FIA 2026年F1パワーユニットの変更は「メーカーが協力してくれると確信」

2024年6月16日
FIA 2026年F1パワーユニットの変更は「メーカーが協力してくれると確信」
FIA(国際自動車連盟)のシングルシーターディレクターであるニコラス・トンバジスは、2026年のF1パワーユニットレギュレーションに変更が必要になった場合、各メーカーが効果的に協力し、その変更を実現すると「確信している」と述べた。

F1パワーユニットレギュレーションの変更が話題になったのは、先週発表された2026年のシャシーおよびエアロレギュレーション案を受けて、マクラーレンのチーム代表アンドレア・ステラらが懸念を表明したを受けて持ち上がった。

2026年次世代F1 パワーユニットは「1100馬力を発生」とFIAディレクター

2024年6月15日
2026年次世代F1パワーユニットは「1100馬力を発生」とFIAディレクター
2026年に導入される新レギュレーションのもと、F1パワーユニットは最大1,100bhp(820kW)のパワーを発揮できる可能性がある。FIA(国際自動車連盟)のシングルシーター担当ディレクター、ニコラス・トンバジスは、次世代のパワーユニットは現在のV6ハイブリッドターボよりも約100bhp高い出力を生み出すだろうと語った。

F1チームはパワーユニットの正確な出力を明示していないが、一般的には約1,000bhpとされている。アルピーヌはルノーのパワーユニットを「950bhp以上」と表現している。

アントネッリに朗報 F1の最低年齢制限“フェルスタッペン・ルール”が緩和

2024年6月15日
アントネッリに朗報 F1の最低年齢制限“フェルスタッペン・ルール”が緩和
FIA(国際自動車連盟)は、F1の最低年齢制限に関するレギュレーションを緩和。メルセデスの育成ドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリは、18歳になる前にF1デビューを果たす資格を得ることになった。

フォーミュラ2で初シーズンを戦うアントネッリは、来シーズン、フェラーリに移籍するルイス・ハミルトンの後任としてメルセデスに加入する最有力候補とみられている。

F1チーム 2026年F1レギュレーションに関する懸念事項を話し合い

2024年6月13日
F1チーム 2026年F1レギュレーションに関する懸念事項を話し合い
F1チームの代表者たちがカナダGPで会合を開き、2026年の新ルールに関する懸念事項について話し合ったとAutosportは報じている。

FIA(国際自動車連盟)が2026年から起こるF1マシン革命についてのコンセプト画像と概要計画を発表した翌日、実行されているアイデアのいくつかについて懸念が浮上した。

F1カナダGP クールダウンラップに観客がコース侵入で主催者に警告処分

2024年6月10日
F1カナダGP クールダウンラップに観客がコース侵入で主催者に警告処分
F1カナダGPの主催者は、日曜日のレース終了前にトラックへの侵入を阻止できなかったとしてFIA(国際自動車連盟)から警告を受けた。

レース終了後のクールダウンラップでは、すべての車がパルクフェルメに戻る前に、かなりの数の観客がコースに入った。

ルイス・ハミルトン 2026年F1マシンの30kgの軽量化計画は「不十分」

2024年6月7日
ルイス・ハミルトン 2026年F1マシンの30kgの軽量化計画は「不十分」
ルイス・ハミルトンは、2026年に導入される新型F1マシンの30kgの軽量化計画は「正しい方向」への一方だとしながらも「不十分」であると主張した。

FIA(国際自動車連盟)は、今後のF1レギュレーションの全面見直しに関するガイドラインを発表し、その見出しは「より軽く、より機敏な車」という目標を達成したことを強調している。

FIA アクティブエアロを特徴とする2026年F1レギュレーションを発表

2024年6月6日
FIA アクティブエアロを特徴とする2026年F1レギュレーションを発表
F1の統括団体であるFIA(国際自動車連盟)は、2026年以降のF1を定義する「機敏性、競争力、安全性、持続可能性を高めた」レギュレーションを発表した。

改訂された空力レギュレーションは、バッテリー電力の増加や100%持続可能な燃料の使用を含む新しいパワーユニットレギュレーションと連動して機能する。

FIA 2026年F1レギュレーションの公開を予告

2024年6月6日
FIA 2026年F1レギュレーションの公開を予告
F1の統括団体であるFIA(国際自動車連盟)は、F1の序列を揺るがす可能性のある2026年に施行される新しいF1テクニカルレギュレーションを6月6日(木)に公開するようだ。

カナダグランプリの週末を前に、新しいF1レギュレーションが初めて公表される。空力とパワーユニットのレギュレーションの両方が変更され、F1マシンは2年弱で大幅な変更を受ける予定だ。

FIA会長 アンドレッティのF1参入に態度を一変「既存チームの買収を助言」

2024年5月30日
FIA会長 アンドレッティのF1参入に態度を一変「既存チームの買収を助言」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、F1参入を目指すアンドレッティへの態度を一変。既存のF1チームを買収するよう助言した。

FIAは昨年10月にマイケル・アンドレッティの提案を受け入れたが、フォーミュラワン・マネジメント(FOM)は2025年と26年のいずれにおいてもアンドレッティの参入に許可を与えないことを決定した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム