アラン・プロスト 「FIA会長の立候補しようとしていた」

2022年1月21日
F1:アラン・プロスト 「FIA会長の立候補しようとしていた」
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、FIA会長への立候補を検討していたことを明かした。

ジャン・トッドの任期が満了したことで、昨年末、新たなFIA官庁にモハメド・ビン・スライエムが就任。しかし、66歳のアラン・プロストは、自分がFIA会長になることを検討していたと語った。

FIA、物議を醸したF1アブダビGPの調査手順を概説。体制の改革にも着手

2022年1月14日
FIA、物議を醸したF1アブダビGPの調査手順を概説。体制の改革にも着手
FIA(国際自動車連盟)は、物議を醸すタイトル決定戦となったF1アブダビGPに関する調査の詳細を概説。最終決定は3月に発表されるとした。

2021年シーズン最終戦F1アブダビGPの数日後、FIAは論争の的となったセーフティカー手順の調査を開始する意向を発表。モバメド・ビン・スライエムが新たなに会長に就任したFIAは声明を発表し、現在、“詳細な調査”を開始していることを確認した。

フェラーリF1代表、マイケル・マシを擁護「地球上で最も困難な仕事」

2022年1月12日
フェラーリF1代表、マイケル・マシを擁護「地球上で最も困難な仕事」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、物議を醸している最終戦F1アブダビGPの扱いについて、F1レースディレクターのマイケル・マシを擁護し、当時「地球上で最も困難な仕事」をしていたと述べた。

セーフティカー中にタイトル候補のマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの間の周回遅れのマシンだけをクリアにして残り1周でレースを再開したマイケル・マシの意思決定は疑問視されている。

「2022年F1マシンで1位と最下位のタイム差は半減する」とFIA技術責任者

2022年1月6日
「2022年F1マシンで1位と最下位のタイム差は半減する」とFIA技術責任者
FIAのシングルシーター技術部門の責任者であるニコラス・トンバジスは、新しいF1レギュレーションのおかげで、フィールドで最速のマシンと最遅のマシンとのパフォーマンス差は最終的に半分まで縮小されると考えている。

2022年にF1に導入される技術規則は、主にF1マシンが互いに密接に追従できるようにすることで、より接近戦を生み出すように設計されている。その結果、オーバーテイクの機会は増えることが期待されている。

「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長

2022年1月5日
「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長
新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムは、ルイス・ハミルトンがF1を引退することはないと確信していると語る。

ルイス・ハミルトンは、最終戦アブダビGPの最終ラップでマックス・フェルスタッペンに抜かれ、前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオン獲得は叶わなかった。

ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」

2021年12月28日
ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1は2022年にホイール・トゥ・ホイールのバトルに関するルールを強化するべきだと語る。

2021年のF1シーズンを通して、フェアなレースとコース上合法と見なされたものを取り巻く多くの議論があった。過去1年で、F1の統治機関であるFIAは、コース上でのインシデントへの対処で一貫性がないとラベル付けされた。

FIA新会長 「F1アブダビGPの論争を繰り返さないように必要なことを行う」

2021年12月20日
FIA新会長 「F1アブダビGPの論争を繰り返さないように必要なことを行う」
FIAの新会長モハメド・ビン・スライエムは、2021年の最終戦F1アブダビGPのような論争が繰り返されないようにするために必要なことを統治体が行うことをF1ファンに約束した。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのと間のF1ワールドチャンピオン争いを決定したセーフティカーのリスタートは、F1のイメージを傷つけることになったが、その数日後、元ラリードライバーであるモハメド・ビン・スライエムがFIA(国際自動車連盟)の新会長に選出された。

F1 Topis:バーニー・エクレストンの妻ファビアナがFIA担当副会長に選出

2021年12月20日
F1 Topis:バーニー・エクレストンの妻ファビアナがFIA担当副会長に選出
モハメド・ベン・スレイエムが会長として指揮を執るFIA(国際自動車連盟)の新政権におなじみの名前が加わった。

FIAの新しい組織図には、7人の新しい副会長がおり、それぞれに地域が割り当てられている。そこに元F1最高責任者バーニー・エクレストン(91歳)の妻であるファビアナ・エクレストン(44歳)が南アフリカ担当として選任された。

FIA新会長、ハミルトンのFIA年間表彰式欠席に言及「規則違反は許されない」

2021年12月18日
FIA新会長、ハミルトンのFIA年間表彰式欠席に言及「規則違反は許されない」
新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムは、ルイス・ハミルトンが2021年FIA年間表彰式に参加しないことでF1の競技規則に違反した罪で有罪となった場合、制裁も辞さないと述べた。

F1の競技規則の第6.6条には「シリーズで1位、2位、3位となったドライバーは、FIAの年間表彰式に出席しなければならない」と規定されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム