F1ドライバー、スプリント予選の実施にポジティブな見解

2021年4月30日
F1ドライバー、スプリント予選の実施にポジティブな見解
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンを始めとするF1ドライバーは、2021年のF1世界選手権の3つの会場でスプリント予選を試すというF1の決定について全体的にポジティブな見解を示している。

今週初め、F1コミッションは、スプリント予選のトライアルを全会一致で承認。7月に第10戦としてシルバーストンで開催されるF1イギリスGPで初めて実施される予定となっている。

F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年4月20日
2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

ウエットからドライに変わる難しいコンディション、赤旗中断という波乱に富んだレース。キミ・ライコネン(アルファロメオ)は9位でフィニッシュしたが、レース後に30秒加算ペナルティを科せられて13位に降格した。リタイアは3台。バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのクラッシュは論争に発展し、最終的にラッセルが謝罪している。

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年4月20日
2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。3番グリッドからスタート直後にトップに躍り出ると、ルイス・ハミルトンからのプレッシャーを受けながらも、ピットストップやリスタートをうまく決め、今シーズン初勝利を挙げた。2位のルイス・ハミルトンは、31周目にクラッシュして9番手まで後退するも、そこから圧巻の追い上げをみせた。

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2021年4月18日
2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスF1のルイス・ハミルトン。2番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)を0.035秒の僅差でかわして通算99回目のポールポジションを獲得。ペレスは初のフロントロー。3番手にはチームメイトのマックス・フェルスタッペンが続いた。

2021年のF1世界選手権:F1ドライバー ヘルメット 一覧

2021年4月17日
2021年のF1世界選手権:F1ドライバー ヘルメット 一覧
2021年のF1世界選手権に参戦する20名のF1ドライバーのヘルメット一覧。

2021年のF1ドライバー移籍市場は開幕前から大きな動きをみせた。フェラーリF1がセバスチャン・ベッテルの今シーズン限りの放出を決定。後任として2021年から現マクラーレンF1のカルロス・サインツを獲得したことを発表。それをきっかけに玉突き移籍が起こった。

F1代表、ドライバーのサラリーキャップに反対「彼らはショーの主役」

2021年4月13日
F1代表、ドライバーのサラリーキャップに反対「彼らはショーの主役」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、F1としてはドライバーの給与に関してチームあたり年間3000万ドル(約33億円)のサラリーキャップを設けるという動きをサポートしない可能性があると示唆している。

先週、La Gazzetta dello Sport を始めとする複数のメディアが、FIA(国際自動車連盟)とリバティメディアが、F1チームとの間でサラリーキャップの導入を進める準備ができていると報じた。

F1:ドライバーの給与に1チームあたり年間33億円のサラリーキャップ

2021年4月9日
F1:ドライバーの給与に1チームあたり年間33億円のサラリーキャップ
F1は、ドライバーへの支出を制限するために1チームあたり年間3000万ドル(約33億円)のサラリーキャップの導入に近づいていると La Gazzetta dello Sport を始めとする複数のメディアが報じている。

F1は、2021年シーズンからF1チームに1億4500万ドル(約154億円)の予算上限を導入し、2023年まで徐々に1億3500万ドルに下がることになっている。ただし、それらの予算上限にはドライバーの給与は含まれていない。

2021年 F1バーレーンGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年3月30日
2021年 F1バーレーンGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

今年は例年になくミッドフィールドの実力は拮抗しており、ポイントをかけた争いは熾烈を極めた戦いとなった。アルファロメオ、アルピーヌ、ウィリアムズ、ハースの4チームはノーポイントで開幕戦を終えた。

リアイアは4台。ピエール・ガスリーとニコラス・ラティフィは終了前にリタイアしているが、規定数回数を満たしていたため完走扱いとなっている。

2021年 F1バーレーンGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年3月29日
2021年 F1バーレーンGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はメルセデスF1のルイス・ハミルトン。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、早めのピットインでアンダーカットに成功して逃げ切り、通算96勝目を挙げた。2位には0.7秒の僅差でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。3位にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが続いた。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム