2021年のF1レギュレーション、最終決定の10月への延期が正式決定

2019年6月14日
F1
2021年のF1レギュレーションの最終決定が10月まで延期されることが正式に決定した。

6月13日(木)にパリで会議が開催され、FIA、F1、全10チームの代表とテクニカルディレクター、タイヤサプライヤーであるピレリ、F1ドライバーを代表してルイス・ハミルトン、ニコ・ヒュルケンベルグ、GPDA代表のアレクサンダー・ブルツらが参加。

FIA、2021年の新レギュレーションの議論にドライバーを招待

2019年6月12日
F1 国際自動車連盟
FIA会長のジャン・トッドは、2021年のレギュレーションを議論するためにF1ドライバーをFIAのパリの本部に招待した。

F1カナダGPの週末にはFIAとリバティ・メディアが策定した2021年のF1レギュレーションの草案がF1チームに公開された。

しかし、5回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2007年にF1デビューして以降のレギュレーション変更はほぼネガティブなものだったと語る。

F1 | 2021年から金曜フリー走行での若手ドライバーの出走を義務化?

2019年6月12日
F1
F1チーム代表たちは、2021年から金曜日のプラクティスセッションでF1レース出走が2戦以内のドライバーを走らせることをルールに盛り込むことを計画していると RaceFans が報じている。

先週末のF1カナダGPでは2021年の新しいレギュレーションの草案がF1チームに公表され、木曜日のメディアセッショの金曜日への移行や、金曜日以降はマシンに変更を加えることができないという新しいパルクフェル・ルールなどが明らかになっている。

F1 | 2021年のF1レギュレーションの最終期限を10月まで延期へ

2019年6月12日
F1 2021年F1レギュレーション
F1は、2021年に導入する新しいF1レギュレーションを確定させる最終期限を10月まで延期させるようだ。

先週のF1カナダGPで2021年のF1レギュレーションで最も重要な技術規則と商業面についての草案がチームに提出された。しかし、F1チームとの会議を経て、リバティ・メディアとFIAは、2021年の様々な提案を凍結させるにより多くの微調整が必要との結論に達したという。

F1 | 2021年から年間189億円の予算制限を導入へ

2019年6月8日
F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年から予算を1億7500万ドル(約189億円)に制限することをF1チームに提示した。

2021年のF1レギュレーション変更にむけて予算上限が設定されることになりそうだ。Auto Motor und Sport におると、F1チームは2021年から2025年の間の年間予算は1億7500万ドルに制限されるという。

F1 | 2021年からは金曜日以降のマシンへの変更作業を禁止へ

2019年6月7日
F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1世界選手権で導入する新しいレギュレーションを提案。金曜日以降、チームがマシンへの作業ができなくなることなどが含まれた。

F1は、2021年によりエキサイティングで競争的なレースが展開され、ファンにとってより良い体験を提供するためにマシンレギュレーションを含めた様々な変更を計画している。

F1 | メルセデス、標準ギアボックスの導入撤回を支持

2019年6月6日
F1 メルセデスAMG F1
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のF1世界選手権から標準ギアボックスを導入するという計画を撤回したFIA(国際自動車連盟)の決定を支持している。

当初、FIAはコスト削減を目的に2021年の新レギューレションで導入する標準パーツの入札にギアボックスを含んでいたが、FIA 世界モータースポーツ評議会の評決により、FIAの技術部門は単独サプライヤーによるギアボックスの使用を実施しないことを決定した。

F1 | 標準ギアボックスの導入案を廃止

2019年5月25日
F1 標準ギアボックス
FIA(国際自動車連盟)は、2021年からF1に標準ギアボックスの導入するために実施していた入札を中止した。

FIAは、将来的なコスト削減のために今年初めに標準ギアボックスを供給するサプライヤーへの入札を開始。4社が入札を行っていた。

しかし、FIA 世界モータースポーツ評議会の評決により、FIAの技術部門は単独サプライヤーによるギアボックスの使用を実施しないことを決定した。

FIA会長、F1オランダGP復活とフェルスタッペン人気は「素晴らしい」

2019年5月22日
F1 オランダGP マックス・フェルスタッペン
FIA会長のジャン・トッドは、来年マックス・フェルスタッペンの母国ザンドフォールトでF1オランダGPが復活することはF1にとって“素晴らしい”ことだと語る。

数カ月の交渉の末、F1は5月14日(火)にザントフォールトとF1オランダGP開催の3年契約を締結したことを発表。35年ぶりにオランダでF1が開催されることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム