F1 スタッフの参加レース数を制限する“レースキャップ”をFIAと協議

2023年12月11日
F1 スタッフの参加レース数を制限する“レースキャップ”をFIAと協議
メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、移動時間を制限し、疲労を防止するレースキャップルールをすべてのF1関係者に課す方向でFIA(国際自動車連盟)と話し合いが行われていることを明らかにした。

F1は、新型コロナウイルスのパンデミックを考慮してキャンセルとなっていた中国GPが5年ぶりに復活し、洪水で今年中止となったエミリア・ロマーニャGPが開催されることで、2024年に記録的な24レースカレンダーを予定している。

メルセデスF1 ハミルトンの“FIAトロフィーをファンに贈与”説を否定

2023年12月11日
メルセデスF1 ハミルトンの“FIAトロフィーをファンに贈与”説を否定
メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンがFIA年間表彰式で2023年F1世界選手権3位のトロフィーを手放したとの憶測に反論した。

FIA(国際自動車連盟)とメルセデスは最近、FIAがメルセデスのチーム代表であるトト・ヴォルフとF1アカデミーのマネジングディレクターであるスージー・ヴォルフに対し、利益相反の申し立てがあったとして調査を開始したことで対立している。

FIA年間表彰式 2024年は史上初めてアフリカで開催

2023年12月11日
FIA年間表彰式 2024年は史上初めてアフリカで開催
2024年のFIA年間授賞式はルワンダのキガリで開催され、式典がアフリカを訪れるのは初めてとなる。

今年のイベントは、2016年以来毎年F1グランプリが開催されているアゼルバイジャンのバクーで開催された。式典では、マックス・フェルスタッペンが3度目のF1世界選手権トロフィーを受け取り、他のモータースポーツカテゴリーのチャンピオンも表彰された。

ルイス・ハミルトン F1年間トロフィーを会場に放置してFIAに抗議

2023年12月11日
ルイス・ハミルトン F1年間トロフィーを会場に放置してFIAに抗議
ルイス・ハミルトンがFIA(国際自動車連盟)を痛烈批判。7度のワールドチャンピオであるハミルトンは、F1年間表彰式に出席し、F1ランキング3位のトロフィーを受け取った。しかし、彼はそれを自分のメッセージの一部として受け取らないことを選んだ。

FIAがメルセデスのF1チーム代表のトト・ヴォルフとその妻でF1アカデミーの責任者であるスージー・ヴォルフに機密情報を渡したとして調査を開始し、物議を醸した1週間だったが、トップリーグの9チームは疑惑を晴らし、FIAは事件を解決したが、謝罪はしなかった。

ルイス・ハミルトン メルセデスF1代表夫妻へのFIAの態度は「容認できない」

2023年12月10日
ルイス・ハミルトン メルセデスF1代表夫妻へのFIAの態度は「容認できない」
ルイス・ハミルトンが、メルセデスF1チーム代表のトト・ヴォルフと妻スージー・ヴォルフにまつわる今週末の騒動について言及し、夫妻に対するFIA(国際自動車連盟)の態度は「容認できない」と語った。

今週初め、FIAはそのコンプライアンス部門がF1チーム代表とFOM(フォーミュラワンマネジメント)の従業員が関与する利益相反の可能性について調査を開始したと発表した。

FIA F1マシンの車高への懸念から2024年にプランクの標準パーツ化を希望

2023年12月9日
FIA F1マシンの車高への懸念から2024年にプランクの標準パーツ化を希望
FIA(国際自動車連盟)は、F1マシンの車高の低さを懸念しており、2024年にすべてのF1マシンのフロアに装着されているプランクを標準化することを熱望している。

このプランクが話題となったのは、ルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレールがアメリカGPでマシン下部の過度な摩耗を理由に失格処分を受けたときだ。

ジャン・トッド マッサに同意「2008年F1シンガポールGPは無効にすべき」

2023年12月9日
元FIA会長ジャン・トッド マッサに同意「2008年F1シンガポールGPは無効にすべき」
元FIA会長のジャン・トッドは、2008年F1シンガポールGPが「不正」であったために記録から「抹消」されるべきだったというフェリペ・マッサの見解に同意した。

マッサは、2008年F1シンガポールGPの「クラッシュゲート」スキャンダルを隠蔽するために共謀したとしてF1とFIA(国際自動車連盟)に対して訴訟を起こしている。

スージー・ヴォルフ F1利益相反騒動でFIAを批判「説明責任を欠いている」

2023年12月9日
スージー・ヴォルフ F1利益相反騒動でFIAを批判「説明責任を欠いている」
F1アカデミーのマネジングディレクターであるスージー・ヴォルフは、虚偽情報の被害者だと主張し、自身が関与した調査に対するFIAの対応を批判した。

FIA(国際自動車連盟)は2日、F1チーム代表とF1マネジメントの間で機密情報が共有されていたかどうかを調査していると発表した。他の報道では、しばしばBusinessF1の記事を引用し、ヴォルフとその夫であるメルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフがが問題の人物として特定されている。

FIA レッドブル/アルファタウリの協力関係のF1レギュレーション違反を否定

2023年12月8日
FIA レッドブル/アルファタウリの協力関係のF1レギュレーション違反を否定
FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルとアルファタウリがF1技術規則で認められている以上の協力関係にあるとの懸念を否定した。

FIAのこの動きは、アルファタウリが2023年シーズン後半にレッドブルとの緊密な連携によってパフォーマンスを大幅に向上させたことを受けたものだ。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム