レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンのライバルは2位にしかなれない」

2024年4月15日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンのライバルは2位にしかなれない」
F1史上最も長いカレンダーの5分の1した終了していないが、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンがまた新たなタイトル獲得に向かっているという認識がすでに芽生え始めている。

メルセデスのトト・ヴォルフは鈴鹿を出発する前に、フェルスタッペンが2024年に4年連続でドライバーズチャンピオンを獲得するのは確実であるだけでなく、ライバルたちが彼を攻略する真のチャンスを得るには2026年まで待つ必要があるかもしれないと語った。

アストンマーティン 2023年までスポンサー契約を延長してF1参戦をコミット

2024年4月15日
アストンマーティン 2023年までスポンサー契約を延長してF1参戦をコミット
アストンマーティンは、F1への献身的な姿勢を固め、F1チームとのスポンサーシップを少なくとも2030年まで延長。

戦略的な動きとして、アストンマーティンはF1チームの株式にも投資することを選択し、F1とトラック内外でのパフォーマンスへのコミットメントを再確認した。

バルテリ・ボッタス 来季のF1シート確保には「一歩先を行く努力が必要」

2024年4月15日
バルテリ・ボッタス 来季のF1シート確保には「一歩先を行く努力が必要」
ザウバーF1チームのドライバーであるバルテリ・ボッタスは、2024年以降のF1グリッド確保に向けて話し合いを進めていることを明らかにした。

ザウバーF1チームとの現行契約は今季限りで満了となるが、ボッタスはアウディ買収のために契約を延長することが目標だと表明している。

角田裕毅 F1で成功を収める日本人ドライバーが少ない理由を考察

2024年4月14日
角田裕毅 F1で成功を収める日本人ドライバーが少ない理由を考察
角田裕毅が、F1で成功する日本人ドライバーが少ない理由について語った。

角田裕毅は、ホンダとレッドブルで海外のジュニアカテゴリーへの参戦を経て、2021年にアルファタウリからF1デビュー。今年F1参戦4年目を迎える。それ以前にF1に参戦してポイントを獲得したドライバーは小林可夢偉(2009年~2014年)、中嶋一貴(2007年から2009年)、佐藤琢磨(2002年~2008年)と3人だけとなる。

ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由

2024年4月14日
ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由
ピエール・ガスリーが、F1日本GPがドライバーにとって特別な理由を語った。

F1日本GPは常にF1ドライバーにとって非常に特別な雰囲気を提供する。日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーは、もちろん角田裕毅とともに、この国のグリッドに最も慣れているドライバーの一人だ。

ホンダF1 フェルナンド・アロンソとの『GP2エンジン』を巡る軋轢は解消済

2024年4月14日
ホンダF1 フェルナンド・アロンソとの『GP2エンジン』を巡る軋轢は解消済
フェルナンド・アロンソとホンダF1は、『GP2エンジン』発言を含めた軋轢をすでに過去のものにしている。

フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンF1と少なくとも2026年まで残留する新たな契約を締結。2026年はホンダがアストンマーティンF1のワークスパートナーとしてF1復帰する初年度となり、アロンソとホンダF1は再会を果たすことになる。

F1中国GP 上海インターナショナルサーキットの路面の凹凸に懸念

2024年4月14日
F1中国GP 上海インターナショナルサーキットの路面の凹凸に懸念
上海のF1サーキットは、来週のF1中国GP開催に先立ち、路面の凹凸を削る作業を完了した。

F1が上海でレースを開催するのは2019年以来となるが、2022年から導入されるグラウンドエフェクトカーが初めて上海で走行することになるため、今年のカレンダーへの追加は特に興味深い。

ルイス・ハミルトン メルセデスF1の現状は「土台の悪さの集大成」

2024年4月14日
ルイス・ハミルトン メルセデスF1の現状は「土台の悪さの集大成」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームが現在も苦戦を強いられているのは、グラウンドエフェクト時代の幕開けに築いた土台の悪さの集大成だと認めた。

メルセデスは2014年から2021年にかけて前人未到のコンストラクターズ選手権8連覇を達成し、倒すべきチームとしてF1の最新レギュレーション時代に突入した。しかし、レッドブルがF1最強の座に就いた今、メルセデスはその成功を再現することができず、1勝にとどまっている。

マックス・フェルスタッペン メルセデスF1と事前合意との報道

2024年4月14日
マックス・フェルスタッペン メルセデスF1と事前合意との報道
マックス・フェルスタッペンが、メルセデスF1と事前合意(書面または口頭)に達したと報じられている。

複数の情報筋によると、レッドブル社内での権力闘争は続いており、その物語はまだ終わっていない。オーストリアとタイの陣営は、レッドブル・グループの今後の対応について依然として対立している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム