マックス・フェルスタッペン「ホンダF1は安全に行き過ぎるところがある」

2019年9月15日
マックス・フェルスタッペン「ホンダF1は安全に行き過ぎるところがある」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、エンジンサプライヤーであるホンダF1には“安全に行き過ぎる”ところがあると語る。

マックス・フェルスタッペンは2019年にホンダを批判しないように注意しており、レッドブルはホンダとの新たなコラボレーションをフルサポートすることを選んでいる。

バレンティーノ・ロッシ 「若いF1ドライバーが慕ってくれるのは光栄」

2019年9月15日
バレンティーノ・ロッシ 「若いF1ドライバーが慕ってくれるのは光栄」
MotoGPのレジェンドであるバレンティーノ・ロッシは、F1の若手ドライバーが自身のファンだと言ってくれるのは“光栄”なことだと語る。

先週末のF1イタリアGPでは、マクラーレンのランド・ノリスは、バレンティーノ・ロッシと同じデザインを採用したヘルメットとレーシングギアを着用して、モータースポーツ界の“史上最高”のライダーに対する称賛と憧れを語っていた。

ダニール・クビアト、シンガポールに自信「僕たちには良いペースがある」

2019年9月15日
F1 ダニール・クビアト、シンガポールに自信「僕たちには良いペースがある」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1シンガポールGPで競争力を発揮できると自信を持っている。

前戦イタリアGPでは、ピットストップ直後にオイル漏れが発生してリタイアを強いられたダニール・クビアトだが、それまではポイントを獲得できるポジションでレースを進めていた。

WRC | トヨタ第11戦 ラリー・トルコ 3日目レポート

2019年9月15日
WRC
9月14日(土)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリー・トルコのデイ3が、トルコ南西部アスパランのサービスパークを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 10号車)が総合6位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車) が総合7位につけた。なお、デイ2で総合8位につけていたオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(8号車)は、ロードセクションでECU(電子制御ユニット)にトラブルが発生し、デイリタイアとなった。

マクラーレン「ルノーとの選手権4位争いより来季マシンの開発が重要」

2019年9月15日
F1 マクラーレン「ルノーとの選手権4位争いよりも来季マシンの開発が重要」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、コンストラクターズ選手権4位のポジションを“可能な限り長く”守っていくが、それによって2020年F1マシン『MCL35』の開発計画を損なうようなことをするつもりはないと語る。

F1イタリアGPでは、ランド・ノリスが10入賞でなんとか1ポイントを獲得したマクラーレン。だが、ルノーが4位と5位でフィニッシュしたことで18ポイント差まで迫り、残り7戦で“ベスト・オブ・レスト”の称号をかけた戦いは激化する様相を見せている。

ハースF1チーム、グロージャンかヒュルケンベルグかで結論出ず

2019年9月15日
ハースF1チーム、グロージャンかヒュルケンベルグかで結論出ず
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーとチーム創設者のジーン・ハースは、2020年のケビン・マグヌッセンのチームメイトをロマン・グロジャンまたはニコ・ヒュルケンベルグのどちらにするかをまだ決めあぐねている。

ケビン・マグヌッセンとハースF1チームとの契約は2020年まで残っているが、チームメイトに関しては、ロマン・グロージャンとの契約を延長するか、もしくはルノーのF1シートを喪失するニコ・ヒュルケンベルグを起用するかの2択に絞られている。

アラン・プロスト「モンツァでの好成績はルノーのプレッシャーを緩和した」

2019年9月15日
F1 アラン・プロスト「モンツァでの好成績はルノーのプレッシャーを緩和した」
ルノーF1チームのディレクターを務めるアラン・プロストは、F1イタリアGPでの好成績は、過去数ヶ月間でファクトリーチームに蓄積していたプレッシャーを和らげるのに役立ったと語る。

F1イタリアGPでは、ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグの両ドライバーが予選でQ3進出を果たし、決勝でも完璧なレースを戦い、リカルドが4位、ヒュルケンベルグが5位でフィニッシュ。

MotoGP サンマリノGP 予選 | M.ビニャーレスが12戦ぶりにPP獲得

2019年9月15日
MotoGP サンマリノGP 予選
MotoGP 第13戦サンマリノGPの公式予選が9月14日(土)にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで行われ、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が12戦ぶりにポールポジションを獲得した。

気温26度、路面温度40度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手に進出した総合5位のマーベリック・ビニャーレスは今季11度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGP以来今季2度目、最高峰クラスで8度目、キャリア通算19度目のポールポジションを奪取した。

トロロッソF1代表 「ピエール・ガスリーはすぐに自信を取り戻す」

2019年9月14日
トロロッソF1代表 「ピエール・ガスリーはすぐに自信を取り戻す」
トロロッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、アレクサンダー・アルボンのレッドブル昇格、そして、トロロッソに戻ってきたピエール・ガスリーについて語った。

1年前、フランツ・トストは、アレクサンダー・アルボンが2019年にレッドブルRB15を走らせることになっているとは考えもしなかったが、今それは現実となっている。そして、トストにはトロロッソに降格してきたピエール・ガスリーの自身を再構築するというやらなければならない仕事がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム