ハースF1チームのアキレス腱はフェラーリPUのMGU-Kの信頼性

2022年6月27日
ハースF1チームのアキレス腱はフェラーリPUのMGU-Kの信頼性
ハースF1チームは、最近のレースでのメカニカル問題について調査。フェラーリのMGU-Kが問題のあるコンポーネントとして特定された。

Auto Motor und Sportは、最近のレースでケビン・マグヌッセンとミック・シューマッハが遭遇したメカニカル的な故障は、フェラーリが供給したMGU-Kに起因していると報道。

F1:2030年までにネットゼロカーボン目標を達成する新たな取り組みを開始

2022年6月27日
F1:2030年までにネットゼロカーボン目標を達成する新たな取り組みを開始…2026年に100%持続可能な燃料を導入
F1は、2030年までにネットゼロカーボンを目標に新たな取り組みを開始した。

2019年、F1はより広範な持続可能性戦略の一環として、ネットゼロカーボンへの取り組みについて概説した。2026年までに、F1は次世代ハイブリッドエンジンとともに新しい持続可能な燃料を導入する予定としている。

アルファタウリF1、Buzzグループと複数年にわたるパートナシップを締結

2022年6月27日
アルファタウリF1、Buzzグループと複数年にわたるパートナシップを締結
スクーデリア・アルファタウリとBuzzグループは、持続可能な開発イニシアチブの加速と若手ドライバーの育成支援を目的とする、複数年にわたる意欲的なパートナーシップを締結したことを発表した。

Buzzグループはモータースポーツと技術革新に根ざした情熱と、また環境にポジティブな影響を与えるというミッションを持ち続けているが、このF1への新たなコミットメントは同グループの長期戦略ビジョンにおいて重要なマイルストーンとなっている。

ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」

2022年6月27日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを「他のF1ドライバーにはないスキルを持っている」と非常に高い評価を与える。

レッドブル・レーシングは、2021年にアレクサンダー・アルボンをリザーブ兼開発ドライバーに役割に降格させることを決定した後、ドライバープールの外部からセルジオ・ペレスを獲得し、マックス・フェルスタッペンのチームメイトに据えた。

ナイジェル・マンセル、F1タイトル獲得マシン『ウィリアムズFW14B』で走行

2022年6月27日
ナイジェル・マンセル、F1タイトル獲得マシン『ウィリアムズFW14B』で走行
1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセンが、6月26日(日)にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでウィリアムズFW14Bのスタアリングを握った。

1992年シーズンの最終戦オーストラリア以来、ナイジェル・マンセルがウィリアムズFW14Bを運転したのは今回が初めてとなる。この車はF1史上最も歴史的で支配的なマシンの1台であり、マンセルは30年前に16戦中9レースで勝利を収めている。

MotoGP オランダGP:フランチェスコ・バニャイアが今季3勝目

2022年6月27日
MotoGP オランダGP:フランチェスコ・バニャイアが今季3勝目
2022年 MotoGP 第11戦 オランダGPの決勝レースが6月26日(日)TT・サーキット・アッセンで行われ、フランチェスコ・バニャイアが優勝した。

気温22度、路面温度30度のドライコンディションの中、ポールポジションのフランチェスコ・バニャイアがホールショットを決めた後、レースをコントロール。6年前にキャリア初優勝を挙げた舞台で第6戦スペインGP、第8戦イタリアGPに続き、今季3勝目を挙げ、総合6位から4位に浮上した。

ニースでのF1グランプリ開催計画に地元住民が反対「税金の無駄遣い」

2022年6月27日
ニースでのF1グランプリ開催計画に地元住民が反対「税金の無駄遣い」
F1フランスGPをニースのストリートで開催するという計画は初期の障害にぶつかっているという。

ポール・リカールでの現在のF1フランスGP、あるいは象徴的なF1モナコGPでさえも、ニースに移転する可能性があるという報道がなされており、フランス人ドライバーのエステバン・オコンはその計画のサポーターであることを認めている。

メルセデスF1代表 「信頼性100%の記録にあまり興奮したくはない」

2022年6月27日
メルセデスF1代表 「信頼性100%の記録にあまり興奮したくはない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年シーズンのチームの優れた信頼性の記録にあまり夢中になっていない。

コンストラクターズタイトルを8連覇してきたメルセデスF1だが、今年は新世代F1マシンの深刻なポーパシング(ポーポイズ現象)に苦しめられており、タイトル争いから外れている。

ポルシェ、F1復帰は「強力なパートナーとの協力にしか関心はない」

2022年6月27日
ポルシェ、F1復帰は「強力なパートナーとの協力にしか関心はない」
ポルシェは、F1復帰への道を模索しているが、同社のCFOを務めるルッツ・メシュケは「強力なパートナー」との協力することしか関心はないと語る。

5月にフォルクスワーゲンの最高経営責任者であるヘルベルト・ディースは、アウディとポルシェが2026年にF1に参入することを確認したが、正確な参入方法はまだ確立されていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム