マイケル・マシ、F1レースディレクターを退任…今後は2名交代制

2022年2月17日
マイケル・マシ、F1レースディレクターを退任…今後は2名交代制
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、F1グランプリイベントの開催に変更を加えることを発表し、マイケル・マシがレースディレクターを解任されたことを確認した。

この変更は、2021年のF1アブダビGPの終盤にマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを破って世界選手権のタイトルを獲得した物議を醸したイベントの幅広いレビューの結果となる。

F1:短縮されたレースのポイント付与に関する競技規則を変更

2022年2月15日
F1:短縮されたレースのポイント付与に関する競技規則を変更
F1委員会は、グランプリが意図したレースディスタンスを完了しなかった場合のポイントの付与方法に関する競技規則の変更に賛成票を投じた。

スパ・フランコルシャンでの2021年F1ベルギーGPが悪天候のために短縮されて以来、このテーマに関する話し合いが行われてきた。

F1:スプリント予選は2022年も3回の実施…金曜予選の最速にポールの称号

2022年2月15日
F1:スプリント予選は2022年も3回の実施…金曜予選の最速にポールの称号
F1委員会は、2022年のF1世界選手権で3回のグランプリ週末(イモラ、レッドブル・リンク、インテルラゴス)でスプリント予選を実施する計画を承認した。

F1スプリント予選は昨年導入され、土曜日に100kmの短距離レースが約25〜30分行われ、その結果が日曜日の決勝のグリッドを決定した。当初、2022年は6回のスプリント予選を実施する計画だったが、予算上限に関連する財務コストの懸念から、2021年のと同様に3回に抑えられた。

2022年のF1世界選手権:全レースのセッション開始時刻を発表

2022年2月13日
2022年のF1世界選手権:全レースのセッション開始時刻を発表
F1は、2022年のF1世界選手権の各ラウンドのセッション開始時間を発表。すべてのセッションは現地時間の午後からスタートすることになる。

2022年のF1世界選手権は、記録的な23戦が組まれ、3月20日にF1バーレーンGPで開幕し、11月20日にF1アブダビGPで閉幕する。だが、レース週末は4日から3日に短縮され、F1の歴史上最も長いシーズン(レース数の点で)は大きな変化を特徴としている。

ルイス・ハミルトン、権力を使ってFIAのマイケル・マシらを排除?

2022年2月4日
F1:ルイス・ハミルトン、権力を使ってFIAのマイケル・マシらを排除?
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンには、F1に変更を強制する個人的な「権力」があるとオランダのレーシングドライバーであるジェロン・ブレークモーレンは狩猟する。

昨年の最終戦F1アブダビGPの物議を醸すファイナルラップで記録的な8回目のF1ドライバーズタイトルを失ったルイス・ハミルトンは、いくつかの機会を除いては基本的に沈黙を貫いている。

F1:パドック入場者全員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務化

2022年2月1日
F1:パドック入場者全員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務化
F1は、2022年のF1世界選手権でパドックの回転ゲートを通過する全てのスタッフが新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していることを義務付けた。

2022年にF1は記録的な23戦のスケジュールで行われる。世界中の多くの国が新型コロナウイルスの制限を緩和しているが、F1が訪れる国々の圧倒的多数は完全な予防接種のステータスを必要としている。

F1:2022年にVAR(ビデオアシスタントレフリー)型システムを導入?

2022年1月30日
F1:2022年にVAR(ビデオアシスタントレフリー)型システムを導入?
F1は、2022年の改革の一部として、VAR(ビデオアシスタントレフリー)もしくはその修正版を導入する可能性があるとMotorsport-Magazinは報じている。

昨年12月のF1アブダビGPでの物議を醸したタイトルフィナーレに次いて、F1とFIAはスポーツをどのように統治し、審判していくかについて変更を実施することに同意したが、時間は刻一刻と過ぎている。

FIA、マイケル・マシのF1レースディレクター退任の可能性を認める

2022年1月29日
FIA、マイケル・マシのF1レースディレクター退任の可能性を認める
FIA(国際自動車連盟)は、マイケル・マシが2022年にF1レースディレクターとして復帰しない可能性があることを初めて認めた。新たにシングルシーターディレクターに任命されたピーター・バイエルが語った。

マイケル・マシは、先月のF1アブダビGPでレースが再開される前にセーフティカー期間中にすべての周回遅れ車両がアンラップすることを要求するレギュレーションをバイパスするという決定によって非難されている。

「2022年F1マシンの抜け穴の脅威に対抗する準備はできている」とFIA

2022年1月28日
「2022年F1マシンの抜け穴の脅威に対抗する準備はできている」とFIA
FIA(国際自動車連盟)のテクニカルディレクターであるニコラス・トンバジスは、2022年の次世代F1マシンに抜け穴を悪用する余地があまりないことを期待しているが、その脅威を警戒していると語る。

完全に新しいF1レギュレーションが登場するときはいつでも、少なくとも1つのチームがライバルに対して大きな利点をもたらす可能性のある方法で解釈するという期待がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム