マクラーレン 「性能改善が原因であればルノーの信頼性問題も許容」

2018年1月23日
F1 マクラーレン ルノーF1
マクラーレンは、2018年もルノーのF1パワーユニットに信頼性問題が発生することは考えているが、それがパフォーマンスを追求するための代償であるならば許容する意思があると語る。

3年間の大部分で信頼性とパワー不足に苦しんだホンダとのパートナーシップを終え、マクラーレンはルノーのF1パワーユニットに切り替えて、2018年に表彰台へ復帰を目指している。

ウィリアムズ 「クビサを2019年のドライバーに起用する可能性はある」

2018年1月23日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサには2019年にウィリアムズのレースドライバーを務めるチャンスが残されていると同チームの最高技術責任者を務めるパディ・ロスは語る。

2018年のウィリアムズのドライバー候補に挙げられていたロバート・クビサだが、最終的にウィリアムズはセルゲイ・シロトキンの起用を決断。ロバート・クビサはリザーブ兼開発ドライバーとしてチームに所属することになった。

【IMSA】 アキュラ/ペンスキー、『ARX-05 DPi』のカラーリングを公開

2018年1月23日
IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 アキュラ ペンスキー
アキュラ・チーム・ペンスキーは、今週末のデイトナ24時間レースでデビューを飾るDPiマシン『Acura ARX-05 DPi』のレースカラーリングを発表した。

昨年7月、ペンスキーは2018年にホンダの北米ブランドであるアキュラの新型レースカー『Acura ARX-05』でIMSAスポーツカー選手権のデイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)クラスに復帰することを発表。

【F1】 将来のF1レギュレーション変更にむけて“3つの要因”に注力

2018年1月23日
F1 レギュレーション F1世界選手権
F1世界選手権の将来の方向性に取り組むスペシャリストのチームは、将来のF1レギュレーション変更にむけてクルマのパフォーマンスを改善させる要素として“空力”“エンジン”“サスペンション”の3つの分野に注力している。

リバティメディアが新たなオーナーとなったF1は、視聴者数を増やし、ファンとのエンゲージメントを強化することを強く望んでいる。

「バレンティーノ・ロッシは初F1テストでシューマッハを“驚かせた”」

2018年1月23日
F1 バレンティーノ・ロッシ ミハエル・シューマッハ ロードレース世界選手権
元フェラーリのエンジニアを務めたルイジ・マッツォーラは、2004年にバレンティーノ・ロッシがフェラーリのF1テストをテストした際にミハエル・シューマッハを驚かせていたと振り返った。

9度のロードレース世界選手権チャンピオンであるバレンティーノ・ロッシは、彼とミハエル・シューマッハがそれぞれの選手権で絶頂期だった2004年にフィオラノでフェラーリのF1マシンを初テストした。

【WEC】 トヨタ、2018年型『TS050 HYBRID』で初テストを完了

2018年1月23日
トヨタ自動車 FIA 世界耐久選手権 TS050 HYBRID
トヨタは、2018/19シーズンのFIA 世界耐久選手権(WEC)に投入するLMP1カー『TS050 HYBRID』での初テストを完了させた。

トヨタはスペインのアラゴン・サーキットで3日間のテストを実施。セバスチャン・ブエミとマイク・コンウェイが最新版のTS050 HYBRIDを走らせた。

トヨタの広報担当は「良いスタートが切れました。多くの走行距離を重ね、懸念事項もありませんでした」と Autosport に述べた。

マノー、F1復帰の可能性は閉ざさず

2018年1月23日
F1 マノー
マノーは、F1に復帰する可能性を閉ざしてはいない。

2011年にF1参入したヴァージン→マルシャを引き継いでF1に参戦したマノーは、2016年に財政破綻。2017年F1マシンの設計を進めていたものの、投資家を見つけることができず、2017年シーズン開幕を待たずして消滅。

フォース・インディア 「マクラーレンとルノーは大きな脅威」

2018年1月23日
F1 マクラーレン ルノーF1 フォース・インディア
フォース・インディアは、マクラーレンとルノーが2018年のF1コンストラクターズ選手権争いで“大きな脅威”になると考えている。

フォース・インディアは、2年連続でコンストラクターズ選手権4位を確保。2017年は5位のウィリアムズに104ポイント差をつけて中団グループに大きな差をつけた。

【WRC】 J SPORTS、「WRC世界ラリー選手権2018」全戦を中継・配信

2018年1月23日
世界ラリー選手権 Mスポーツ WRC
国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局 J SPORTSは、 1月25日に開幕する世界最高峰ラリーの「WRC世界ラリー選手権2018」を昨年に引き続き全戦放送および配信する。

WRC世界ラリー選手権は、今年もラリー・モンテカルロ(モナコ)の開幕戦から始まり、11月のラリー・オーストラリア(オーストラリア)まで約1年をかけて世界中を転戦しながら、熱き戦いを繰り広げる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム