アルファタウリF1代表 「クビアトの4位は運ではなく戦略で掴んだ結果」

2020年11月5日
アルファタウリF1代表 「クビアトの4位は運ではなく戦略で掴んだ結果」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、F1エミリア・ロマーニャGPでダニール・クビアトが終盤に順位を上げて4位入賞を果たすことができたのは、運ではなく、良い戦略がだったと語る。

先週末にイモラで開催されたF1エミリア・ロマーニャGPでは、レース終盤にマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がパンクが原因でストップしたことでセーフティカーが導入された。その時、ダニール・クビアトは8番手を走行していた。

アルファタウリ・ホンダF1、ガスリーのラジエーター破損は「溶接の欠陥」

2020年11月3日
アルファタウリ・ホンダF1、ガスリーのラジエーター破損は「溶接の欠陥」 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1は、ピエール・ガスリーがF1エミリア・ロマーニャGPでリタイアを余儀なくされたのは、ラジエーターの溶接の欠陥が水圧の低下を引き越したことによるものであることを確認した。

ピエール・ガスリーはイタリアで素晴らしい週末を過ごしてきた。9月のモンツァで衝撃的な勝利を収めたガスリーは、イモラでは予選4番グリッドを獲得し、9周目にチームからリタイアを伝えられるまで5番手を走行していた。

【画像】 バルテリ・ボッタスのマシンに引っかかっていたデブリ

2020年11月3日
【画像】 バルテリ・ボッタスのマシンに引っかかっていたデブリ…0.7~0.8秒のロス / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
メルセデスF1は、F1エミリア・ロマーニャGPのレース序盤からバルテリ・ボッタスのマシンに引っかかっていたデブリの画像を公開。そのサイズの大きさに“信じられないものだった”と述べた。

ポールポジションからリードを維持したバルテリ・ボッタスだったが、2周目にケビン・マグヌッセン(ハース)との接触でセバスチャン・ベッテルのフェラーリから落ちたフロントウイングのエンドプレートの大きな塊を乗り越えた。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは“エンジンモード8”が好きではない」

2020年11月3日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは“エンジンモード8”が好きではない」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでマックス・フェルスタッペンが“エンジンモード8”で走行することを拒否した件について説明した。

F1エミリア・ロマーニャGPで、マックス・フェルスタッペンはバルテリ・ボッタスを追い抜くためにエンジンモード8を試すことを提案された。チャージンモードであるモード8は、ターン15の立ち上がりで事実上のオーバーテイク機能を可能にする。

ホンダF1:2020年 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝レポート

2020年11月3日
ホンダF1:2020年 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝レポート
イタリアのイモラ・サーキットで行われたF1エミリア・ロマーニャGPの決勝は、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトが4位入賞を果たしました。一方、マックス・フェルスタッペンが2位走行中にリタイアを喫するなど、その他のホンダ パワーユニット勢にとっては残念な結果となった。

予選では4台全車がトップ8に入ったホンダ パワーユニット勢は、3番グリッドのフェルスタッペンが好スタートを決め、ルイス・ハミルトン(メルセデス)をかわしてバルテリ・ボッタス(メルセデス)に次ぐ2番手につける。

マックス・フェルスタッペン、パンクでリタイア「マシンは壊れてなかった」

2020年11月2日
マックス・フェルスタッペン、パンクでリタイア「マシンは壊れてなかった」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースをタイヤがパンクしたことでリタイアでレースを終えた。

3番グリッドのマックス・フェルスタッペンはスタートでルイス・ハミルトンを抜いて2番手に浮上。その後、3番手を走行していたハミルトンがバーチャルセーフティカー中の30周目にタイヤ交換してトップに浮上して3番手に順位を落とす。

F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2020年11月2日
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はメルセデスのルイス・ハミルトン。第1スティントを伸ばし、絶好のタイミングで訪れたバーチャルセーフティカー期間中にピットインしてトップに立ったハミルトンは、そこから快適にレースを展開。今季9勝目、通算93勝目を挙げた。2位にもバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが今季6回目のワンツー・フィニッシュで7年連続となるコンストラクターズタイトルを確定させた。

F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2020年11月2日
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

以前にF1サンマリノGPの開催地だったイモラ・サーキットは、新型コロナウイルスによって2020年のF1世界選手権で改訂されたことによって、2006年以来14年ぶりに1回限りでF1カレンダーに戻ってきた。

レッドブル・ホンダF1 分析:パワー不足とアレクサンダー・アルボンの穴

2020年11月2日
レッドブル・ホンダF1 分析:パワー不足とアレクサンダー・アルボンの穴 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
レッドブル・ホンダF1にとってF1エミリア・ロマーニャGPは、メルセデスに対するホンダのF1パワーユニットのパワー不足とアレクサンダー・アルボンを戦略に利用できない弱みが強調される結果となった。

3番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタートでルイス・ハミルトンを攻略し、2番手でトップを走行するバルテリ・ボッタスに喰らいついていった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム