【動画】 フェルスタッペンとハミルトンが接触…ヘイローが命を救う

2021年9月13日
【動画】 フェルスタッペンとハミルトンが接触…ヘイローが命を救う / F1イタリアGP 決勝
F1イタリアGPの決勝でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触。フェルスタッペンのマシンが乗り上げ、ヘイローがなければ、相当危険な状況だった。

25周目にこの日一番の大波乱が訪れる。ピットアウトしてきたルイス・ハミルトン(メルセデス)と1周前にタイヤ交換を終えていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がサイド・バイ・サイドでターン2に突入。

フェルスタッペン 「ルイスが僕を押しやってスペースを残さなかった」

2021年9月13日
マックス・フェルスタッペン 「ルイスが僕を押しやってスペースを残さなかった」 / F1イタリアGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2021年F1イタリアGPの決勝レースをリタイアで終えた。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、ターン1でダニエル・リカルドに先行を許し、2番手で追走する形になった。戦略を駆使してポジションを上げるべく、23周目にピットストップを行ったが、作業時間が長くなり、集団の中でレースに復帰する形となった。

角田裕毅、マシン故障でスタートできず「切り替えて次戦にフォーカス」

2021年9月13日
角田裕毅、マシン故障でスタートできず「切り替えて次戦にフォーカス」 / アルファタウリ・ホンダ F1イタリアGP 決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年F1イタリアGPの決勝直前にマシンに問題が見つかったことで、レースをスタートすることなく週末を終えることになった。

角田裕毅は、一度グリッドに着いたものの、こちらも問題が発覚し、グリッド上での修復を断念。ガレージに戻ったものの解決することができず、スタートに間に合わなかった。

【動画】 2021年 F1イタリアGP 決勝 ハイライト

2021年9月13日
【動画】 2021年 F1イタリアGP 決勝 ハイライト
F1イタリアGP 決勝のハイライト動画。2021年 F1世界選手権 第14戦 F1イタリアGPの決勝レースが9月12日(日)にモンツァサーキットで行われた。

3日間にわたってモンツァは快晴に恵まれ、決勝日の気温28.5度、路面温度44.2度のドライコンディション。53周のレースのスタートが切られた。

F1イタリアGP 結果:ダニエル・リカルド優勝でマクラーレンがワンツー!

2021年9月13日
F1イタリアGP 結果:ダニエル・リカルド優勝でマクラーレンがワンツー!フェルスタッペンとハミルトンは接触リタイア
2021年 F1イタリアGPの決勝が9月12日(日)にモンツァサーキットで行われ、ダニエル・リカルド(マクラーレン)が優勝。チームメイトのランド・ノリスが2位に続き、マクラーレンが1-2フィニッシュを飾った。

決勝日も天候は晴れ。気温28.5度、路面温度44.2度のドライコンディションでスタートした53周のレースはスタート前から波乱。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がグリッド上でマシントラブルが見つかり、ガレージで修復を試みるもレース出場を断念する。

【速報】 F1イタリアGP 決勝 結果:ダニエル・リカルドが優勝!

2021年9月12日
【速報】 F1イタリアGP 決勝 結果:リカルド優勝でマクラーレンが1-2!ホンダF1勢は3台がリタイア
F1イタリアGP 決勝の結果速報。9月12日(日)にモンツァサーキットで2021年 F1世界選手権 第14戦 イタリアGPの決勝レースが行われ、ダニエル・リカルド(マクラーレン)が優勝した。

ホンダF1勢は1台のみが完走。セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が5位入賞。チームメイトのマックス・フェルスタッペンは、ライバルのルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触してリタイアとなった。

フェルスタッペンとハミルトンが接触で両者リタイア / F1イタリアGP

2021年9月12日
フェルスタッペンとハミルトンが接触で両者リタイア / F1イタリアGP
F1イタリアGPは波乱の展開。タイトルを争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触して両者リタイアとなった。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタートで順位を落として2番手でレースを展開。24周目にピットに入るが、11.1秒とタイヤ交換に時間がかかってしまう。

角田裕毅、スタート直前のブレーキ問題で出場を断念 / F1イタリアGP

2021年9月12日
角田裕毅、スタート直前のブレーキ問題で出場を断念 / F1イタリアGP
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年F1イタリアGPの決勝を残念ながらスタートできずに終えることになった。

15番グリッドからスタートする予定だった角田裕毅。だが、決勝前のレコノサンスラップを終えた後、ブレーキに問題が発覚。グリッド上で修理することができず、ガレージにマシンを戻したが、アルファタウリ・ホンダはリタイアを決断。スタートすることなく週末を終えることになった。

ホンダF1 特集:1967年、モンツァでの勝利

2021年9月12日
ホンダF1 特集:1967年、モンツァでの勝利
1967年9月10日、モンツァ・サーキットで行われたF1イタリアGPでの優勝が、ホンダにとってF1での2勝目になった。今週末レースが行われるのと同じ地で54年前に挙げたこの勝利について振り返る。

ホンダのF1初勝利は、1965年のメキシコGP。エルマノス・ロドリゲス・サーキットだった。超ロングストレートを持つこのコースでの勝利が、当時のホンダのF1マシンの特長を示していたのかもしれない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム