レッドブルF1 「独自F1エンジンの学習曲線は非常に深い」

2022年9月26日
レッドブルF1 「独自F1エンジンの学習曲線は非常に深い」
レッドブルは、2026年に発効されるF1の次世代エンジンレギュレーションの変更に向けて、独自のF1パワーユニットの準備に懸命に取り組んでいるが、チームのテクニカルディレクターであるピエール・ワシェが、今後の重要なタスクについて概説した。

レッドブル・パワートレインズは昨年、ホンダのF1パワー ユニットの運用を引き継ぐために設立された。その後、2026 年シーズンから独自のメーカーとなる。ミルトン キーンズを拠点とする F1オペレーションは、フェラーリに加わり、シャシーとエンジンの両方の部門を 1つのキャンパスにまとめた。

アルグエルスアリ 「激怒するヘルムート・マルコの夢で泣きながら目覚める」

2022年9月25日
元トロロッソF1のハイメ・アルグエルスアリ 「激怒するヘルムート・マルコの夢で泣きながら目覚める」
元トロ・ロッソのF1ドライバーであるハイメ・アルグエルスアリは、今でも怒ったヘルムート・マルコにひどく叱りつけられる“非常に奇妙”な夢をまだ見ており、“まるで子供のよう”に涙を流して目を覚ますと語る。

ハイメ・アルグエルスアリは、2009年にセバスチャン・ブルデーに代わってトロ・ロッソのドライバーに抜擢された。アルグエルスアリは、それまで F1 マシンを運転したことがなく、19歳125日でのF1デビューは、当時のF1史上最年少のドライバーとなった。

アンドレッティ 「2024年のF1参入をあきらめてはいない」

2022年9月25日
アンドレッティ 「2024年のF1参入をあきらめてはいない」
元F1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、2024年にアンドレッティ・グローバルF1チームをグリッドに並べることを諦めてはおらず、プロジェクトはまだ「許可を与えられたかのように準備している」と語る。

2021年末にかけて、アンドレッティがザウバーF1チームの過半数の株式を引き継いでF1に参入することに興味を持っていることが最初に報告された。だが、チームの支配権の問題により、交渉は決裂した。

メルセデスF1 「2026年F1エンジンで類似しているのは非競争的な部分だけ」

2022年9月25日
メルセデスF1 「2026年F1エンジンで類似しているのは非競争的な部分だけ」
F1の既存のパワーユニットメーカーが、2026年のF1レギュレーション変更に向けて優位性を保持するのではないかとの懸念が浮上している。

F1は、現在使用されているターボハイブリッドの次世代に目を向けており、先月FIAモータースポーツ世界評議会によって新しいF1パワーユニット規制が評決された。

ケビン・マグヌッセン 「フェルスタッペンとレッドブルF1のコンビは別次元」

2022年9月25日
ケビン・マグヌッセン 「フェルスタッペンとレッドブルF1のコンビは別次元」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンなどに定期的に挑戦し、最高のチームとレースできることを証明したいと考えている。

ケビン・マグヌッセンは、モンツァで行われた前戦F1イタリアGPでかなり順位を落とし、最後にチェッカーフラッグを通過したドライバーとなった。

Moto2 日本GP 決勝:小椋藍、もてぎで今季3勝目!

2022年9月25日
Moto2 日本GP 決勝:小椋藍、もてぎで今季3勝目!
2022年 Moto2 第16戦日本GPの決勝レースが9月25日(日)にモビリティリゾートもてぎで行われ、小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が優勝した。

13番グリッドの小椋藍は、1ラップ目に8人を抜いて5番手、5ラップ目に3番手、7ラップ目には2番手に浮上。13ラップ目に1番手を抜いてトップに飛び出すと、14ラップ目と18ラップ目にはファステストラップを叩き出し、第5戦スペインGP、第12戦オーストリアGPに続き、今季3勝目。

カルロス・サインツ、F1シンガポールGPにむけて過酷なトレーニング

2022年9月25日
カルロス・サインツ、F1シンガポールGPにむけて過酷なトレーニング
フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が、F1シンガポールGPにむけた過酷なトレーニングを公開した。

今月末に開催されるF1シンガポールGPは、高い気温に加えて、湿度も高く、低速コーナーが連続するストリートサーキットでのレースは、精神的にも肉体的にもシーズンで最も過酷なレースのひとつとなる。

レッドブルF1代表 「リカルドを雇うようアルピーヌにアドバイスする」

2022年9月25日
レッドブルF1代表 「リカルドを雇うようアルピーヌにアドバイスする」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドがF1で道に迷ってしまったことを認めつつも、「そこにはまだ有能なドライバーがいる」と主張し、アルピーヌF1チームにダニエル・リカルドを再び雇うようアドバイスすると語った。

ダニエル・リカルドは、2019年にレッドブルからルノーに移籍したが、両者にとって期待外れの2シーズンの後、2020年にマクラーレンへと移籍した。

角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」

2022年9月25日
角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」
角田裕毅は、2023年にアルファタウリF1で3シーズン目を迎えることが発表されたが、racingnews365は、それはレッドブルの選択ではなく、そうせざるを得ない状況だったに過ぎないと厳しい意見を述べている。

一見すると、角田裕毅にとっては、少なくともあと1年F1キャリアを継続できることは朗報だ。ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍した場合、ジュニアチームから2人の新しいドライバーを起用する必要がないため、ドライバーを継続することはアルファタウリとレッドブルにとっても朗報だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム