F1 | 2021年から燃料システムも標準パーツ化へ

2019年5月22日
F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1世界選手権で採用する標準パーツに関して、ギアボックス、ブレーキシステム、ホイールリムに続き、燃料システムの供給元についての入札を開始した。

入札期限は6月15日に設定され、FIAは7月15日に結果を発表するとしている。先の入札と同様に契約期間は2021年から2024年までの4年間となるが、FIAは供給契約を1年間延長する可能性もあるとしている。

F1 | 2021年からブレーキとホイールリムも標準パーツ化へ

2019年5月3日
F1
F1は、2021年から標準パーツを導入する予定となっているが、そのリストにブレーキとホイールリムも追加された。

リバティ・メディアとFIAは、コスト削減の一環として、ステアリングホイール、ペダル、ピットエキップメント、ライブシャッフトを標準コンピーネントのリストに挙げている。

F1 | 2020年からの予選Q4セッションの導入は見送り

2019年5月3日
F1
2020年のF1世界選手権から予選にQ4セグメントを追加するという提案は見送られた。

F1のオーナーであるリバティ・メディアは、現在のノックアウトスタイルのフォーマットに4番目の予選セグメントとして“Q4”を追加したいと考えていたが、現在のF1公式サプライヤーであるピレリがQ4セグメントへのタイヤ供給に対応できるかどうかに疑問を投げかける者も多かった。

F1 | 2020年からの予選Q4セッションの導入に賛否両論

2019年4月19日
F1
F1が2020年に予選にQ4セッションを追加すべきかどうかについて意見が分かれている。

F1のオーナーであるリバティ・メディアは、現在のノックアウトスタイルのフォーマットに4番目の予選セグメントとして“Q4”を追加したいと考えている。しかし、現在のF1公式サプライヤーであるピレリが、Q4セグメントへのタイヤ供給に対応できるかどうかに疑問を投げかける者も多い。

F1 | 予選Q4セッションの追加はタイヤの供給数が課題

2019年4月10日
F1
F1チームは、予選Q4セッションの追加には前向きなものの、それを実現するためにはピレリが十分なタイヤを供給することを望んでいる。

現在のF1の予選フォーマットは、Q1、Q2、Q3の3つのセッションに分けられ、最初の2つのセッションでそれぞれ5名ずつが脱落し、Q3セッションでポールポジションを賭けた10名によるシュートアウトが行われている。

F1 | 2019年の空力変更でオーバーテイクは最大50%増加

2019年4月8日
F1
FIA(国際自動車連盟)は、2019年の空力レギュレーション変更によってサーキット次第ではオーバーテイクが最大で50%増加することになると考えている。

F1は、2019年に向けて先行マシンに追従する際の乱気流を減らしてオーバーテイクを促進するためにフロントウイングとリアウイングのサイズ変更と単純化を含めた空力レギュレーションを変更した。

F1 | 2020年からの予選Q4セッションの追加を改めて検討

2019年4月5日
F1
F1ストラテジーグループは、2020年のF1世界選手権で予選にQ4セッションを導入するというアイデアを再び検討している。

現在のF1の予選フォーマットは、Q1、Q2、Q3の3つのセッションに分けられ、最初の2つのセッションでそれぞれ5名ずつが脱落し、Q3セッションでポールポジションを賭けた10名によるシュートアウトが行われている。

F1バーレーンGP | スタートシグナル問題の対策として後方にも増設

2019年3月30日
F1 バーレーンGP
FIA(国際自動車連盟)は、2019年の開幕戦オーストラリアGPでスタートシグナルが見えないドライバーがいたことを受け、F1バーレーンGPでリピーターライトを追加することを決定した。

リピーターライトは、メインのスタートシグナルよりもさらに後方グリッドに複数設置され、スターティングポジションに関係なく、すべてのドライバーがスタートシグナルを確認できるように配慮される。

マイケル・マシ、バーレーンGPでもF1レースディレクターを担当

2019年3月28日
F1 マイケル・マシ
マイケル・マシが、F1バーレーンGPでも再びF1レースディレクターを任されることが発表された。

開幕戦オーストラリアGPの直前、長年F1レースディレクターを務めてきたチャーリー・ホワイティングが急逝。今年のF1世界選手権で3分の1のラウンドで副レースディレクターを務めることになっていたマイケル・マシが代役として選ばれていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム