ダニール・クビアト、F1復帰はアメリカグランプリ1戦限り?

2017年10月18日
ダニール・クビアト スクーデリア・トロ・ロッソ アメリカグランプリ
ダニール・クビアトのトロ・ロッソでのF1復帰はアメリカGPでの1戦限りとなる可能性が報じられている。

レッドブルは、ピエール・ガスリーをトロ・ロッソでF1デビューさせ、ダニール・クビアトは、マレーシアGPと日本GPの2戦でシートを失った。

しかし、ピエール・ガスリーは、今週末、タイトルを賭けて日本でスーパーフォミュラに参戦するため、ダニール・クビアトはF1アメリカGPでシートに復帰することになった。

カルロス・サインツのスポンサーもルノーに移籍へ

2017年10月18日
カルロス・サインツJr. ルノー スクーデリア・トロ・ロッソ
カルロス・サインツのルノー移籍に伴い、彼のスポンサーもトロ・ロッソからルノーに移ることになるようだ。

2018年のフルシーズンに先立ち、カルロス・サインツは今週末のF1アメリカGPからルノーのドライバーとしてF1を戦う。

ルノーでカルロス・サインツを新チームメイトとして迎えるニコ・ヒュルケンベルグは、サインツとの仕事を楽しみにしていると語る。

ブレンドン・ハートレー、カーナンバー39でF1デビュー

2017年10月18日
ブレンドン・ハートレー スクーデリア・トロ・ロッソ アメリカグランプリ
ブレンドン・ハートレーは、今週末のF1アメリカGPでカーナンバー39を装着したトロ・ロッソのF1マシンでF1デビューを果たす。

トロ・ロッソは、今週末のF1アメリカGPで、ルノーに移籍するカルロス・サインツ、日本でスーパーフォーミュラに参戦するピエール・ガスリーの代役として元レッドブルのジュニアドライバーであるブレンドン・ハートレーを起用する。

ホンダF1 「アロンソに良いエンジンを与えられず申し訳ない」

2017年10月18日
ホンダF1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、フェルナンド・アロンソに良いエンジンを提供できなかったことを残念に思うとしながらも、ホンダ内にはアロンソの度重なる厳しい批判を快く思っていない人々もいたと明らかにした。

2015年に新生“マクラーレン・ホンダ”として大きな期待を背負ってF1に復帰したホンダだが、信頼性とパフォーマンス不足を改善することができず、今シーズン限りでマクラーレンとのパートナーシップに終止符を打つ。

マクラーレン、LAT_56との4年間のパートナーシップ契約を発表

2017年10月18日
マクラーレン フォーミュラ1
マクラーレンは、トラベルバッグブランド「LAT_56」と2018年から4年間のパートナーシップ契約を結んだことを発表した。

デザイナーのケビン・フォックスが設立したスコットランドに本拠地を置くLAT_56は、2018年シーズン以降、マクラーレンの移動用のラゲッジアイテムを供給する。

【スーパーフォーミュラ】 トヨタ:2017年 最終戦 鈴鹿 プレビュー

2017年10月17日
スーパーフォーミュラ 鈴鹿サーキット
全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第16回JAF鈴鹿グランプリ」が10月21日(土)と22日(日)の両日、三重県の鈴鹿サーキットで開催される。

全7戦で戦われている2017年のスーパーフォーミュラもいよいよ最終戦となり、タイトルを決定する天王山を迎える。最終戦は例年どおり2レース制で行われ、それぞれのレースでの獲得ポイントは通常の半分となる。

カルロス・サインツ:2017 F1アメリカグランプリ プレビュー

2017年10月17日
カルロス・サインツJr. ルノーF1 アメリカグランプリ
カルロス・サインツが、ルノーへの加入、F1アメリカGPが開催されるオースティンの街とサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、そして、新たなチームメイトとなるニコ・ヒュルケンベルグについて語った。

カルロス・サインツ (ルノー)
「チームに加入することにとても興奮しているし、すぐに全力で仕事に取り組めんでいくことを楽しみにしている。オースティンにむけて学ばなければならないことはたくさんあるし、たくさんの人々に会って、ハードワークをこなしている」

ニコ・ヒュルケンベルグ:2017 F1アメリカグランプリ プレビュー

2017年10月17日
ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1 アメリカグランプリ
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1アメリカGPが開催されるオースティンの街とサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、そして、新たなチームメイトとなるカルロス・サインツについて語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
オースティンはクールな街だし、素晴らしい場所だ。テキアスに行くの大好きだ。トラックが大好きだし、過去数年で作られた近代トラックのなかでも傑出している。デザインはクールなコーナーの組み合わせがたくさんあって素晴らしいし、流れが本当にいい」「

ホンダF1 「アメリカグランプリは残り4戦で一番のチャンス」

2017年10月17日
マクラーレン ホンダF1 アメリカグランプリ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介とマクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエが、F1アメリカグランプリへの意気込みとサーキット・オブ・ジ・アメリカについて語った。

「アジアでの忙しい数週間を終え、我々は今2017年シーズンの最終段階のためにアメリカへと向かいます」とホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介はコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム