F1ドライバー、宝飾品と下着の規制強化に反発「もっと大切なことがある」

2022年5月7日
F1ドライバー、宝飾品と下着の規制強化に反発「もっと大切なことがある」 / F1マイアミGP 金曜記者会見
F1マイアミGPの金曜記者参加したドライバーたちは、アクセサリーの禁止や耐火性下着の着用を取り締まるというFIA(国際自動車連盟)の決定に反発。ドライバーは他に解決すべき問題があると考えており、ルイス・ハミルトンは「不必要な論争」だと語った。

今年から新たにF1レースディレクターに就任したニールス・ウィティヒは、先月のオーストラリアGPで耐火性のレーシングギアの下にはアクセサリーや非耐火性の下着を着用してはいけないと通達。

F1:競技中のジュエリー着用禁止と耐火性下着の着用義務を厳格化

2022年5月6日
F1:競技中のジュエリー着用禁止と耐火性下着の着用義務を厳格化 / マイアミGP
FIA(国際自動車連盟)は、F1ドライバーの競技中のジュエリー類の着用禁止と安全基準に準拠した下着を着用する義務を強化し、マイアミGPから検査資料の提出を義務付けた。

F1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、オーストラリアGPでドライバーがピアスやネックレスなどを競技中に着用することを禁止し、安全基準に準拠していない下着の着用を禁ずるFIA国際モータースポーツ競技規則を守るよう通達した。

2022年 F1エミリア・ロマーニャGP決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)

2022年4月25日
2022年 F1エミリア・ロマーニャGP決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでトップ10入りしたドライバーのコメント。

4月24日(日)にイタリアのイモラ・サーキットでエミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがグランドスラム(ポールポジション、ファステストラップ、すべてのラップをリードして勝利)を達成して圧勝。スプリントと合わせて34ポイントを獲得し、ドライバーズランキングで首位のシャルル・ルクレールとの差を27ポイントに縮めた。

2022年 F1エミリア・ロマーニャGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年4月25日
2022年 F1エミリア・ロマーニャGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで11位以降で入賞を逃したドライバーのコメント。

ウェットからドライへと変化する難しいコンディションのなか、下位グリッドからスタートしたドライバーは積極的に戦いを仕掛けたが、DRSトレインを抜け出すことに苦戦したドライバーが多かった。

2022年 F1オーストラリアGP決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)

2022年4月11日
2022年 F1オーストラリアGP決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでトップ10入りしたドライバーのコメント。

4月10日(日)にメルボルンのアルバート・パークでオーストラリアグランプリの決勝レースが行われ、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールがグランドスラム(ポールポジション、ファステストラップ、すべてのラップをリードして勝利)を達成して圧勝した。

2022年 F1オーストラリアGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年4月11日
2022年 F1オーストラリアGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで11位以降で入賞を逃したドライバーのコメント。

2022年のF1オーストラリアグランプリでは、現役ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)を含めた3名がリタイア。2度のセーフティカーは後方から順位アップを目指していたドライバーの戦略に影響を与えた。

2022年 F1オーストラリアGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)

2022年4月10日
2022年 F1オーストラリアGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

4月9日(土)にアルバート・パーク・サーキットでオーストラリアグランプリの予選が行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)を0.286秒の僅差で上回って今シーズン2回目のポールポジションを獲得した。

F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」

2022年4月10日
F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」
F1ドライバーは、オーストラリアグランプリの金曜日の夜の長いドライバーズフリーフィングで、FIA(国際自動車連盟)からレーシングスーツの下に着用する下着について制限することを通達された。

ロマン・グロージャンの2020年のバーレーンGPのようなマシンが炎上する激しいクラッシュでは、ドライバーがレーシングスーツの下に、ナイロン、アクリル、ポリエステルなどの生地の下着は着用している場合、発火すると溶けて、非常に重度の火傷を負う可能性がある。

F1:ドライバーが着用する下着を取り締まり

2022年4月9日
F1:ドライバーが着用する下着を取り締まり
FIA(国際自動車連盟)は、F1ドライバーが着用している下着が規則に遵守しているかどうかを知りたがっている。

金曜日のドライバーズブリーフィングで、FIAの共同F1レースディレクターであるニールズ・ウィティヒは、FIAの国際スポーツコードに準拠していない合成下着を着用することの危険性をドライバーに思い出させた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム