フェラーリF1代表 FIAとヴォルフの論争は「F1にとって非常に恥ずかしい」

2023年12月20日
フェラーリF1代表 FIAとヴォルフの論争は「F1にとって非常に恥ずかしい」
スクーデリア・フェラーリのチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、トト・ヴォルフとスージー・ヴォルフが関与している利益相反の可能性について最近行われたFIA(国際自動車連盟)の短い調査に感心していない。

バスールは、FIAはこの問題を非公開で調査し、公的な調査から生じる恥を避けることができたと考えている。

FIA 2026年F1マシンは「40~50kgの軽量化が重要な要件」

2023年12月19日
FIA 2026年F1マシンは「40~50kgの軽量化が重要な要件」
FIA(国際自動車連盟)は、2026年から始まるまったく新しいレギュレーションに向けてF1マシンのダイエットを実施する。

現世代のマシンに対する大きな不満のひとつは重量が重いことで、このまま放置すればエンジンの電気出力が向上する2026年に向けてさらに増加することになる。

FIA F1チームのファクトリー検査を“通知ゼロ”で実施する方針

2023年12月19日
FIA F1チームのファクトリー検査を“通知ゼロ”で実施する方針
FIA(国際自動車連盟)は、F1チームがルールを遵守していることを確認するため、ファクトリー検査の通告をゼロにする方針に移行したいと述べた。

F1のレギュレーションが複雑化するにつれて、各F1チームが拠点で運営する方法にもさまざまな制約が出てきた。風洞試験やCFD テストには制限があり、協力するチーム間で共有できる情報の量に加えて、コストのキャップや、常にコンプライアンスを必要とする外部スタッフの利用などの要素がある

FIA F1ドライバーやチーム代表らの侮辱発言に対する権限を拡大

2023年12月16日
FIA F1ドライバーやチーム代表らの侮辱発言に対する権限を拡大
FIA(国際自動車連盟)は近年、ドライバーやチーム代表があるルールに抵触したことを受け、国際スポーツ規約の一部を書き換えた。

FIAのインターナショナル・スポーティング・コード(ISC)が更新され、F1における「不正行為」に対処する権限が拡大された。

ここ数年、ドライバーを含むチームメンバーがレースウイーク中にオフィシャルに対して不快感を表明し、軽蔑の対象になってきた。

2024年F1エントリーリスト:ザウバーが復活&アルファタウリは暫定掲載

2023年12月16日
2024年F1エントリーリスト:ザウバーが復活&アルファタウリは暫定掲載
FIA(国際自動車連盟)は、2024年のF1世界選手権のエントリーリストを発表。ザウバーの名前が復活することが正式に明らかになった。

2026年にアウディのワークスチームとなることが決定しているザウバーF1チームは、今年でアルファロメオとのパートナーシップを終了。Stakeがタイトルスポンサーとなり、『Stake F1 Team Kick Sauber(ステークF1チーム キック ザウバー』というチーム名で参戦することが発表された。

ジャン・トッド ビン・スライエムのF1運営を批判「すべてひっくり返された」

2023年12月15日
元FIA会長ジャン・トッド ビン・スライエムのF1運営を批判「すべてひっくり返された」
元FIA(国際自動車連盟)会長のジャン・トッドは、モハメド・ビン・スライエムのF1運営方法に対する批判につい声を大にし、後任会長の「性格」から、根拠はないが、驚くには当たらないと語った。

2021年末にトッドの後任として就任したビン・スライエムは、FIA予算の赤字を引き継いだことが最大の頭痛の種のひとつだと何度か指摘している。

2026年パワーユニットに関するF1チームのコメントは「時期尚早」とFIA

2023年12月14日
2026年パワーユニットに関するF1チームのコメントは「時期尚早」とFIA
FIA(国際自動車連盟)のシングルシーターディレクターであるニコラス・トンバジスは、2026年パワーユニットに関するF1チームのコメントを「時期尚早」だとした。

あと2年あまりで、F1は新たなパワーユニットと空力ルールが適用される技術規則のサイクルに入る。パワーユニットの電気出力は劇的に増加する一方で、内燃エンジン(ICE)は引き続きその構造の主要部分を占めることになる。

FIA F1マドリードGP計画は「まだ特別なステップが行われていない」

2023年12月12日
FIA F1マドリードGP計画は「まだ特別なステップが行われていない」
FIA(国際自動車連盟)は、F1スペインGPをマドリードに移転する契約が近づいているという噂に冷や水を浴びせ、プロジェクトはまだ重要な初期段階に進んでいないと述べた。

1年以上前、マドリード市はフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)に対し、将来のある時点でスペインの首都のストリートでグランプリレースを開催することを尽力すると発表した。

FIA F1チームの2026年F1マシンの開発を2025年1月1日まで禁止

2023年12月12日
FIA F1チームの2026年F1マシンの開発を2025年1月1日まで禁止
FIA(国際自動車連盟)は、F1チームが2024年の全期間にわたって2026年型F1マシンの開発に取り組むことを禁止することを正式に決定した。

アブダビグランプリの週末、F1委員会は2025年の開幕前に次世代マシンの開発に着手すべきではないと決定。そして、2024のF1競技規則が更新され、F1チームは2025年1月1日まで2026年F1マシンの風洞実験やCFD作業を行うことが禁止された。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム