FIA会長、ハースF1のニキータ・マゼピンの不祥事に警告 「次はない」

2021年3月7日
FIA会長、ハースF1のニキータ・マゼピンの不祥事に警告 「次はない」
FIA会長のジャン・トッドは、ソーシャルメディアに不適切な動画を投稿したハースF1のニキータ・マゼピンの状況に満足はしておらず、再び同じような不祥事を起こした場合には“深刻な結果”に直面することになると計億下。

ニキータ・マゼピンは、昨年12月に2021年のハースF1チームのドライバーとして発表された直後、車のなかで女性の胸を触ろうとしている動画をinstagramのストーリーに投稿して大炎上した。

ロマン・グロージャン、F1バーレーンGPでのクラッシュの衝撃は67G

2021年3月7日
ロマン・グロージャン、F1バーレーンGPでのクラッシュの衝撃は67G…FIAが調査結果を発表
FIA(国際自動車連盟)は、昨年のF1バーレーンGPにおけるハースF1のロマン・グロージャンのクラッシュの調査を完了。ピーク時の衝撃が67Gに達していたことを発表した。

ロマン・グロージャンは、2020年のF1バーレーンGPで過去数年の最大のクラッシュを喫した。ダニール・クビアトと接触したグロージャンのマシンは高速でバリアに突っ込み、真っ二つに割れて炎上した。

F1チーム、2022年のエンジン凍結と2025年の次世代エンジン導入で合意

2021年2月12日
F1チーム、2022年のエンジン凍結と2025年の次世代エンジン導入で合意
FIA(国際自動車連盟)は、F1は2022年シーズンの初めから現世代のF1エンジンを凍結し、2025年に次世代のF1エンジンを導入することでF1チームと合意に至ったことを正式発表した。

2月11日(木)にF1コミッションの会議が行われた。会議では様々な案件が話し合われたが、その中の重要な議題のひとつが現世代のF1エンジンの開発凍結だった。

F1チーム、土曜日のスプリントレース案に“幅広いサポート”

2021年2月12日
F1チーム、土曜日のスプリントレース案に“幅広いサポート”
F1は、2021年に3つのグランプリで土曜日にスプリントレースを導入することに一歩近づいた。

F1は、グランプリ週末をよりエキサイティングにする方法を模索しており、2020年にはリバースグリッドの予選レースの計画が議論されたが、提案は全会一致の承認を受けることができなかった。

F1:土曜日のスプリントレース導入を採決…F1チームには費用支給

2021年2月11日
F1:土曜日のスプリントレース導入を採決…F1チームには費用支給
F1チームは、決勝のグリッドを決定するスプリントレースを土曜日に導入するというコンセプトを3戦でトライアルするという提案について採決を行う。

F1は、ショーを盛り上げるためのアイデアを検討しており、昨年はリバースグリッドを導入するアイデアもテーブルに乗せられたが、メルセデスF1の支持を得ることができなかった。

F1スチュワード、フェルスタッペンへの裁定は「最も難しい決断だった」

2021年2月10日
F1スチュワード、フェルスタッペンへの裁定は「最も難しい決断だった」 / 2017年 F1アメリカGP
F1スチュワードのギャリー・コネリーは、2017年のF1アメリカGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)から表彰台を奪うことになった物議を醸した裁定が彼のキャリアのなかで“最も難しい決定のひとつ”だったと語る。

2017年のF1アメリカGPで、マックス・フェルスタッペンは16番グリッドから挽回を見せ、レースウィナーのルイス・ハミルトン(メルセデス)、2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に次ぐ3位でフィニッシュラインを通過した。

2021年のF1世界選手権:全レースのセッション開始時刻を発表

2021年1月29日
2021年のF1世界選手権:セッション開始時刻を発表
F1は、2021年のF1世界戦選手権のカレンダーで確認されている各レースのセッション開始時刻を発表。決勝は昨年までの10分からのスタートではなく、0分ちょうどにフォーメーションラップが開始される。

また、これまでFP1とFP2は伝統的に90分間のセッションが行われていたが、2021年以降はこれまでのFP3と同じくすべてのプラクティスセッションは60分間となる。これにより、各F1チームは予選と決勝のためのセットアップを煮詰めるためにより多くの走行を実施することを余儀なくされる。

F1:2021年の改訂版カレンダーを発表…開幕戦はバーレーンに変更

2021年1月12日
F1:2021年の改訂版カレンダーを発表…開幕戦はバーレーンに変更。オーストラリアは11月に移動し、イモラが復活
F1は、新型コロナウイルスの影響を受け、2021年のF1世界選手権の改訂版カレンダーを発表。F1オーストラリアGPが11月に移動し、第2戦としてイモラが再びカレンダー入りした。

改訂されたカレンダーでも2021年のF1世界選手権は史上最多の23戦を保持されているが、開幕戦として予定されていたF1オーストラリアGPは第21戦として11月21日に移動された。

2021年のF1世界選手権:F1中国GP、シーズン後半への延期を要請

2021年1月11日
2021年のF1世界選手権:F1中国GP、シーズン後半への延期を要請…新型コロナウイルスが再流行
F1中国GPのプロモーターは、2021年のF1世界選手権の第4戦として上海インターナショナル・サーキットで開催予定だったグランプリのシーズン後半へのリスケジュールを希望している。

昨年は新型コロナウイルスの世界的な大流行を受けて大幅な改定を余儀なくされたF1だが、2021年シーズンのために史上最多の23戦の楽観的とも思えるカレンダーを発表。だが、昨年と同じような状況が繰り返されることになりそうだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム