FIA 将来のF1エンジン技術の方向性は「市販車との関連性が決定要因」

2024年1月6日
FIA 将来のF1エンジン技術の方向性は「市販車との関連性が決定要因」
FIA(国際自動車連盟)は、F1エンジンの長期的な方向性は、自動車メーカーにとってF1が市販車と関連したものであり続けることを保証するものによって決定されると述べている。

F1は2026年からの次期ルールサイクルにおいて、完全に持続可能な燃料で走るターボハイブリッドパワーユニットを採用することを約束している。

FIA バンプでクラッシュ発生もF1マシンの車高は調整せず

2024年1月5日
FIA バンプでクラッシュ発生もF1マシンの車高は調整せず
FIA(国際自動車連盟)は、2023年にコース上でのバンプに起因する2件の事故が起きたにもかかわらず、F1マシンの車高を上げることに介入しないことを選択した。

2023年シーズン後半、ランド・ノリスとカルロス・サインツがそれぞれラスベガスとヤス・マリーナでバンプに起因するクラッシュに見舞われている。

FIA 2026年F1マシンの最低重量制限をめぐる「値引き交渉には屈しない」

2024年1月3日
FIA 2026年F1マシンの最低重量制限をめぐる「値引き交渉には屈しない」
FIA(国際自動車連盟)は、F1マシンが密かに大きくなりすぎることを避けるために、2026年の新ルール時代に向けたF1の最低重量制限をめぐる "駆け引き "を避けることを誓った。

現在のグラウンド エフェクト マシンに対する批判の1つは重すぎるということだ。現在の最小重量制限が 798kg に設定されている。

FIA ビン・スライエム会長 「F1の人気はNetflixだけには頼れない」

2023年12月28日
FIA ビン・スライエム会長 「F1の人気はNetflixだけには頼れない」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、F1の人気を高めるためにリバティ・メディアが尽力してくれたことにFIAが「恩義」を感じているとしながらも、Netflixだけがそのソースではないと警告している。

近年、F1の人気は急上昇しており、今ほどF1に注目が集まっているときはないだろう。2024年のF1カレンダーは史上最多の24戦に拡大される予定だが、F1への需要は非常に高いため、すでにスケジュールが定員に達していると判断されなければ、この数字は容易に高くなる可能性がある。

FIA フェラーリと協力してF1用ウェットタイヤと水しぶきの関連性をテスト

2023年12月26日
FIA フェラーリと協力してF1用ウェットタイヤと水しぶきの関連性をテスト
FIA(国際自動車連盟)は来年、極端なウェットコンディションでF1マシンからの水しぶきを減らす取り組みの一環として、ウェットタイヤテストを実施する。

最新世代のF1マシンでは、タイヤやディフューザーから発生する水しぶきが視界を制限するほどの影響を及ぼすことがドライバーたちから指摘されている。

F1のコストキャップは「反撃をより苦痛にする」とFIA

2023年12月25日
F1のコストキャップは「反撃をより苦痛にする」とFIA
F1のコストキャップはグリッドのギャップを埋めることに役だったかもしれないが、問題を抱えたチームが迅速に立ち直ることを妨げるというマイナス面もあるとFIA(国際自動車連盟)は考えている。

2021年以降、F1チームはグランプリレースをより安定した財政基盤に乗せるために導入された予算上限規制の下で運営しなければならなくなった。

FIA スティーブ・ニールセンが退任してF1体制の再編成に直面

2023年12月24日
FIA スティーブ・ニールセンが退任してF1体制の再編成に直面
FIA(国際自動車連盟)のF1チームは、スポーティングディレクターのスティーブ・ニールセンが退任することになり、2024年シーズン開幕前に再編成に直面することになったようだ。

尊敬を集めるニールセンは、もともと今年の初めに任命された。ロータス、ティレル、ベネトン、ウィリアムズ、アルファタウリなど数多くのチームでグランプリレースで長いキャリアを積んだ後、F1マネジメントに携わった。

2026年次世代F1マシンの変更点をFIAシングルシーター責任者が概説

2023年12月23日
2026年次世代F1マシンの変更点をFIAシングルシーター責任者が概説
新世代のF1マシンが2026年に導入される。FIA(国際自動車連盟)のシングルシーターディレクターであるニコラス・トンバジスが説明したように、マシンはより小さく、より軽く、より俊敏になる。

2022年、新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱のため、当初の予定より1年遅れて新たな技術規制が導入された。

FIA F1チームの審査権プロセスを厳格化するために手数料を導入

2023年12月22日
FIA F1チームの審査権プロセスを厳格化するために手数料を導入
FIA(国際自動車連盟)は、国際スポーツ規約を正式に更新し、F1チームが決定に異議を唱えることができる審査権のプロセスの変更を反映させた。

FIAは、チームに対し、リクエスト提出の窓口を狭め、手数料を導入することで、レビューの追及を二の足を踏ませることを望んでいる。新規定はFIA公認の全レースシリーズに適用されるが、必然的にF1の事例が最も注目されてきた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム