F1最高技術責任者 「電化だけが将来のF1パワーユニットの答えではない」

2022年1月17日
F1最高技術責任者 「電化だけが将来のF1パワーユニットの答えではない」
F1の最高技術責任者を務めるパット・シモンズは、F1パワーユニットにおける電気要素は重要だと感じてはいるものの、検討する必要のあるオプションは他にもあると語る。

F1は、パット・シモンズ曰く、2025年にグランプリ週末を完全にサスティナブルで運営し、2030年までにネットカーボンゼロを達成するという“野心的”で“非常に厳しい”目標を立てている

オスカー・ピアストリ 「リザーブとして過ごす2022年は無駄ではない」

2022年1月17日
アルピーヌF1のオスカー・ピアストリ 「リザーブとして過ごす2022年は無駄ではない」
F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務める2022年が無駄な1年になるとは考えていない。

オスカー・ピアストリは、2021年のF2シーズンの傑出したドライバーであり、2位に60.5ポイントもの差をつけてタイトルを獲得。F3、F2と2年連続でルーキーシーズンにチャンピオンを獲得するという偉業を成し遂げた。

ニコラス・ラティフィ 「自分がウィリアムズF1のリーダーになる必要がある」

2022年1月17日
ニコラス・ラティフィ 「自分がウィリアムズF1のリーダーになる必要がある」
ニコラス・ラティフィは、2022年F1シーズンで自分がウィリアムズF1のチームリーダーになる必要があると感じている。

最初の2年間は、ウィリアムズF1には1年先にデビューを果たしたジョージ・ラッセルがいたため、ニコラス・ラティフィはチーム内で経験の浅い方のドライバーだった。

セバスチャン・ベッテル 「再びアロンソと戦えたのは特別なことだった」

2022年1月17日
F1:セバスチャン・ベッテル 「再びアロンソと戦えたのは特別なことだった」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルにとって、2021年は困難なシーズンとなったが、古いライバルであるフェルナンド・アロンソとの戦いにいくつか楽しみを見い出していた。

かつてタイトルを争った2人のF1ワールドチャンピオンは、フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1で2年ぶりにグリッドに戻ってきたことで、再びコース上で再会した。

角田裕毅、真価を問われる2年目 「言い訳は通じない。結果を求めていく」

2022年1月17日
F1:角田裕毅、真価を問われる2年目 「言い訳は通じない。結果を求めていく」
アルファタウリF1の角田裕毅が、ルーキーシーズンを振り返るとともに、2年目となる2022年シーズンについての豊富を語った。

昨年、7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてアルファタウリF1でデビューを飾った角田裕毅は、開幕戦バーレーンGPで9位入賞という好スタートを切ったが、その後はクラッシュなどのミスが多発し、次第に自信を失っていく。

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のリザーブは良い経験だった」

2022年1月17日
ウィリアムズでF1復帰のアレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のリザーブは良い経験だった」
ウィリアムズでF1復帰するアレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとしてF1を見ていた1年間の経験が自分をより良いドライバーにしたと感じていると語る。

2019年にトロロッソでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、その活躍が認められて、シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格。しかし、2020年は前任のピエール・ガスリーと同様に苦戦を強いられ、シーズン末でシートを喪失。2021年はリザーブドライバーとして傍観することになった。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとラッセルがテレビをつけさせた」

2022年1月17日
F1:フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとラッセルがテレビをつけさせた」
フェルナンド・アロンソは、F1を離れている間にマックス・フェルスタッペンとジョージ・ラッセルがF1を観るためにテレビをつけさせたと語る。

2018年シーズンの終わりにフェルナンド・アロンソはマクラーレンとの2度目のスティントに終止符を打ち、その時点でF1からも離れた。トヨタからWECに参戦したアロンソは、ル・マン24時間レースを2回制し、2018-19のWECチャンピオンに輝いた。

ピエール・ガスリー 「F1ワールドチャンピオンになる目標は諦めていない」

2022年1月16日
ピエール・ガスリー 「F1ワールドチャンピオンになる目標は諦めていない」
ピエール・ガスリーは、F1ワールドチャンピオンになるという目標を決して諦めてはいないと語る。

アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2021年の傑出したパフォーマーの一人であり、バクーでの表彰台を含めて複数回トップ6でフィニッシュした。

ランド・ノリス 「2022年の早い段階からラッセルと戦えることを期待」

2022年1月16日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「2022年の早い段階からラッセルと戦えることを期待」
ランド・ノリスは、2022年シーズンの早い段階から昔からのライバルであるジョージ・ラッセルとレースができることが、マクラーレンにとっての明らかな進歩の兆候になると見なしている。

2019年に同期としてF1デビューを果たした2人だが、これまでのシーズンの大部分でランド・ノリスはジョージ・ラッセルよりもはるかに競争力のあるマシンを持っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム