ジョージ・ラッセル F1空力テスト規制は「順位より獲得ポイントに基づくべき」

2024年7月15日
ジョージ・ラッセル F1空力テスト規制は「順位より獲得ポイントに基づくべき」
ジョージ・ラッセルは、F1の空力テストのスライドディングスケールは、順位ではなくポイントに基づいて行われるべきだと考えている。F1オーストリアGP後に空力シミュレーションの割り当てはリセットされた。

F1の空力テストに関する規定では、選手権の順位に基づいて、2か月にわたる「空力テスト期間」(ATP)に利用できる風洞時間と数値流体力学(CFD)の容量が定められている。

リアム・ローソン 7月後半に2年落ちのアルファタウリのF1マシンでテスト

2024年7月15日
リアム・ローソン 7月後半に2年落ちのアルファタウリのF1マシンでテスト
リアム・ローソンは、レッドブルの現行マシンでのテストに続き、7月後半に2年落ちのアルファタウリでのテストが計画されている。

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、リアム・ローソンが今週レッドブルのために参加したフィルミングデーテストは以前から計画されていたものだと明言したが、イギリスGPはセルジオ・ペレスにとって「ひどい週末」だったと認めている。

アウディF1/ザウバー ザイドルCEOとホフマン総代表の間で内部抗争

2024年7月14日
アウディF1/ザウバー ザイドルCEOとホフマン総代表の間で内部抗争
アウディF1チーム内で、CEOのアンドレアス・ザイドルと総代表のオリバー・ホフマンの間でトラブルが起こっているという。

オリバー・ホフマンは、アウディのCEOであるゲルノット・ドルナーによって事実上、同ブランドの取締役会から追放され、F1事業部に異動させられた。3月にホフマンをF1事業に起用するという決定により、経営陣に新たなレベルが加わったが、外から見ると、この人事はザイドルの職務と対立するように見える。

ハースF1 トヨタのF1復帰に関する“憶測”報道に沈黙

2024年7月14日
ハースF1 トヨタのF1復帰に関する“憶測”報道に沈黙
ハースF1チームは、トヨタのF1復帰のルートになるかもしれないという憶測が飛び交う中、今のところ沈黙を守っている。

昨年末、トヨタが支援する平川亮がマクラーレンのテストドライバーになったことから、日本の自動車大手がF1復帰を検討しているのではないかという噂が流れた。

オリバー・ベアマン ハースF1のシート獲得は「サウジでの結果が大きな要因」

2024年7月14日
オリバー・ベアマン ハースF1のシート獲得は「サウジでの結果が大きな要因」
オリバー・ベアマンは、2025年のハースF1チームのシート獲得には、厳しいF2シーズンの最中、サウジアラビアGPで自分の実力を証明できたことが「大きな要因」になったと語った。

先週、オリバー・ベアマンは、2024年のハースF1チームのドライバーの一人として発表され、F1でフル参戦デビューを果たすことになる。

ニューウェイ グッドウッドでニキ・ラウダのフェラーリF1マシンで走行

2024年7月14日
エイドリアン・ニューウェイ グッドウッドでニキ・ラウダのフェラーリF1マシンで走行
エイドリアン・ニューウェイは、グッドウッドで旧友ニキ・ラウダのフェラーリ312Tのハンドルを握った後、「本当に特別だった」と語った。

ニキ・ラウダはフェラーリ312でワールドチャンピオンに輝き、F1史上最大の1位と2位の差を作った。彼の死後5年経った今でも、この車はスポーツの歴史を象徴する車の一つであり続けている。

2024年F1イギリスGP:WINNERS & LOSERS

2024年7月14日
2024年F1イギリスGP:WINNERS & LOSERS
2024年F1イギリスGPで、ルイス・ハミルトンは、熱狂的なファンの前でセンセーショナルな勝利を収め、2024年のF1で6人目のウィナーとなったが、涙ながらに勝利を祝ったメルセデスのレーサーたちの間に、多くのライバルたちは傷をなめていた。

Formula1.comのローレンス・バレットが、シルバーストーンでの注目すべきイギリスグランプリの勝者と敗者を選出した。

ホーナー グッドウッドでベッテルに代わってレッドブルF1マシンを運転

2024年7月14日
クリスチャン・ホーナー グッドウッドでベッテルに代わってレッドブルF1マシンを運転
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでセバスチャン・ベッテルの代役を務める準備として、シルバーストンでレッドブルRB8のハンドルを握った。

レッドブルのリザーブドライバー、リアム・ローソンは、木曜日にシルバーストンで行われたフィルミングデーで、レッドブルの現行マシンであるRB20を走らせた。しかし、シルバーストンをレッドブルのF1マシンで周回したのは彼だけではなかったようだ。

ミック・シューマッハ マクラーレンF1のタイヤテストを担当して53周

2024年7月14日
ミック・シューマッハ マクラーレンF1のタイヤテストを担当して53周
ミック・シューマッハは、ポール・リカールでの2年間のアルピーヌF1チームとの最近の走行に続き、火曜日にシルバーストーンでマクラーレンに乗りピレリのタイヤテストを行った。

F1グリッド復帰に向けて懸命に努力しているミック・シューマッハは、ワークスチームのメルセデスのリザーブドライバーとしての任務の一環として、マクラーレン・メルセデスのリザーブドライバーでもある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム