンダー・アルボンに代わってトロロッソ・ホンダに降格。それでも、ガスリーは腐らず、F1ブラジルGPではメルセデスのルイス・ハミルトンを抑えてF1初表彰台となる2位フィニッシュを果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム