メルセデスF1代表 FIAによる自身と妻の調査は「大きな損害を与えた」

2024年1月17日
メルセデスF1代表 FIAによる自身と妻の調査は「大きな損害を与えた」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、昨年末に行われたFIA(国際自動車連盟)による自分と妻のスージーに対する調査が「大きな損害」を与えたと語った。

先月、FIAは、二人の関係がF1競技における利害相反に当たるライバルが主張したと雑誌が報じたことを受け、夫妻の行動についての調査を開始した。

F1と対立のFIA会長ビン・スライエム 「誰が裏で糸を引いているかは分かっている」

2024年1月12日
F1と対立のFIA会長ビン・スライエム 「誰が裏で糸を引いているかは分かっている」
F1とFIA(国際自動車連盟)の間に緊張が走った波乱のシーズンを終え、モハメド・ベン・スライエムは自分への攻撃の背後にいるのがスポーツ界の誰なのか分かっていると語った。

2021年12月にモーターレースの統括団体のトップに選出されたモハメド・ビン・スライエムは、FIAを未来へと推進するための新たなエネルギーと革新的なアプローチを約束した。

FIA会長ビン・スライエム 2026年F1エンジンの大幅な変更は「不公平」

2024年1月10日
FIA会長ビン・スライエム 2026年F1エンジンの大幅な変更は「不公平」
レッドブルは2026年シーズンからF1に導入される新エンジンについて懸念を示しているが、FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は問題ないと考えている。

F1チームは、バッテリーへの依存度の高まりに起因する2026年の新パワーユニットの影響について、さらなる分析を望んでいることを秘密にしていない。

FIAのF1チームからテクニカルディレクターのティム・ゴスが辞職

2024年1月9日
FIAのF1チームからテクニカルディレクターのティム・ゴスが辞職
FIA(国際自動車連盟)は、テクニカルディレクターのティム・ゴスの離脱を発表。FIAのF1チームはまたしても損失を被ることになった。

このニュースは先月、FIAでスポーティングディレクターを務めてきたスティーブ・ニールセンが辞任したことを受けて発表されたもので、両氏は組織内で重要な役割を果たしてきた。

FIAがF1体制を再編 ティム・マリヨンがスポーティングディレクター就任

2024年1月9日
FIAがF1体制を再編 ティム・マリヨンがスポーティングディレクター就任
FIA(国際自動車連盟)は、ティム・マリヨンが、スティーブ・ニールセンの後任として、シングルシーター部門のスポーティング・ディレクターに就任したことを発表。F1体制を再編成した。

マリヨンは、レースディレクションやジュネーブのリモート・オペレーション・センター(ROC)など、スポーツに関するすべての事項を監督する。彼は、FIAのシングルシーター部門ディレクターであるニコラス・トンバジスの直属となる。マリオンの指揮のもと、ニールス・ヴィティヒはレースディレクターの役割を継続する。

FIA 2026年の次期F1エンジン規定は「大きなパフォーマンス差を回避」

2024年1月7日
FIA 2026年の次期F1エンジン規定は「大きなパフォーマンス差を回避」
FIA(国際自動車連盟)は、2026年シーズンから導入される新パワーユニットについてF1パワーユニットの次期レギュレーションで「大論争」になることを避けたいと考えている。

F1パワーユニットに関する次のレギュレーションは2026年に導入される予定で、電気出力がより重視されることになる。内燃機関の要素に大きな焦点が当てられることに変わりはないが、現在のレギュレーションほどではない。

2024年のF1世界選手権:レギュレーションは安定も多くの変更点

2024年1月6日
2024年のF1世界選手権:レギュレーションは安定も多くの変更点
2024年のF1世界選手権は奇妙なシーズンとなるだろう。史上初めて、2023年シーズンを終えたすべてのF1ドライバーが2024年も同じシートに座り、新しいトラックもスケジュールに加わらない。

テクニカルレギュレーションも安定しているため、すべてが静的なものに感じられる。しかし、変更点はたくさんある。

FIA 将来のF1エンジン技術の方向性は「市販車との関連性が決定要因」

2024年1月6日
FIA 将来のF1エンジン技術の方向性は「市販車との関連性が決定要因」
FIA(国際自動車連盟)は、F1エンジンの長期的な方向性は、自動車メーカーにとってF1が市販車と関連したものであり続けることを保証するものによって決定されると述べている。

F1は2026年からの次期ルールサイクルにおいて、完全に持続可能な燃料で走るターボハイブリッドパワーユニットを採用することを約束している。

FIA バンプでクラッシュ発生もF1マシンの車高は調整せず

2024年1月5日
FIA バンプでクラッシュ発生もF1マシンの車高は調整せず
FIA(国際自動車連盟)は、2023年にコース上でのバンプに起因する2件の事故が起きたにもかかわらず、F1マシンの車高を上げることに介入しないことを選択した。

2023年シーズン後半、ランド・ノリスとカルロス・サインツがそれぞれラスベガスとヤス・マリーナでバンプに起因するクラッシュに見舞われている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム